2006年11月09日

反米感情は世界的な高まりを見せている

アメリカは既に世界から孤立し始めている。  
以下、新世紀ユニオンニュースより引用 リンク                                                  

にほんブログ村 政治ブログへ


——————————————————————–   
◆反米色強めた非同盟諸国(=第三世界)
第14回非同盟首脳会議が9月15・16の両日、118カ国の首脳が参加してキューバの首都ハバナで開かれた。同首脳会議はアメリカの「単独行動主義や覇権主義的支配」に反対する発言が相次ぐものとなった。
採択された宣言(「現在の国際情勢における非同盟運動の目的、原則、役割に関する宣言」)は、「多国間主義の促進を強化」「国際関係において単独行動主義や覇権主義的支配の行使する狙いのあらゆる現れを非難する」として、アメリカを強く非難する内容となった。
同会議のイラン支持声明では、平和目的の核開発について「すべての国に与えられた基本的で奪うことのできない権利」と主張している。「国連改革」では国連総会の役割を拡大させることで国連の民主的な運営を目指すべきことを主張、「国連安保理をアメリカの政策を押しつける場としている」として避難し、アメリカが一方的な基準で「悪い国」と分類したり、核攻撃論を採ったりすることを非難した。
会議ではチャベス・ベネズエラ大統領やアハマディネジャド・イラン大統領が、アメリカの単独行動主義などを批判し、事実上の“反米国際統一戦線”の決起集会のような内容となった。こうした反米の傾向は、最近の国連総会でも特徴となっている。その背景にはアフガニスタンとイラクでアメリカとその同盟国の敗北が明らかとなってきたことがある。とりわけイスラエル軍のレバノン侵略とその悪行と敗北がイスラム圏の反米熱をいっそう強めている。
 アフガニスタンではタリバンが力を回復し、イラクではイスラム教宗派を基盤とする民兵が主導権を強め、アメリカ軍は消耗と疲弊の泥沼の中にある。つまり、唯一の超大国アメリカの覇権主義戦略の破綻が明らかになってきたことが発展途上国(第三世界)を勢いづけて、反米志向をいっそう強めているのである。
すでにEU(第二世界)はイラク戦争に反対した国々が多く、アメリカのイラク戦争を支持した有志連合のイタリア、日本、イギリスの指導者は退陣が明らかとなった。
アメリカは「反テロ戦争」で全世界で孤立を深めており、しかも秋の中間選挙を前にイラクからの撤退「息継ぎの和平」を選択できず疲弊していく局面にある。
従って、世界は一極支配の時代から多極化の時代へと移行しつつあり、事実上の反米国際統一戦線の形成の中で、世界は今大きな転機を迎えているのである。
侵略戦争をすることで自国の石油産業と軍需産業をもうけさせるアメリカの“産軍複合体”が現代世界の最大の戦争勢力であり、その理不尽な覇権主義が今日のアメリカの孤立を招いている。
——————————————————————————–  以上引用終わり
目的達成のためには手段を選ばないというアメリカの姿勢が、世界的な反米感情の高まりとなって顕在化してきている。そして、上院下院とも共和党が敗北するという今回のアメリカの中間選挙で明らかになった様に、アメリカ国民でさえ現ブッシュ体制にノーを突き付けたのである。
これで、ブッシュ大統領は、任期最後の2年間で議会で少数派になり、何も実行できなくなった状態と言え、「戦争外交」の正邪を正面から課題にして戦った共和党=ブッシュは、もはやその路線を取ることができなくなる。
アメリカの戦争外交に協力して、日本人を戦場に送ることを目的とした、安倍の総裁選での公約や、「現行憲法の解釈でも、集団的自衛権の行使はできる」という主張が、梯子を外された形になった。ブッシュべったりの路線をとってきた安倍政権も、今のままでは世界から見放されかねない。
by sakayu

List    投稿者 yuji | 2006-11-09 | Posted in 10.日本の時事問題7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/70.html/trackback


コメント7件

 にほん民族解放戦線^o^ | 2006.11.23 18:30

ユダヤ資本が世界に強大な影響力を持つまで

“Trend Review”というブログにおもしろい記事が載っていた。
「東欧系ユダヤ人がアメリカのメディア産業に進出したのは、何で?」
http://w

 羊駝 | 2006.11.24 16:47

ユダヤ人は迫害されている=劣等意識を持っている
というのは、事実なのでしょうか?
むしろ、彼らの教義は選民思想に近いと思うのですが。

 andy | 2006.11.27 18:47

羊駝さんコメントありがとうございます。
たしかにユダヤ教=選民思想というのが一般的ですが、
 ユダヤ人の起源を探っていくと、出身がばらばらの奴隷たちがモーゼに率いられてエジプトから逃亡する過程で形成された「民族」と言われています。
 そしてユダヤ教=一神教はそんな苦しかった現実を忘れさせてくれる代償物であり、だからこそ「この世の救済」すなわち「現実=苦」を前提にして考えられているのだと思います。
詳しくは下記のサイトを参考にしてみてください。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=130671

 ポールスミス 長財布 | 2013.10.10 21:20

彼らは長いタオの後に離れて歩いたときに言った: “ここに高プロファイルの到着を考え。

 財布 ポールスミス | 2013.10.12 16:57

若い Changtaoは尋ねた: 彼らはかなりの人がやや不安な厳密な順序などという壁が。露出面は。
財布 ポールスミス http://www.jppaulsmithbrand.com/

 norway hermes handbags | 2014.02.03 0:47

hermes taschen vintage 日本を守るのに右も左もない | 東欧系ユダヤ人がアメリカのメディア産業に進出したのは、何で?

 Cheap Louis Vuitton Bags | 2014.03.12 7:32

日本を守るのに右も左もない | 東欧系ユダヤ人がアメリカのメディア産業に進出したのは、何で?

Comment



Comment


*