2020年10月30日

奥の院、革命勢力とコロナ3 ~どこまで破壊するのか?~

コロナ騒動の背後、奥の院の狙い
奥の院、革命勢力とコロナ
奥の院、革命勢力とコロナ 2 ~帝国・国家の解体~
・・・の続きです

先回、奥の院の最終的な狙いは“帝国や国家を解体”し、自治封建体制や藩に近い小国家体制に持っていくのではないか?・・・と書いた。どうやってやるのか?

彼らは革命勢力、
・フランス革命を成立させるために、人々に近代観念(自由・平等・博愛)という劇薬を投与して、王朝勢力を駆除。代わって選挙による議会制民主主義が成立した。
・資本主義による貧困から、暴動と秩序崩壊を防ぎ、独裁的福祉国家を成立させるため、共産主義思想を作り出し、ついにソ連や中国を作り出した。“万国の労働者よ団結せよ”→万国の不満分子が終結し、粛清しあう中から独裁国家が成立した。
※その過程で数百万~億単位の人間が死んでいる。

今回はどうするのか?
大衆に対して観念的な操作を行うのが彼らの常だとすれば、どうするのか?
今回のコロナは、大衆の観念操作から見ると98%が操作されており、大成功。

しかし、それは恐らく主目的ではない。
目的を整理すると

★環境破壊阻止、そのための近代市場・グローバル経済の解体
⇒生産停止、工業生産力半減
★帝国・国家の解体 ⇒都市封鎖、各州独立

以上の目的のために
①彼らは、まず大国の民族主義を実現。共産主義を幕じまい、1990年ごろから工作し、ロシア・中国・アメリカの民族主義指導者(プーチン・習・トランプ)の誕生に成功した。※大国の民族主義が実現しなけえれば、小国の独立はありえない。
②そして、2000年頃から基礎補償BIの実験と共に、スペイン・カタルーニャやイタリア・ロンバルディアなどで独立運動を実験。

この流れの上に、今回のコロナ。
③2~6月のコロナ→都市封鎖、生産停止
④今後:コロナ第3波、大々的な破壊活動と生産停止から州・省・地域の独立へ

★どこまで破壊するのか?
●小国家に分裂させる
倒産・暴動・食糧危機の混乱・混沌が酷くなっていく。
→ 自らの生き残りのために、団結と自主独立にもっていき、自分たちのことは自分たちで考えさせるように誘導する。(個人主義者や一匹オオカミ的な人間は暴動や危機の中で一定淘汰していく目的もある。)

●生産力は半減させる
今年の4月~5月頃、世界のロックダウンによって空気が綺麗になった。あれは、環境がどの程度変わるかの実験をしていたと思われる。おそらく、どの程度破壊・停止したらどの程度の環境になるか凡そ押さえている。工業生産力を半減か?人口もそれに見合ったレベルに落とす。少なくとも2/3程度か?
※彼らは、やるとなったら思考停止したゴイムのような人間など容赦しない。例え数十億だろうと自業自得、勝手に死ねと。

★今後の破壊活動
今後、コロナに絡めて、思いもしない大小織り交ぜた破壊活動が起こるだろう。特に大都市や工業都市が標的か?

by Hiroshi

 

  投稿者 nihon | 2020-10-30 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

大暴動→内戦による壊滅的な秩序破壊でなく、州や自治体の主体的な分離独立で新秩序が形成されていく。

 

るいネットmsg:355012これから起こる世界の大転換と人々の変化

>◎今回のコロナ騒動→封鎖(戒厳令)→株式大暴落→新基軸通貨によるドル・米債の暴落→米・中の大暴動によって、米・中は制覇力を失い、ロシアが中・米・欧と日・印・中東を主導する世界に大転換。<

およそ半年前の予測だが、第2波が広がりつつあり、いよいよ株式大暴落から大暴動が来るか、という感である。しかし、改めて考えると、暴動から新秩序への移行が、もう一つすっきりと見えてこない。どういった過程でどういう秩序に落着するのか。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-10-29 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

市場論・国家論18.太平洋戦争の謎 日本は敗けると分かっている日米開戦になぜ踏み切ったのか?

過去のシリーズ

市場論・国家論4.金貸しの誕生と十字軍の遠征

市場論・国家論5.金貸しから王侯・貴族=金主(奥の院)へ

市場論・国家論6.西欧「契約」社会の精神構造

市場論・国家論7.大航海時代(ポルトガル→スペイン→オラン→イギリス)

市場論・国家論8.宗教改革とイエズス会

市場論・国家論9.オランダ→イギリス 産業資本の興隆と産業革命

市場論・国家論10.1600~1900(欧州大陸編) 武力支配から資力支配へ

市場論・国家論11.1600~1900(欧米海洋編)近代市場の拡大

市場論・国家論12.20世紀 アメリカの世界覇権

市場論・国家論13.1次・2次世界大戦(欧州編)~1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略

 市場論・国家論14.戦後の東西冷戦を作り出したロックフェラーの世界主義と共産主義

市場論・国家論15.21世紀の世界

市場論・国家論16.奥の院は90年代に共産革命から民族革命へと戦略転換

市場論・国家論17.基礎保障制度(ベーシック・インカム)の実現

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-10-27 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造No Comments » 

奥の院、革命勢力とコロナ 2 ~帝国・国家の解体~

コロナ騒動の背後、奥の院の狙い
奥の院、革命勢力とコロナ
の続きです。

彼らの最終目的は何なのか? (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-10-25 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

「一番違和感があったのは、厚生労働省の文書に「シナリオ通りに進める」という言葉があったことです」by奈須利江議員

100%ウソ・捏造のコロナ・・・。
・死亡率はインフルエンザの1/10。世界中でロックダウンや経済封鎖を行っている。
・根拠となる遺伝子配列は「中国論文」によっているが、ウィルスを特定できていない。リンク
・その「中国論文」という基準によって世界中でPCR検査が行われている。
・そのPCR検査も感染率を上げるために感度が増幅されている。

・・・おかしなことだらけ。
おかしいと思う人間が少しはいるはずと思っていても、管制されたマスコミからは全く表れてこない。
ほとんどの人が洗脳されて従っている。
しかし全てを封鎖することはできない、
以下の記事は東京の大田区での議会質問。 (さらに…)

市場論・国家論17.基礎保障制度(ベーシック・インカム)の実現

過去のシリーズ

市場論・国家論4.金貸しの誕生と十字軍の遠征

市場論・国家論5.金貸しから王侯・貴族=金主(奥の院)へ

市場論・国家論6.西欧「契約」社会の精神構造

市場論・国家論7.大航海時代(ポルトガル→スペイン→オラン→イギリス)

市場論・国家論8.宗教改革とイエズス会

市場論・国家論9.オランダ→イギリス 産業資本の興隆と産業革命

市場論・国家論10.1600~1900(欧州大陸編) 武力支配から資力支配へ

市場論・国家論11.1600~1900(欧米海洋編)近代市場の拡大

市場論・国家論12.20世紀 アメリカの世界覇権

市場論・国家論13.1次・2次世界大戦(欧州編)~1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略

 市場論・国家論14.戦後の東西冷戦を作り出したロックフェラーの世界主義と共産主義

市場論・国家論15.21世紀の世界

市場論・国家論16.奥の院は90年代に共産革命から民族革命へと戦略転換

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-10-20 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

奥の院、革命勢力とコロナ

コロナ騒動も長くなって、みんなもう日常になってきたような雰囲気。関心が薄れてきている。しかし、推進勢力にとっては、このような時が狙い目。

9月末からこの間スペイン、フランス、イタリア、イギリスでコロナ感染者が急増。
いずれも、奥の院のおひざ元。・・・何を狙っているのか?

奥の院(サヴォイ家中心)は、宗教改革、フランス革命、共産革命を推進した勢力
市場論・国家論8.宗教改革とイエズス会
市場論・国家論16.奥の院は90年代に共産革命から民族革命へと戦略転換

1990年以降は共産主義から民族主義革命へと戦略転換。その過程でうまれたのがプーチン、習近平、トランプという民族主義リーダー。奥の院は、古代・中世から一貫して筋金入りの革命勢力。
コロナ騒動の背後、奥の院の狙い

★コロナを革命の一環と考えたほうが、この先何を起こそうとしているのか類推しやすいかもしれない。
革命とは旧体制を抹殺し、新体制を構築すること。根底には生産様式の転換と体制の不整合。
・抹殺すべき体制は、グローバリズムと市場社会(金貸し支配)に終止符を打つこと。そのためにコロナで経済破壊を行い、同時に米中を代表とする超大国・帝国支配に終止符を打つ。
・構築すべき体制は、民族主義とそれに適合した独立小国家体制(中世ヨーロッパのような?)
・そのために人々を私権への囚われから解放し考える余力を作り出す。⇒BI(ベーシックインカム)

→最終的にかつ一気に小国家分立に持っていくことを考えているはず。

★どうするか?
恐らく奥の院は、米中の州や省の独立に一定目途を付けているはず(独立勢力の育成済み)。あとはどう引き金を引くか?
・今後冬に向けて、コロナ騒動を急激に大きくして、都市ごとに封鎖。幾つかの都市は壊滅。その隙に独立させるシナリオ。但し、数段強力な致死力の高いウィルスが必要。
・今後さらに高まる倒産・失業。株式暴落→ドル暴落。アメリカ・中経済を破壊し、暴動・内戦から独立か?
いずれにしても、コロナ騒動は世界支配層、革命勢力の大きな意図で行われ、方向づけられている。

by Hiroshi

  投稿者 nihon | 2020-10-18 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

日本を支配しているのは日本人ではない 4 ~ 朝鮮血族の閨閥が政・官・財を牛耳る ~

日本を支配しているのは日本人ではない
日本を支配しているのは日本人ではない 2 ~朝鮮の支配階級が幾層にも逃れてきた~
日本を支配しているのは日本人ではない 3 ~ 朝鮮支配層の意識(目先の権力維持と属国根性)~

の続きです。

先回は田布施や天皇家、公家のルーツである朝鮮半島における支配層の意識についてみてきました。
彼らは、何よりも大国から支配権を認めてもらう属国意識と、国内での支配権を巡る宮廷闘争に収束していました。
彼らは、日本に来て、どのようにして支配層を形成しているのか? (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-10-16 | Posted in 04.日本の政治構造, 05.染脳国家日本No Comments » 

見え始めた米国分裂の動き

すでに米国内では暴動が激化し、1年前には想像しえなかったことが現実
となっている。
そして、そのような暴動を引き金として米国はいくつかの州が独立し分
裂へ向かうとの予測が、少なからずみられる。
この、暴動=無秩序域の拡大から、州の独立へという流れがもう一つ漠
然としているように思っていたが、以下の報道が出て、はっきりしてき
たように思う。
(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-10-13 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

人口削減策としてのコロナ

冬に向けてコロナ騒動が増幅されてきている。
・コロナ新規感染者数が過去最大と迫るアジア危機 リンク
【緊急事態】スペイン首都が非常事態宣言、イギリスは都市封鎖へ!ドイツも外出制限!欧州で新型コロナが急拡大!

一方で、コロナ騒動のウソは次第に暴かれてきている。
コロナの謎が”すべて”解ける=全国民必見の覚醒ガイド「5分で目覚める1ページ」
コロナのインチキが世界的にバレていく
コロナはインフル程度なのに世界中で煽ってロックダウンしている、その事がバレ始めている。

■コロナはなんのため?
都市封鎖をやらなかったスウェーデンでは、新たな陽性者はほとんどなくなり、集団免疫の獲得に成功。またベルギーやデンマークではマスク着用を解除、日本と違ってマスクは意味がないとの共通認識へ。北欧では日常がもどりつつある。それ以外のヨーロッパでは感染拡大と騒いでいる。日本では、相変わらずマスク着用と消毒が幅を利かせている。 (さらに…)