2007年07月17日

「安倍自民叩き」の背後に、中国が。。。


朝日を先鋒とするマスコミによる「自民叩き」の背後には中国の圧力が働いているようだ。
以下、株式日記と経済展望から引用させていただく。
↓↓↓ 続きを読む前にクリックお願いします!

にほんブログ村 政治ブログへ

中国にとっては日米を分断してから日本を攻略する必要がある。だから中国はアメリカに大勢の工作員を送り込んで、従軍慰安婦や南京大虐殺のプロパガンダをかけて日米分断工作を続けている。日本国内においては朝日新聞民主党などと手を組んで安倍降ろしの攻勢をかけている。

●参考
るいネット「ニュース朝日・毎日VS読売・産経 米の慰安婦決議で新聞社説真っ二つ」
Trend Reviw
「従軍慰安婦問題再燃はアメリカ民主党の反日勢力か?」

参院選で安倍内閣が大敗すれば安倍総理を辞任に追い込めると計算しているからだろう。その為に小沢民主党は中国の意向を反映した公約を掲げている。外国人に参政権を与えるとか、沖縄に一国二制度の制度で中国に沖縄を献上するような公約を掲げている。

●参考
アジアの真実「沖縄を日本から切り離して中国へ売り渡します~正気とは思えない民主党の政策~」
民主党HP「沖縄ビジョン」
中国は、アメリカの政権が2009年には民主党政権に変わることを見越し、またアメリカ国力の衰退も視野に入れながら、対米外交も精力的に行っている。7/2には、米民主党の主要メンバーと密談している。
●参考
大紀天「中国副外相、米大統領選の関係者と極秘会談=米紙」
これまで、参院選における自民叩きの構造は、アメリカとの関係構造から解明しようとする意識が強かったように思う。
しかし今後は、アメリカ←→中国の東アジアを巡る覇権争いを視野に入れ、急速に力を拡大している中国の動きを注視していく必要がある。

List    投稿者 saken | 2007-07-17 | Posted in 09.国際政治情勢の分析2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/07/330.html/trackback


コメント2件

 にほん民族解放戦線^o^ | 2007.08.22 16:27

投資資金の逃避先は世界中を探しても構造的に存在しなくなっている

アメリカのサブプライムローンの焦げ付きによる影響が日本にも及び、大幅な株式暴落と円高が起きている(中国による米国債売りも絡んでいるとの話も…)。一旦は持ち…

 ニッシン | 2007.08.25 23:09

本来、“性”って性欠乏・性闘争や種の保存と言った本能によるものや、男と女が充たし合う共認充足の源泉であったはずなのに、市場原理に乗せられたばっかりに・・・
でも、今や性的商品価値は、暴落。これからの性の在り方を見直してみる必要がありそうですね。

Comment



Comment


*