2009年10月09日

アメリカ:闇の支配構造と掠奪戦争~「世界中を巨大市場化していく略奪集団とは?」

%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%98%AD%E4%B8%80.jpg
10月4日、中川昭一元財務金融相の死は、その死因も不明であり謎に包まれた不可解な事件であった。以前の酩酊会見事件と言い、今回の謎の突然死と言い、誰もが何かきな臭さを感じ取ったすのではないでしょうか。
以下は「るいネット」からの引用です。
中川昭一は、なぜ殺されたのか? 亀井に対する「脅し」では?
るいネット

中川昭一殺害に直接的な意味があるわけではなく、「誰か」への脅しとして使われたということになる。この時の脅しの「メッセージ」は、米国債の買取りを拒否しようとしていた中川(加えて、中川一郎時代からソ連との繋がりが強い)であることから見て、「アメリカに逆らうな」というメッセージであろう。
ずばり、この「脅し」の対象は、亀井静香である。考えてみれば、国民新党系にはアメリカやヨーロッパに繋がるバックは見当たらない。それが分かっているからこそ、亀井は『亀井静香がCIAに暗殺でもされない限り、日本が米国に従属することはない!』とつい最近になって再び発言し始め、アメリカ(≒CIA)への牽制を始めたと考えられる。

米国債の買取りを拒否した中川は、アメリカCIAに逆らったことになる。
そして、アメリカCIAに逆らった中川は、亀井への脅しのために殺害されたのではないでしょうか?
CIA.jpg
画像は、こちらより引用しました。
では、世界の経済や情報戦略の中心に位置ずるアメリカCIA(中央情報局)とは、どんな組織なのでしょうか?
続きは、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


世界中を巨大市場化していく略奪集団とは?
るいネット

>現在の世界の政治を管理運営しているのは、ワシントンの「グローバリスト」と呼ばれる官僚たちと、シンクタンクの戦略学者たちである。グローバリズム(地球主義)というのは、世界の警察官と自らを任じ「アメリカの力で世界を管理・支配・指導していく」という思想である。
(中略)
グローバリスト官僚たちは、多国籍企業を所有するニューヨークの財界人たちの利益を守るために献身しているのである。(リンク) 
この官僚の中心舞台がアメリカ情報機関の中枢であるCIA(中央情報局)である。アメリカの力とは今や武力ではなく経済であり情報戦略にある。
このCIAについては簡単に触れてみたい。

>【CIAの活動の内容とその変遷】
1942年第2次大戦中の諜報組織OSSが発展して設立された。アメリカが大戦後の世界で大国になるために当時の英国M16に倣って作られた。
CIAは大統領府に直属する。3万人の組織で、情報分析部門と工作部門の2つに分かれる。
情報分析部門の方では大学院を出た各国の専門家が働いている。筆者の話ではハーバード等の大学院では頻繁にCIAの募集がなされ、優秀な学者や学生をリクルートしていた。こうしてイラクや中国、ロシアの専門家を自前で育てていくわけである。CIAは冷戦終了後は軍事偏重から経済産業情報偏重へと転換。さらに宗教、麻薬、テロ、環境分野への対応の必要も唱えて、現在、世界最大の情報機関として活動している。
CIAはカーター大統領時代から、ヒューマンインテリジェンス(人間によるスパイ)を軽視し、情報化時代に即したデジタルスパイ活動に重きを置いている。
平時、有事を問わず、国家の利益を目的としたスパイ、諜報機関の活動の強大化、肥大化はいまでも続いている。
CIAの最大の特徴は情報収集から情報分析、工作活動、謀略まで一貫して行う特務機関である点である。
反米的な政権に対するクーデターの支援を行なうなど、連邦政府・国務省が公的には出来ない“裏稼業”に関わったりした事から、第二のアメリカ政府・見えない政府・クーメーカーとあだ名される。

DIA.jpg
DIA(画像は、こちらより引用しました)
FBI.jpg
FBI(画像は、こちらより引用しました)

【アメリカの他の情報機関】
アメリカの情報機関は複雑で「大統領府」に直属するCIAの他に国防省でもDIA(国防情報局)を持っている。他にもFBI(連邦捜査局)、NSA(国家安全保障局)があり、国務省、エネルギー省、財務省もぞれぞれの情報部門をもっている。NSAは有名なエシュロン(電波盗聴ネットワーク)を組織しており、世界中に張り巡らした盗聴網で機密情報を盗む。

FEMA.jpg
FEMA(画像は、こちらより引用しました)

【ブッシュが作った情報組織】
9.11テロ以降アメリカの情報組織において変化が起きた。
独自の情報局を持つ本土防衛省が設立され、この傘下にCIAとは別にFEMA(連邦緊急管理庁)が置かれた。大統領は巨大な権限を持つがCIA、NSA、FBIの官僚機関を100%統治できるわけではない。本土防衛省はブッシュ自身の軍事化・国防体制に応ずる形で誕生した。
~以上、世界地図の切り取り方(藤井 厳喜著)、ウィキペディアより編集

上記を読み進んでいく中で感じたことはアメリカの情報網は複雑で既に統合されていないのではないか。CIA、NSA、FBI、FEMA、それ以外も併せてアメリカだけでも情報戦争になっているように思える。どの情報機関が主導権を取るかによって政策が異なってくる。イラク戦争の時はCIAは戦争推進派ではなかったらしい。(CIAの判断では時期尚早であった)
事実関係が不足しており、まだ仮説ではあるが、アメリカの国益を守るために作られたCIA組織が既にアメリカ政府のコントロールが効かない段階まで来ているのではないか。ブュシュはだから別組織を作った。CIAは、その背後に国家より市場を牛耳る巨大企業・多国籍企業がこの情報機関と強く結びついているのではないだろうか。
この視点に立てば、世界を牛耳っているのはアメリカ本体ではなく、略奪集団である勝組メガ企業とその諜報組織である無国籍と化した情報機関であると見ることもできる。
そして、世界をアメリカ化=市場化していく張本人(カビ)はその中にいる。アメリカという巨木がそのカビによって倒される日は近いのかもしれない。
>市場はどこまでも私権闘争の抜け道でしかなく、従ってそれ自体では決して自立して存在できず、国家に寄生するしかない。だから、市場は、云わば国家というモチに生えたカビである。カビがどんどん繁殖すれば、やがてカビ同士がくっつく。世間では、それをグローバル化などと美化して、そこに何か新しい可能性があるかのように喧伝しているが、それも真っ赤な嘘であって、市場が国家の養分を吸い尽くせば、市場も国家も共倒れになるだけである。国債の暴落をはじめ、その可能性は充分にあると見るべきだろう。(超国家・超市場論11)

アメリカの情報機関の大半は、NSA・DIA(国防総省)、FBI(司法省)のように、国家機関である各省に属します。
それらは、利権対立があるとはいえ、アメリカの国家統合のために存在しています。
しかし、CIAだけは、国家ではなく、市場を牛耳る巨大企業・多国籍企業が、利益のために動いているのではないか?
この視点に立てば、世界経済を支配しているのはアメリカ本体ではなく、略奪集団である巨大企業とその諜報組織である無国籍と化した情報機関であると見ることもできる。
言わば、巨大企業・多国籍企業が、アメリカ国家に守られたCIAと言う情報局を使って世界の情報をコントロールし市場を操っているのです。
しかし、金融破綻によってこれら企業群(市場)は大打撃を受け、それを救うためにアメリカ(国家)はかつてない財政赤字に苛まれ、その覇権は崩壊寸前です。
正に、「市場が国家の養分を吸い尽くせば、市場も国家も共倒れになるだけである。国債の暴落をはじめ、その可能性は充分にあると見るべきだろう」とは、現在のアメリカの姿を言い当てていると言えます。
養分の吸い尽くし=国家資金の市場注入は、アメリカ国債を暴落させ国家破綻に追い込んでいく。
唯一のアメリカの延命策は、日本の貯蓄を市場にばら撒くことであり、それが郵政民営化なのです。
略奪集団のボスであるデビッドロックフェラーは、アメリカCIAを使って形振り構わず日本に向って来る。
それを阻む者は、簡単に殺害してしまう。
それが、今回の中川殺害事件だったのかもしれません。
しかし、これは市場縮小を前にした市場側の焦りともモガキとも取れなくもない。
警察官僚出身の亀井静香は、郵政民営化を白紙に戻すことが、アメリカに逆うことであり、自分の身がどうなるか良く分かっていた。亀井自身の『亀井静香が、CIAに暗殺でもされない限り、日本が米国に従属することはない!』との発言からも分かる様に、もし「亀井の死」があれば、それはCIA(その背後にデビッドロックフェラー)の仕業であることを国民に発し、牽制したのではないでしょうか?
日本の国益は、郵政民営化を阻止し白紙化できるかに掛かっている。
%E4%BA%80%E4%BA%95.jpg
画像は、こちらより引用しました。
これは、亀井静香一人の闘いではない。
こうした、アメリカの支配構造やその背後にCIAの情報操作策略を明らかにし、国民全体が事実として知る必要があるのです。
人々の共認によって守って行かなけらならないのです。

List    投稿者 nakamura | 2009-10-09 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/10/1393.html/trackback


コメント4件

 ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw | 2010.04.05 23:00

★普天間移設、政府(案)の荒唐無稽!

画像はクリックで拡大します。★普天間移設政府案の荒唐無稽!週刊朝日4月9日号に松

 hermes handbags cheap | 2014.02.02 7:20

hermes birkin outlet usa 日本を守るのに右も左もない | 2010年代はどういう時代か?第8話 ~企業運営を共認に委ねたほうがうまく行くのは、なんで?~

 mbt shoe reviews | 2014.02.22 14:49

mbt shoes discount 日本を守るのに右も左もない | 2010年代はどういう時代か?第8話 ~企業運営を共認に委ねたほうがうまく行くのは、なんで?~

 http://www.enunblog.com/jordansshoeses/ | 2014.03.13 4:30

日本を守るのに右も左もない | 2010年代はどういう時代か?第8話 ~企業運営を共認に委ねたほうがうまく行くのは、なんで?~

Comment



Comment


*