2007年02月03日

宇宙空間の縄張り争い 激化!

%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E3%82%B4%E3%83%9F.jpg
1月11日の中国による衛星破壊(ASAT)実験 が行われたが、その裏には何がある??
まず基礎知識として、今は「宇宙戦争」の時代と云われるくらい「人工衛生」が、世界の覇権争いで重要な位置にある。米軍の軍事力を支えているのは、衛生など、航空・宇宙技術で、イージス艦からミサイルまでほとんどGPSを使っている。軍事用衛星だけでなく、その95%の情報は民間の通信衛星に頼ってもいる。イラク戦争について「半分は宇宙で戦われた」といわれるほど。
この重要な宇宙空間は、紳士協定(?)により米国の「聖域」なのだが、そこに、中国は縄張り侵犯の布石ともとれる一激を放った! これは明らかに米国に対する挑発だが!? ・・・
気になる方は、続きを読む前にクリックお願い

にほんブログ村 政治ブログへ


その中国に対してアメリカは、「宇宙協力を凍結」したが、なんとも弱腰である。
以下株式日記と経済日誌のコメントからの引用

ブッシュ政権になって当初は中国に対する態度も厳しくはなりましたが、9・11以降は緩和された。アメリカの奥の院の戦略としては中国を地域覇権国家として認め、日本を弱体化させたままアメリカの支配下に置く事が考えられている。
~中略~
しかしアメリカの奥の院のその戦略はアメリカにとっては命取りであり、気がついた時は宇宙空間も中国の宇宙戦略によって無力化されて手も足も出せなくなるかもしれない。実際上今回のような衛星破壊作戦が行なわれれば宇宙空間は利用できなくなり地上のローテク兵器しか使えなくなるだろう。

上記の奥の院とは、米国の経済界、財界の事だと思われるが、「闇の国際金融資本」が米国を牛耳っている事を、今回の出来事もまた物語っている。
つまり
①国家としてのアメリカは、明らかに弱体化している。
→だから中国は挑発行為ができたし、その挑発に対するアメリカの対応を見ることで、アメリカの事情を、より詳しく知ることが出来る。
②国家としてのアメリカは、威信をかけて中国に対し、実効的な対策をとりたいはずだが、しかし、牛耳っている「闇の金融資本」にはたてつけない。(るいネットの関連投稿焦るアメリカ②/ドル市場防衛の切り札は中国にあるにある
中国は太らせておいて後で手に入れる
という戦略が影響しており、この事がさらに明らかになったという事だろう。
また、この件に対して、韓国のマスコミなどとは違い日本のマスコミの扱いは小さい。正当な批判も出ていないようだ。
このあたりの背景も押さえておく必要がありそうだ。

List    投稿者 saken | 2007-02-03 | Posted in 09.国際政治情勢の分析5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/02/182.html/trackback


コメント5件

 まりも | 2007.03.20 21:43

ここ1ヶ月位でよくマスコミで目・耳にしたアメリカの話題と言えば、アカデミー賞とか、老いた大富豪と結婚し、突然死したアンナ・ニコル・スミスっていう元モデルの話。あと、どうでもいいハリウッドスターやセレブの離婚やら何やら。それ位しか印象にないです。何だか大事なことを、うまくごまかされてるような気がします。

 羊百匹 | 2007.03.20 22:01

 確かに、冒頭の年代の事件を見ていくと、アメリカの露骨さが目に見えるようです。マスコミを握ってしまった現在では、既にコソコソしなくても大丈夫。って思われてる(なめられてる)のかもしれませんね。
 

 にほん民族解放戦線^o^ | 2007.03.20 22:41

911同時多発テロが自作自演の謀略であった間接的証拠か?!(BBCの問題映像)

当ブログに、コメントを残していただいたHiro氏のサイトに驚くべき記事が載っていた。
昨日は見れたのに、なぜか今日はダウンしていて見れない(何かあったか…

 ヒロさん日記 | 2007.04.03 23:17

WTC7の「コーナーえぐり取り」は捏造映像だ

WTC7は瓦礫による凄まじい直撃を受けていたという話は、情報撹乱の可能\性が濃厚だ。なぜなら、NISTに掲載されている「コーナーえぐり取り」の映像は、デジ…

 hermes bags britain | 2014.02.02 22:57

hermes bags glasgow 日本を守るのに右も左もない | マスコミの第一権力化→アメリカによるマスコミの共認支配

Comment



Comment


*