2007年11月06日

小沢一郎氏の信念は民族意識にある。だから右も左も無い。

 今回の小沢一郎氏の行動は、注目に値する出来事であると思われる。この民族意識を高めてくれるような心強い投稿が、るいネットにあったので紹介したい。
image060427.jpg
↓クリック応援お願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


 

政治家であれ何であれ、物事を為す人には信念がある。それは、場(時代)のパラダイムに基づく信念であり、根概念とも呼ぶ。
 小沢一郎氏は徹底的な闘争派の政治家であり、親和・関係型の軟弱な政治家とも違う。ましてアメリカの子分政治家では無い。故に真正面からの闘争課題の共認が全ての関係構築を為すものであり、親和派などには誤解を招きやすいのだろう。
 だから、今回の辞任の件において上っ面の私権派と小沢氏を見ている政治家・学者等は全て親和派の闘えない・闘わない男共を示すのではなかろうか?

 

属国と成り果てた日本において、国民を引張って行くにはアメリカの監視もあり、3,4手先を読んだ動き・発言が求められる。まさに「敵の敵」は味方であり、「敵の味方」は敵であるというアメリカに対する作戦だ。その結果、アメリカの手先(敵の味方)を潰す動きで政治活動をしてきたものと思われる。まさに、総理の椅子が目前にあったにも関わらずそれよりも為すべき事の為に自民党を出た事からも頷ける。まさに権力が欲しい訳では無く、日本を守るのに右も左も無いという事だ。

 

テロ措置法における自衛隊の活動を「国連の意志に応じて動かす」という発言の真意はどこにあるのだろうか?これは国連がほぼアメリカであるとはいえ、属国としてでは無く、一定の意志を持って軍隊を動かす必要性を説いているのではなかろうか。
 そして、実践された後に発言するのは「日本民族の意志に応じて動かす」であり、その後は日本国民全体に「日本民族の意志とは何か?」という本丸を国民に問うつもりなのではなかろうか?

 今の政治家達で信念を持った闘う男は、小沢一郎氏以外ほとんど居ないのではなかろうか?皆、己の私利私欲を貪るだけの金の奴隷と成り下がり、結果、国際金融資本の奴隷になっている政治家がほとんどだという事なのであろう。残念だが事実だ。
 今、我々国民が為すべきは、今のパラダイムに沿った確たる信念を持った闘う男を応援する事だと思う。

List    投稿者 h100p | 2007-11-06 | Posted in 10.日本の時事問題2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/11/517.html/trackback


コメント2件

 hermes bags ireland | 2014.02.01 23:46

hermes xl 日本を守るのに右も左もない | 改めて、大連立とは何か?

 any problems with mbt outlet | 2014.02.22 8:57

mbt dress shoes 日本を守るのに右も左もない | 改めて、大連立とは何か?

Comment



Comment


*