2011年08月01日

原発問題から見える特権階級・近代科学の問題性12 ~”学び”を忘れた学者達~

今回の原発事故を契機に、原子力の技術というのは人類には扱いきれない代物だということを強く自覚し始めた人も多いのではないでしょうか?
またその一方で、「“きちんと安全管理を行えば”原発は安全だ!」という何の根拠もない詭弁を使い、このような前代未聞の事態において未だ原発を推進しようとする輩がいるのもまた事実です。
問題はこの“きちんと管理すれば”というフレーズ。「○○ならば」「○○の条件が揃えば」・・・。
そもそも、現実にそのような都合のいい条件設定をされた環境など存在するのでしょうか?
これまで、我々は上記のような疑問を持つことなく、近代の科学技術に対して何の根拠もなしに「安全だ」という信仰に近い妄信が我々にあったことは否定できません。
しかし、それ以上にこれらの技術を生んできた学者達の思考や意識にこそ構造的欠陥があるようにも想います。
今回は、そのあたりにスポットをあてていきたいと想います。
%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E6%8E%88%E8%B3%9E%E5%BC%8F.jpg
(画像はコチラよりお借りしました)
 
 
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 政治ブログへ


5/30なんでや劇場レポート「観念力を鍛えるには?」(5) 詭弁を説明しようとするから難解になってゆく

このように文字にすれば、より深く考えたり構造化することも可能になるが、その反面、ますます難解になってゆく(仏典も神学も近代思想も)。その結果、専門家以外は理解できないものになり、人々は無関心になってゆく。’70年以降、近代思想も輝きを失い見捨てられた。
この難解化は観念あるいは観念力の高度化と言えるのか? 知識階級の自己満足ではないのか。
中世キリスト教会でトップレベルの頭の良い神官たちが神学論争に明け暮れていたのが、その象徴である。
論理矛盾を説明しようとすればするほど、膨大な論証が必要になる。しかし「三位一体」をはじめとして元々から矛盾しているものを矛盾していないかのように 繕えば繕うほど、全体が詭弁と化してゆく。難解になるのは当たり前である。そんなものを読んで理解したと喜んでいるのが学者という存在なのである。
例えば、ドーキンスの利己的遺伝子論は完全な詭弁である。生物史には、個体が原点という事実はどこにもない。にもかかわらず無理矢理、生物進化を個人主義に結びつけようとして「遺伝子は利己的」と結論づけようとしたのがドーキンスである。
こうして学者たちは捏造に捏造を重ねてきた。そして誤魔化しや捏造を重ねれば重ねるほど、難解になってゆく。しかし、詭弁を糊塗するために捏造された難解な文章や学問を理解することに、一体何の意味があるのか?
思想や経済学だけでなく、自然科学も例外ではない。
例えば、物理学は読んだだけでは「何故こんな数式になるのか?」理解できない。その理由はいくつかあるが、その一つが、物理法則にさえ詭弁の構造が孕まれていることである。
無数の要素や力が複合的に絡み合って働いているのが現実の自然世界(宇宙の運動)であるが、たかが人間の脳レベルは全体を構造化することはできない。そこ で自然科学者たちは、関係する要素や力をほんの数個に限定し、その他の要素を捨象した人工的な特殊限定空間で実験を繰り返してきた。そうしてできた科学法則は、現実には存在しない特殊空間(実験室)でのみ成立する限定的な法則にすぎない。
そのことを昔の自然科学者たちは自覚していたが、現在の学者たちは、そのことを忘れてor忘れた振りをして、特殊空間においてのみ成立する法則を、あたかも普遍的な真理であるかのように発信する。
とりわけ、食品系の学者の主張はペテンそのものである。
体内では無数の物質が複合的に影響し合って働いている。どの物質とどの物質が複合的に結びついたら、どのように作用するのかということは未解明のままである(現在の科学はその程度の幼稚なレベルにすぎない)。にもかかわらず、ある一つの物質だけに着目して、その作用や危険性を喧伝するのはペテンと言うしか ない。タバコ=ガン犯人説然り、CO2=地球温暖化犯人説然り。今や、自然科学も全く信用できない代物に成り下がってしまった。
~後略~

ここで、明らかになったこととしては、近代の科学というのは恣意的な条件設定(特殊空間)の上で成立している法則に過ぎないということです。近代科学の学者の問題性としては、このような条件設定で成り立った法則をあたかも万物の普遍構造かのように発信することにあります。
なぜ、このようなことになるのでしょう?
自分達が導き出す法則は限られた条件の下でのみ成立していることを、本当に忘れているのか?あるいは、忘れた振りをしているのか?
しかし、昨今の学者の様子を考えると実は何も考えていないのではないか?とさえ感じます。

4/17なんでや劇場(9) なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減

●昔から地震の予兆として、ナマズをはじめとする動物や井戸や雲の色・形など、様々な現象が素人の知恵として蓄積されてきた。素直に考えれば、それらの現象がなぜ起こるのか、原因の解明から入るのが当然である。ところが、学者たちはそれらを俗説として無視してきた。それは、学者である以上、素人の俗説より 上でなければならないからである。そうして、学者たちは、現象事実を俗説として無視し、真っ赤なウソ(プレート説)を唱え続け、その問題を指摘されるたび に辻褄合わせを重ねてきた。
実際、彼らは数千億円も使いながら、一度も当てたことがない。
なんで、こんな体たらくになってしまったのか?
●1950年代までは地震研究の本流は地質学であり、研究者たちは各地の地盤を細かく調べ上げていた。ところが1960年代にプレート説が登場して以降、 地質学から分派した地震学が本流になり、主に団塊の世代の学者たちがプレート説を流布してきた(一方、地質学者たちはそれを認めていなかった)。
同じようなことは生物学にもあって、分子生物学が1960年代から広まり、これを団塊の世代が流布し始めてから生物学もおかしくなってきた。このように、 自然科学全体が1960年代からおかしくなってきたように感じる。その意味では同じころから持て囃されるようになった宇宙論=ビッグバン説も怪しい。
今、テレビでは、昔から学者のアホさ加減を最も強く指摘してきた我々でさえ信じられないようなアホさぶりを、御用学者たちが日々披露している。これまで、 そうは言っても少しはモノを考えているだろうと思っていたが、本当に何一つ考えていないのではないか。例えば、気象学者も地震学者も原子力学者も、「温暖 化はCO2だ」「原子力は安全だ」と指示されれば、それを正当化するデータを捏造することしか考えなくなるということではないか。ひょっとしたら、何も考 えてない彼らにとっては、言い逃れではなく本当に「想定外」だったのかも知れない。
●地震の発生メカニズムの追求によって、明らかになったことがもう一つある。
~中略~
地震学者たちは数千億円も使いながら、地球のことは何もわかっていない。だから、地震予知を一度も当てたことがない。言い換えれば、地球は地震学者の手に 負えるものではないということ。原発も同様に現在の原子学者のレベルでは扱えないもの(扱ってはならないもの)なのである。現代の科学者に、その自覚が少しでもあれば、こんなことには成らなかっただろう。

科学者は、過去の先人(素人)達が自然と向き合う中で学んだ蓄積を、真摯に受け継ぎ、その土台の上に追求を重ねることなく、自分達の専門領域での主流説をただ妄信するだけで、何も考えなくなってしまっています。
科学を扱うものにとっては、科学(恣意的な条件設定の上で成立した法則)で説明できるもののみを是とし、その法則に則らない現象事実に関しては「非科学的」という言葉を使って、「トンデモ」のレッテルを貼ってきました。
歴史を振り返れば、今の近代科学では全てを説明できないことは明らかです。
しかし、科学が導き出した限定条件付の法則をあたかも完璧であるかのように認識し発信し続けています。
その無自覚さが、今日の様々な社会問題へと繋がっていることはもはや明らかでしょう。
ここから学べることは
“完全なる認識など存在しない”ということ,そして、なにより“無能の自覚”こそが必要だということです。
上記を自覚した上で、謙虚に先人達の知恵と自然・歴史に学ぶ姿勢こそが、次代を可能性ある社会へ導く上で必要な認識であると感じます。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

List    投稿者 tyani | 2011-08-01 | Posted in 10.日本の時事問題4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/08/2032.html/trackback


コメント4件

 バーバリー | 2013.12.04 18:00

日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学15~直感性能(潜在思念)を劣化させた近代科学は架空観念(数学)で自然を対象化するしかなかった~

 schweiz hermes bags | 2014.02.03 5:15

euler hermes uk plc 1 canada square 日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学15~直感性能(潜在思念)を劣化させた近代科学は架空観念(数学)で自然を対象化するしかなかった~

 masai mbt | 2014.02.22 10:12

cheapest mbt shoes 日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学15~直感性能(潜在思念)を劣化させた近代科学は架空観念(数学)で自然を対象化するしかなかった~

 Ralph Lauren Outlet UK | 2014.03.14 12:47

日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学15~直感性能(潜在思念)を劣化させた近代科学は架空観念(数学)で自然を対象化するしかなかった~

Comment



Comment


*