2010年06月16日

民主党政変劇(クーデター)の背後にある、米政権内の権力闘争

今回の民主党の政変劇(鳩山-小沢辞任)の背後には、米政権内の権力闘争があったらしい。
%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%A4%EF%BC%A3.jpg
画像はこちらからお借りしました。
6月5日「森田実の言わねばならぬ【492】」から引用する。
いつも、応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ

5月28日の日米共同声明について、国際通の友人Y氏と話す機会があった。以下はその時の対話のメモである(Mは森田実)。
 M 5月28日の日米共同声明を読むと、日米双方とも「やり過ぎた」感がする。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」(孔子)と昔から言われるが、政治においては「過ぎたるは及ばざるに劣る」(徳川家康)の方が多い。今回の日米共同声明は、交渉当事者が無理をしすぎて行き過ぎてしまったのではないか。実行できない無責任な約束をしてしまい、あとの処理に困るのではないかと思う。悪くすると、この共同声明が破綻したときに日米関係はおかしくなるのではないかという気がする。
 Y 森田さんの言うとおりだと思います。米国政府の日本担当者はかなり無理をしたと思います。じつは、米国政府の日本担当者は米国政府内で孤立し、鳩山内閣の反米的な動きを止めることができなければパージされるような状況に追いつめられていました。米国政府の主流は中国派が握りました。日本派の影響力はなくなってしまいました。米国政府のアジア政策の中心は中国になりました。日本はもはや傍流になってしまいました。じつは、米国政府の主流は鳩山政権を反米的政権と見ていました。鳩山首相を信用していなかった。沖縄問題について日米交渉が決裂したら、米国政府内の日本派は総退陣になりそうな状況でした。
 米国政府の日本派は、民主党内の米国派に働きかけて、鳩山首相包囲網をつくり、政府内部で鳩山首相を孤立させ、追いつめました。結局、鳩山首相は、民主党内の米国派に負けて、大転向をしてしまったのです。その結果、福島民主党を切りました。
 米国側は、鳩山政権の命運はもうすぐ尽きると見ていましたから、鳩山首相からできる限り米国側に有利な条件を受け入れさせ、ポスト鳩山時代に備えて米国政府の利益を維持しようとしたのです。米国側からは、日本側はきわめて無責任で投げやりというか面従腹背の対応と見えたようです。米国側は日本側からとれるだけのものをとろうという考えを貫いた。米国側は成功したと思っていますが、思慮が足りないと思います。こんなことでは、日米関係の将来は危ないと思います。
 M 米国政府は鳩山首相は反米主義者だと見ているのですか。
 Y そうです。いまは面従腹背と見ています。信用していないことは間違いありません。何を考えているのかわからないのです。鳩山首相には何もないのかもしれませんが。
 M それにしても米国政府の日本派は無理をしましたね。
 Y そう思います。今後が大変です。これだけ沖縄県民が怒った以上、うまくいかないと思います。

b04b82d029f2c019e8109d607ad9aa60.jpg
つまり、追い詰められた米政府内の日本派が、日本の民主党内の米国派に命じてクーデターを仕掛けさせた。それがこの間、鳩山・小沢辞任→菅首相就任の背後構造である。
では、「米政府内の日本派」、また「米政府内の中国派(主流派)」とは一体、何を指すのか?
『副島隆彦の学問道場』6月12日の掲示板によると、

クーデターの指令本部は、電通(でんつう)と共同新聞の建物の中にある。なんと、早くも、5日には、例のインチキ 世論調査 の 発表が あって、「菅直人政権 への支持率が、61%に急上昇」という 奇怪な報道が即座に行われた。 このあと、10日に、新聞各社の横並びの、奇妙に数字が一致している新政権への支持率、61から68%( 日経新聞が68% ) という、日本国民を扇動する、巨大な虚偽の世論調査結果の、嘘八百を報じた。
デイヴィッド・ロックフェラー系統が日本のテレビ・新聞をすべて上から押さえていることで制空権を、敵に握られている。私たち愛国者は原住民としての横の連帯を大事にして、ヒソヒソ話で、真実を伝えあわなけれなならない。 昨年の12月から開始された、鳩山・小沢打倒のクーデター計画の司令部は、テレビ・新聞11社の政治部長会議 プラス、検察・警察の最高幹部たち、とオール官僚のトップのアメリカの手先連合である。
クーデターの指令本部を上からあやつっている、マイケル・グリーンと、ジェラルド・カーティスと、カート・キャンベルが率いる100人ぐらいのCIAの日本管理・謀略実行部隊は、それぞれが、2,3人の日本人工作員を抱えている。この者たちが深く連携して、前原誠司、長島昭久らと連携して、反小沢の民主党議員たちを、背後からあやつってクーデターを決行させた。菅と仙石(官房長官になった)は、これまでの貧乏で、資金がないから、アメリカから数百億円の資金をもらって転んだのだろう。 売国奴の完成である。

あるいは、本ブログ2009年11月15日「オバマ米大統領宣言『米は太平洋国家』は、欧州勢力の多極化戦略の再開」では、アメリカを「太平洋国家」と規定しアジア(中国)経済圏に組み込む構想は、欧州勢力(欧州貴族+ロスチャイルド連合)による多極化戦略の一環であると述べた。つまり、「米国内の中国派」とは欧州勢力の一派(おそらくは、オバマ-J.ロックフェラー系統)であるである。
このことから考えて、銀行屋=欧州勢力(欧州貴族+ロスチャイルド連合)VS戦争屋=D.ロックフェラー陣営の争いは、どうやら銀行屋の方が優勢らしい。
しかも、どうやら、米国内主流派(=欧州勢力)からも、鳩山-小沢政権は面従腹背と見られており、信用されていなかったということである。
本ブログ2009年10月1日の記事「民主党はどうなる?」で述べたように、昨年の小沢幹事長の訪欧で、欧州勢力と渡りをつけようしていたことは間違いない。また、鳩山首相が国内産業界の反発も聞かず国連でやったCO2の25%削減宣言は、欧州勢力に向けての協力宣言に他ならない。彼らは欧州勢力をバックとして、日本国内の戦争屋勢力と対抗しようとしていたのである。
ところが、鳩山-小沢が米国政府主流派から信用されていないということ、あるいは、今回の民主党内の政変劇(クーデター)は、鳩山-小沢が欧州勢力の協力を取り付けることに失敗したことを示しているのではないか。欧州勢力(銀行屋)という後ろ盾を失ったために、戦争屋勢力(D.ロックフェラー)→日本の検察・官僚・マスコミ・民主党内従米勢力によって巻き返され、政権を奪取されたのではないか。
では、何故、欧州勢力の後ろ盾を得ることに失敗したのか?
「民主党はどうなる?」では、「欧州勢力が日本の郵政民営化差し戻しやD.ロックフェラー排除の見返りに何を日本に求めてくるか?」と提起した。欧州の経済危機で受けた打撃もあって、欧州勢力は鳩山-小沢に過大な要求を突きつけ、それを鳩山-小沢がその要求を呑まなかった可能性もある。だからこそ、欧州勢力に疑われ、あるいは見限られ、戦争屋勢力のクーデターに遭ったのではないだろうか。(ここまでの仮説が正しければという前提付きではあるが、鳩山-小沢は国益派なのかもしれない。)
(本郷猛)
るいネット
メルマガ

List    投稿者 hongou | 2010-06-16 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/06/1667.html/trackback


コメント8件

 Rapid Gigabitz | 2011.02.04 17:12

i like it 日本を守るのに右も左もない | なぜ、このタイミングで、エジプト民主化革命が発生したのか? ~背後に核兵器問題あり~ at once im your rss reader

 bambi | 2011.02.07 0:53

背後に核兵器問題…
ただニュースを追っているだけでは気づけないポイントがたくさんあって、この記事を読んでなるほど、と思いました!
どっちの勢力が糸をひいていてもおかしくないですが、原発の国際入札の延期がこの事態と絡んでいるとすればロックフェラーなのでしょうか???
ところで、何故エジプト民主化革命がこのタイミングだったのかという疑問に対してはどういう結論になったのでしょうか?
それと、エジプト革命の裏に国際金融資本家がいるとすれば、その元々の原因となったチュニジアの革命もそうだと考えてよいのでしょうか?それはチュニジアのネット普及率が高いから利用したということなのでしょうか…
疑問ばかりですみません。
もしすでに追求されていたら教えてください。
今後の記事も楽しみにしています☆

 日本を変える論客たち | 2011.02.08 14:17

パチンコ業界にたかる権力者たち

いうまでもなくパチンコはギャンブルである。ギャンブルを遊戯と偽ることで合法化し、国家予算に相当するような利益を得る業界とそれに群がる権力者たちの姿があまり…

 ないとう | 2011.02.17 21:20

反政府運動(革命運動)については、力(軍事力)による統制(抑圧)という国の統合の様式が限界に来たという構造が、基礎的には存在していると思います。
しかし、それだけが原因ならば、「今まで反政府運動がなぜ起こらなかったのか」=「なぜ、このタイミングで運動が盛り上がっているのか」の説明がつきません。そこで、このタイミングで盛り上がってきたことを説明するためには、「誰かの意図が」働いていると考えざるを得ないと思います。ここまで大きな運動を盛り上げられる人物(勢力)としては、国際金融資本家(ロックフェラーとかロスチャイルドとか)くらいしか当てはまらないでしょう。

 ないとう | 2011.02.17 21:21

ロックフェラーかロスチャイルドのどちらであるのか?という問題は、ほぼヨーロッパかアメリカかという問題に置き換えられます。エジプト(ムバラーク)が親米政権だったことを考えれば、エジプトにおける反政府運動はヨーロッパ系(ロスチャイルド)ということになりますし、チュニジアが親仏政権であったことを考えれば、チュニジアにおける反政府運動はアメリカ系(ロックフェラー)ということになります。

 ないとう | 2011.02.17 21:22

しかし、特にエジプトにおけるムバラーク政権は、30年くらい続いてきた政権であり、今更ロスチャイルドが裏工作しないように思えます。そこでエジプトに関していろいろ調べていたら、ここ数年間、エジプトが原子力開発≒核兵器開発を模索してきたことが分かりました。韓国の朴政権の例を引くまでも無く、アメリカは他国が(特に属国が)核兵器を持つことに関しては、非常に敏感で、すぐに潰しに掛かってきます。
この事例から組み立てると、「エジプトの核兵器開発を知ったアメリカが、ムバラーク政権を潰しに掛かった」ことになります。それが、ブログ本文です。

 ないとう | 2011.02.17 21:23

この説が正しいとすれば、ムバラーク後の政権も親米政権となるはずです。ですから、ムバラーク後のエジプトがどうなるかを見極めれば、今回の不自然な一連の反政府運動を作り出したのは、誰か?という問題にも、一定の答えが出ると思います。

 payday loans canada | 2013.09.02 18:44

私は、給料日ローンのない信用調査を探していています

Comment



Comment


*