2007年07月15日

「白人による世界支配の終焉」

%E7%99%BD%E4%BA%BA%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%AE%E7%B5%82%E7%84%89.JPGbyヤガ

「過去数百年間、我々が経験しなかった勢いで国際システムが変化している。かつては、米国は解決策のある問題と取り組んできたが、今や長時間をかけて調整する時代にさしかかっている」(キッシンジャー)
キッシンジャーが、過去50年とか100年ではなく、数百年といっていることに注目。
過去数百年というのは、要するにスペイン・オランダ・イギリス・アメリカとつづいた「白人による世界支配の終焉」を意味しているのではないでしょうか?
ロシア政治経済ジャーナル
より

「白人による世界支配の終焉」とはどういうことか?改めて前段部分から引用します。
クリックもお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ

(前略)
▼プーチン発言の真意
アメリカはおそらく、なんやかんやと理由をつけて、東欧へのMD配備をすすめるでしょう。
では、プーチン提案は無意味なのでしょうか?
そんなことはありません。
さっき理論的な話をしましたが、MD配備には政治的理由もあります。
そう、「欧州とロシアを分断する」こと。
アメリカの立場で考えてみましょう。欧州とロシアが、完全に一体化した。ロシアは欧州にユーロで石油・ガスを売る。これでドルはローカル通貨になる。アメリカはただの赤字大国となり没落するでしょう。
ロシアの立場から見ると、欧州と一体化することで、多極化を進めたい。(米一極主義をぶち壊したい)
欧州の立場はどうなのでしょうか?これは分裂しているのです。まず、独仏を中心とする勢力は、ロシアと一体化したい。ロシアと一体化しイラク戦争に反対したドイツ・シュレイダーさん、仏シラクさんは去りましたが、基本的構造は変わっていません。しかも、欧州はロシアに石油・ガスを依存している。仲が険悪になると困るのです。
アメリカ絶対支持のイギリスと東欧は、ロシアと西欧を分裂させたい。なぜか?東欧は、つい18年前までロシア(ソ連)の支配下にあった。それで、非常にロシアを恐れている。東欧は、「独仏ではロシアの脅威に対抗できない。ロシアに対抗できるのはアメリカだけ」と考えている。で、東欧は親米反ロなのです。
アメリカもそのことを知っていて、ポーランドやバルト3国を使って、反ロ運動を推進しています。
(中略)
結局MD問題は、米ロによる欧州の取り合いなのです。
▼進展のなかった首脳会談
今回の首脳会談は、ブッシュパパの別荘で行われました。ブッシュ(子)がここに外国の首脳を招いたのは初めてのこと。そして、ブッシュパパ一家も登場したり、一緒に釣りをして、米ロ和解の演出をしました。アメリカ側が必死である様子がうかがえます。なぜかというと、アメリカはイラン問題でどうしてもロシアの協力を必要としている。
イラン問題は「通貨問題」であること、皆さんもご存知ですね?
「イラン、原油の輸出代金受け取りでユーロ建てを要求
(中略)
これは当然、強力な「ドル下げ圧力」になっている。
(中略)
アメリカ上層部も、いよいよ「米幕府は大政奉還するときが近づいて来た」と気がつきはじめているようです。
「過去数百年間、我々が経験しなかった勢いで国際システムが変化している。かつては、米国は解決策のある問題と取り組んできたが、今や長時間をかけて調整する時代にさしかかっている」(キッシンジャー)
キッシンジャーが、過去50年とか100年ではなく、数百年といっていることに注目。
過去数百年というのは、要するにスペイン・オランダ・イギリス・アメリカとつづいた「白人による世界支配の終焉」を意味しているのではないでしょうか?
日本はどうするべきか?

 過去数百年続いた帝国による一国支配の構造は終わりを告げ、多極化した世界構造へ変化しつつあると思われる。アメリカがだめなら次は・・・と従属対象を探しても意味はない。その現実を踏まえて、日本がこれからどのような進路をとっていくか、を考えていきたい。
 (参考)株式日記と経済展望 「白人による世界支配の終焉」を意味している。キッシンジャー

List    投稿者 9143128 | 2007-07-15 | Posted in 09.国際政治情勢の分析4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/07/327.html/trackback


コメント4件

 匿名 | 2007.08.18 22:53

本当に石油が枯渇するのかはよくわからないのですが、もし本当に枯渇するのなら、困る人はたくさんいるわけなので、シオニストの方たちが、何らかの石油代替燃料を与えてくれるならそれはそれでいいような気がするのですが、、、何かみんなが不幸になる大きな問題が隠されているのですか?

 るいネット | 2007.08.18 23:44

市場を通すと事実が見えにくくなる

石油枯渇説msg:158721はもっともらしいのだが、どうも昨今の原油高と絡めようとすると分からなくなる。
一方で、
>■ピークオイル説の背後にあ…

 オオモリ。 | 2007.08.23 22:15

「今やアメリカもCO2問題に取り組むしかない情勢。勿論、ジェイ一派は本当に地球環境を心配しているのではなく、CO2ファンド市場とCO2排出の少ない原子力発電開発を推進することが真の目的。ジェイは民主党議員でもあるが、クリントン民主党政権での副大統領であったゴアはCO2ファンド利権そして原子力利権を持つ議員であるhttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=157930」
とあるように、世の支配者は、どうやって自分(たちだけ)が利益を得るか、しか考えていません。
代替燃料は、彼らの利益が上乗せされた「環境によいように見える燃料」なんです。
代替燃料の技術は、まっとうに使えばみんなの役に立つものもあるはずですが、世の支配者に委ねられている限り、彼らの私腹を肥やし、みんなを非充足にしつづけるものに成り下がるだけなんです。

 poblacht na h¨¦ileann hermes bags | 2014.02.01 19:08

hermes handbags uk 日本を守るのに右も左もない | 「ピークオイル」をめぐる世界情勢 【中間まとめ】

Comment



Comment


*