2007年07月11日

共認支配 プロパガンダの手法1/2

以下に紹介するのは、エドワード・バーネイズの『プロパガンダ教本』(原題:propaganda,1928年刊行)のペーパーバック版の前書きとして2004年にマーク・クリスピン・ミラーというメディア評論家によって書かれた文章からの抜粋です。
少数の支配者や資本家が宣伝活動や世論誘導によって、『いかに大衆を洗脳していくか』、『いかに強制ではなく主体的に判断、評価したと思わせるか』、など生々しい事例が紹介されています。書かれている内容は現在のマスコミを介した共認支配の手法を理解する上でも、重要だと思います。
以下長文になりますが、宣伝活動、世論誘導によって引き起こされる興味深い3つの事例を紹介します。

にほんブログ村 政治ブログへ


一つ目は、るいネットでもNirvanaさんによって紹介されていますが、私たちが、通常主体的に判断し行動していると思っている事が実は『単にそう思わされているだけ』という事を示した分かりやすい事例ですので、改めて紹介します。
引用元:「副島隆彦の学問道場
 

彼は常に先を見据えて行動している。彼が狙っているのは、ものを消費者がほしいと感じるように働きかけるということではなくて、消費者の周りの環境を作り変えてしまうことで、その商品をわざわざ売り込みに掛からなくても、消費者の方が自発的にそれを買わなければならない商品だと感じさせてしまうことだ。
売る側が「買ってください」というのではなくて、買う側が自分から店に行って、「これをください」というようにするためにはどうすればいいのか、ということを彼は考えたのである。
 彼は次のように問いかける。何が世間で受け入れられている習慣であるのか、あるものをそれ自身を人々に欲しがらせるには、その彼等の生活習慣をどのように変えていけばいいのか?
 「現代のプロパガンディストは、人々の習慣そのものを変えてしまうような環境を自ら作り出すのである」と彼は述べている。
 例えば、バーネイズは、モーツァルト社のピアノを売り込んだことがある。彼は単にピアノを売り込んだだけではなかった。そうではなく、彼は慎重に計画して「音楽のための部屋を自宅に作ろうという考えが大衆に受け入れられるように」したのだ。そうすれば自ずとピアノを買う必要が出てくる。彼は、様々なトレンドや関連ビジネスを通して、自宅にピアノを置く空間を作ることが必要不可欠であると感じさせるようにしたのだ。
彼は次のように書く。
 「音楽ルームを作るという考え方をまず宣伝し、受け入れさせる。音楽ルームがあったり、音楽が出来るような作りになった応接間がある家庭では、当然のように、じゃあピアノも買おうかという話になる。それが誰かに誘導された結果ではなく、あたかも自分自身の考えであるかのように、みんな考えるだろう。」

次に紹介するのは、『権威ある専門化を引き合いにだす』という今でもマスコミの常套手段となっている事例です。不都合な真実は隠蔽です。
 

彼は一見権威があるようにみえる「第三者組織」を利用して依頼主の商品を宣伝するというやり方を編み出した。
 彼が初めてこの今でももう時代遅れになっている宣伝手法を使ったのは一九一三年のことで、医者たちで作る第三者組織を立ち上げて、性病の問題を題材にしたユージーン・ブリューという作家の演劇「壊れ物」のブロードウェイでの上映実現を働きかけたときだった。
 数年後にも、彼はこの手法を使って宣伝を行った。今度は、彼は、アメリカ人に、ベーコン入りの目玉焼きの素晴らしさを売り込もうとしたキャンペーンを行った。
 これまでの売り込み方では、単純に皆に向けて「ベーコンを食べよう」、「それは良いことだから」、「身体にエネルギーを与えてくれる」などの宣伝文句を発信するだけであるが、バーネイズのやり方はもっと“科学的”なものだった。彼は『プロパガンダ』の中で次のように書いている。
 「社会を集団で作られた構造体として認識し、大衆心理について知っている宣伝マンはどう考えるか。まず、『食生活に影響を与えるものは何だろうか』と自問する。その答えは明白だ。『お医者さん』である。新しいタイプのセールスマンは、医者に『ベーコンを食べることは健康に良い』と一般に向けて語らせる。セールスする側は、医者の言うことには、誰もが従うという統計を利用する。人間は医者に相談することで安心を得ようとするものだということを知っているのだ」
 このキャンペーンは非常にうまくいった。しかし、バーネイズばベーコンを売り込む際に使った“科学的”手法は不都合な真実を無視していた。ベーコンを食べても、脂肪度やコレステロールは高いので、実際には「身体に良い」という科学的な検証結果など全くなかったのだ。
 確かにこのキャンペーンをバーネイズがある食肉会社の依頼を受けて「健康な朝食」を売り込もうとしたキャンペーンが行われたときは、アメリカの医学界には健康に対する危険性はまだはっきりとは認識されていなかったことは事実である。
しかしながら、彼にとっては、何が真実かを決めた基準は当時の医者の間でどういう合意があったのかという点だったと理解しておくべきである。

次回に続きます。。。。

List    投稿者 kichom | 2007-07-11 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配10 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/07/322.html/trackback


コメント10件

 taku | 2007.08.11 18:24

16兆円の資金を投入って、実際にはどうやっているのでしょうか???
新たにお札を刷ったり国債を発行しているんだろうか。

 Financial Journal | 2007.08.27 11:28

シリーズ「不動産投資ファンドの成長は続くのか?」12

【第12回:世界金融不安→世界恐慌は起こるか?】   前回の記事以降、参院選挙で…

 payday loans vancouver | 2013.08.21 12:36

私は、給料日ローンラスベガス89123を探しています。給料日ローン迅速な頭の良いがどこにあるか知っていますか?

 payday loans canada | 2013.09.03 1:15

私は最速の給料日ローンを探しています

 prometric cna | 2013.11.29 19:56

こんにちは!私の名前はイシスホンカネンと私は、ルール、アメリカ出身。私は週末CNAのクラスケンタッキー州のウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCNAクラスギグハーバー、ワシントンについての私のブログからのリンクを配置します。

 cna classes online | 2013.11.30 14:12

こんにちは!私の名前はKrystina Outlerと私は湖エルモ、アメリカ出身。私はJctc CNAプログラムについてのウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCNAクラスロサンゼルスについての私のブログからのリンクを配置します。

 titlemax loans | 2014.01.04 21:26

私は、あなたがどこに最大のタイトルローンを見つけるために知っていますかのタイトルの最大のタイトルのポーンを探しています?

 hermes bags denmark | 2014.02.02 10:35

wholesale hermes iphone cases 日本を守るのに右も左もない | 米住宅バブル崩壊→世界金融危機!!

 レイバン 眼鏡 | 2014.02.28 5:12

リムレス顔料は、これらの人々が今経験、重いレイバン 眼鏡フレームに含まれる最も重要なことは説明したサイズのサングラスまでの個体と比較して、周辺のアイデアを持続電源から離れてそのビューのより多くの主な焦点を提供しています。 ということで、ビームフレームと共にすべての年齢の階調のサングラスの女性を禁止するには、時々、個々に保有していますそれらの人々に比べて、かなり多くの時間を上に行くとしても大いにより筋肉質である。を超えて、あなたの元のサングラスを求めて瞬時に関係なく、あなたの女性が、車輪がなくても、同様に使用して、これらの人々を望むかどうかのあなたの心を構成する必要があります。 リムレストーンは、さらに、それらのすべてが今、重いレイバン 眼鏡フレームに組み込まれている、確かに説明した幅のサングラスを含むようにというまで多くなく、周辺想像力と先見の明のビジョンを増加供給光景にはるかに主な焦点を提供しています。

 iphone4sカバー カメラ | 2014.02.28 5:32

物事のInspiteは、女性の脅し輪郭持っているようだ – 魂平方を通じて、または可能性 – 今、最も可能性の高い、純粋に彼女と一緒に、すべての年齢層の着色の女性を一時停止する数々のビームがあるようになるだろう。 回復力はサングラスによって検討する今後の要因かもしれません。1特定を所有しないよう、すべてのものと比較した場合、一方で、サポートと一緒にビームセイバーサングラスメス着色は非常に少し長く、時には全体の多くより強力でも同様に、前である。 女性のサングラスを選ぶ時間が、超えてあなたの恋人は、車輪がなくても多分使用するかによって、これらの製品を望むかどうか、あなたの心を構成する必要があります。

Comment



Comment


*