2014年01月31日

都知事選、不正選挙に要注意3~地方選で惨敗続きの自民党が、’13年参院選・都議選で勝てた理由は不正選挙しかない

t02200311_0800113012598015571.jpg t02200311_0800113012598016054.jpg
「不正選挙を訴えた犬丸勝子氏のポスター」
「都知事選、不正選挙に要注意2」では、’13年12月の衆院選挙における不正集計疑惑を取り上げた。
2013年07月20日の記事「3・11で大衆は、マスコミ支配から脱して不信感を募らせた→地方選での自民惨敗」に対して、匿名希望さんから、次のようなコメントをいただきました。
’13年参院選で不正集計が行われたどうかに関する貴重な情報です。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-31 | Posted in 05.染脳国家日本No Comments » 

都知事選、不正選挙に要注意2~’12年末衆院選の不正選挙疑惑

前稿「東京都知事選、不正選挙に要注意1」では、米における不正選挙の数々を紹介した。
今回は、一昨年12月の日本の衆院選における不正疑惑を紹介する。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-30 | Posted in 05.染脳国家日本No Comments » 

都知事選、不正選挙に要注意1~米の不正選挙の手口

来る2月9日には東京都知事選がある。
一昨年12月の衆院選、昨年の東京都議選・参院選と同様、そこでも不正選挙が行われる可能性が高い。
今回は、どのような不正の手口が使われるのか?
まず、これまでの日米の不正選挙事例を明らかにする。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-29 | Posted in 05.染脳国家日本No Comments » 

所得税は『金貸しの見えざる手』に導かれたのか?

先月は『イングランド銀行創設と国債システムの関連性を探る』というテーマで、国庫専用銀行としての中央銀行の生い立ちを考察してみました。今回は、戦費調達の手法としては国債よりも古典的と言える税制について検討して行きます。
  
租税はすでにエジプトやギリシャなどの古代国家において導入されていましたが、基本はすべて物納労役提供でした。貨幣による納税が始まるのは、ヨーロッパでは12世紀になってからです。ただ、金銭による納税が主流になるのはもう少し後の15世紀から16世紀にかけてであり、その背景には火砲や鉄砲の発明が戦争の様相を一変させたことが大きな原因と言われています。ちなみに、日本で代銭納が始まったのは室町時代(≒14~15世紀)で、金銭納税に完全に切り替わるのは明治維新です。
   

%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84.jpg
アウステルリッツの戦い

応援よろしくお願いします

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-28 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

金貸し支配の構造2~マスコミ支配と学者支配(と騙しの数々)

「金貸し支配の構造1~政治支配」では、次のように述べた。

対立する両勢力をけしかけ金を貸すことによって、どちらが勝っても必ず儲けるというのが金貸しの常套手段である。そのようにして金貸しは世界中の国家の支配権力を握ってきた。
従って、政治世界では左も右も金貸しの操り人形ばかりとなるのは必然であって、議会とは金貸しの操り人形たちの演舞場、そこで演じられる左右対立は金貸し支配を隠すための茶番劇に過ぎない。
従って、国権の最高機関たる議会の役割は、金融勢力の暴走行為にお墨付きを与えることだけとなる。

では、金貸しはどのようにして政界を支配しているのか?
その尖兵の一つがマスコミである。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-27 | Posted in 08.近現代史と金貸しNo Comments » 

【情報戦】6.古代ヨーロッパ社会の統合においてキリスト教が果たした役割

古代の中央ユーラシアの遊牧民の間では、取引思考詐欺的思考にまで発展し、古代社会は諜報と謀略が日常という世の中に入っていった。
一方で、古代のヨーロッパの国家は、集団を喪失した海賊・山賊の寄せ集めだったため裏切りに次ぐ裏切りが日常化していた。このような状況下では、他集団の情報を得るための諜報よりも国家(集団)を統合していくための国家秩序意識の形成が急がれた。

(さらに…)

  投稿者 yoko3 | 2014-01-25 | Posted in 14.その他No Comments » 

裏天皇の正体10 裏天皇と徳川家がグルになり大政奉還が進められた

%E5%A4%A7%E6%94%BF%E5%A5%89%E9%82%84.jpg
(画像は大政奉還コチラからお借りしました)
大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に上奏し、翌15日に天皇がこれを勅許した政治的事件である。
wikipedia 大政奉還(リンク)より 
 
大政奉還は徳川幕府が主導で行った事件というのが定説ですが、今回は実は天皇家、しかも裏天皇が徳川家とグルになり進めたという説を紹介します。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-21 | Posted in 未分類 | No Comments » 

金貸し支配の構造1~政治支配

金貸しは、どのようにして社会を支配しているのか?
その仕組み(構造)を明らかにする。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2014-01-19 | Posted in 08.近現代史と金貸し1 Comment » 

自給期待と日本の近未来10 秩序崩壊の危機感⇒追求力の時代へ

みなさん、こんばんは。
前回『自給期待と日本の近未来9 脱お上の自給期待⇒追求力の時代へ』で書いた認識に加えて、
今回はより深い位相『秩序崩壊の危機感』へ踏み込んでみたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 ohmori | 2014-01-17 | Posted in 12.現代意識潮流No Comments » 

【情報戦】5.裏切りに次ぐ裏切りが常態化した古代ヨーロッパ~「諜報の必要」よりも「国家秩序意識」が希求された~

 中央ユーラシアの乾燥地帯の遊牧民によって切り開かれた商業関係→戦争関係によって取引思考詐欺的思考にまで発展し、古代社会は諜報と謀略が日常という世の中に入っていった。しかし、同じ中央ユーラシアの遊牧民の影響を受けながらも、その東側(中国)と西側(ヨーロッパ)では、その後、異なる発展を遂げていく。
 諜報という視点で言えば、諜報を国家戦略の中に位置づける理論体系=孫子の兵法を中国は生み出したが、ヨーロッパではそのような理論書は登場していない。それどころかキリスト教は「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出せ」と闘争放棄とでもいうべき言葉を残している。しかし、ではヨーロッパで諜報や謀略がなかったのかというとそんなことはない。伝説「トロイの木馬」に代表されるように、諜報はヨーロッパでも常態であった。しかし、そのような主体的な諜報以前に、敵国に寝返る売国奴も後を絶たなかったようだ。
%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%9C%A8%E9%A6%AC.JPG
トロイの木馬
 たとえば、ソクラテスを処刑台送りにした張本人アルキビアデースという人物の例を見てみよう。

(さらに…)

  投稿者 yoko3 | 2014-01-16 | Posted in 14.その他No Comments »