2016年03月15日

FRBによる株価不正操作と金融システムの崩壊

最近の株価の上昇は、FRBの不正操作によるものだそうです。

FRBは資産効果を可能にするために金融システムにコカインとヘロインを注入、そして今は中枢神経興奮剤を投与して状態を維持しているようなものだという見方がされています。そうすることでデリバティブスは、自ら金融システムを崩壊させようとしてます。

 

にほんブログ村 政治ブログへ

以下、日本や宇宙や世界の動向より引用します。

 

ジェラルド・セレンテ氏がFRBのリチャード・フィッシャー元議長から耳にした情報によると:
先週、株価が上昇しましたが、FRBは資産効果を可能にするために金融システムにコカインとヘロインを注入しました。そして今はリタリン(中枢神経興奮剤)を投与してこの状態を維持しています。
また2、3週間前にフィッシャー元議長から耳にした情報では、FRBは彼らの巨大兵器に使う砲弾がなくなっています。
2010年にも注意を喚起しましたが、経済は回復していなかったのに真実が隠蔽されてきました。
フィッシャー元議長は、FRBは重大な犯罪行為を行ったということを示唆しています。つまりコカインやヘロインを金融システムに注入するということは金融ギャングによる犯罪行為なのです。

セレンテ氏によると、先週、ECB欧州中央銀行が金融緩和を発表したことは、ある事を示唆しています。
つまり、債権購入のバブルがはじけたということです。

突然、ECBが(想定内ですが)金融緩和を発表した途端に、金の価格が下落し株価が急上昇しました。
しかしその後、すぐに株価が下落し金の価格が高騰したのです。どうしてか分かりますか。
なぜなら、金融界で詐欺行為が行われていることを知っているからです。FRBの関係者もそのことを知っています。彼らはヘロインとコカインを使って株価を上昇させたのです。しかしこのようなことをしても現金融システムは救いようがありません。 リタリンを使っても無理です。
何をやってもうまくいっていません。

セレンテ氏による2016年の予測では:
2016年はパニックの年となるでしょう。既にパニックが進行中です。今年に入り金の価格が20%以上も高騰しています。しかし銀行の株価は下落しています。銀行は大きな問題を抱えています。さらにコモディティ(先物商品)危機が勃発しています。コモディティと銀行は密接につながっており、コモディティ危機は銀行の危機でもあります。
FRBがヘロインやコカイン中毒を発生させた時、ヘロインやコカインによる安いお金が新興国に流れて行きました。
世界中の資源大国はみな何の利益もないのにお金を借りています。銀行は、資源大国にこれまで以上にお金を貸しています。 資源大国は米ドルでお金を借りました。
現在、資源大国の通貨はかなり下落しています。そして今、これらの国々は銀行に借金を返済しなければなりません。しかし彼らは借金を返すことができません。
金融エリートらは世界中の通貨の価値を下げています。彼らがユーロの価値を下げているのにユーロを持っていたいでしょうか。人々は不換紙幣よりも金を買っているのです。

金融崩壊が目の前で起きています。金融エリートのやり方はうまくいっていません。彼らはお金中毒者たちです。お金を過剰摂取しました。ヘロインやコカインのような危険なドラッグを使って生き残ることなどできません。
アメリカやウォール街ではヘロインが蔓延しています。彼らはお金中毒者であり、もはや生き残ることなどできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして。。。
http://beforeitsnews.com/politics/2016/03/bix-weir-reports-rumors-of-the-deutsche-bank-derivative-implosion-confirmed-2785669.html
(一部)
3月13日付け
(スワップについては良く分かりませんが。。。)

今週は3月後半になりましたが、銀行の第一四半期の収益がかなり目減りしています。
ドイツ銀行のデリバティブが内破しています。ドイツ銀行は、1兆1千億ドルものデリバティブをアメリカのデリバティブ内破組=3人の騎士(JPモルガン、ゴールドマンサックス、シティグループ)に対してペンディングセール(売却できない?)状態です。
JPモルガン、ゴールドマンサックスはドイツ銀行にスワップを支払う(?)と言っています。
そのため、米国民の税金、預金が使われることになりかねません。

第一四半期の銀行の収益がかなり目減りしているということは破壊的なことです。

 

そして先日、大物投資家であるジム・ロジャース氏は、日経CNBC番組で、この株価上昇は長くは続かないとの見解を述べています。

この株価上昇の裏側でヘッジファンドは売りポジションを積み上げているとも言われており、円相場も1ドル100円の説が流れています。

 

List    投稿者 nihon | 2016-03-15 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2016/03/5522.html/trackback


Comment



Comment


*