2006年11月30日

知識人やマスコミが庶民の味方というのはウソだった

以下は、るいネットの投稿「高見に立つ、その姿勢に断が下される」からの引用。

>一昔前から現在にかけて、新聞の売り物は中立・不偏不党であった(実際にそうであったかはここでは問わない)。社会に対する監視人=チェックマンとしての自己規定=基本姿勢である。それらによって、社会に対して観察者=傍観者であることがいわば正当化されていた。それどころか、それが一歩高みに身を置いた高尚な姿勢であるかのようにもてはやされていた時代であった。

知識人の評論家的姿勢やマスコミの中立性の根拠になっていたのが、彼らが「庶民の味方、代弁者である」という理屈である。庶民の味方だから、国家権力や私企業から距離を置き迎合しないという理屈である。つまり、彼らは、庶民の味方であることを根拠にして、中立=傍観者であることを正当化し、一方的に庶民の共認を支配する特権的身分を獲得してきたとも言える。
「知識人やマスコミが庶民の味方である」という、その理屈そのものがウソだったのではないだろうか。実際、マスコミや多くの知識人が政府自民党べったりになり、マスコミが広告代理店の言いなりである。そのことに既に多くの庶民は気づきつつあるのではないだろうか。(本郷)

List    投稿者 hongou | 2006-11-30 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/95.html/trackback


コメント2件

 ライス国務長官のことならここ! ライス国務長官について | 2006.12.11 23:37

ライス国務長官のことならここ! 

ライス国務長官のプロフィールや学歴について書いています。参考になると嬉しいです。

 discount hermes bags | 2014.02.03 4:46

hermes bags 2012 online 日本を守るのに右も左もない | 未だ対米追従、思考停止状態の日本

Comment



Comment


*