2010年03月04日

学者・官僚・マスコミは、かくして骨の髄まで金貸しの手先に成り果てた9 ~民主党政権下でのマスコミ/もう大衆は気づいている~

お楽しみ頂けたでしょうか、「学者・官僚・マスコミは、かくして骨の髄まで金貸しの手先に成り果てた」シリーズ、これが最終回です。
今まで記事は~
1~日本人への提言~
2 ~法律家こそ現代の神官・「権利」は自己正当化のために捏造された架空観念~
3 ~民主主義の近代史 「暴民支配」から戦勝国の大義名分へ~
4 200年以上も昔から、マスコミってこんなにも信用されていない!~歴史的要人の発言から~
5 アメリカの戦後占領政策 日本には真の意味でのジャーナリストは存在しない/プロパガンダの日本人日本人協力者=学者
6 ~“ロックフェラー”は何を考えているか②:“ウーマン・リブ”はロックフェラーとCIAの資金によって捏造された運動~
7  CO2詐欺を告発する環境ビデオ見ました /金貸し(右派)と環境過激派が相乗りしてCO2温暖化説をプロパガンダ
8 ~「アメリカに食い尽くされる日本」を読んで②~
~でした。
こうやって、学者・官僚・マスコミは金貸しの手先と成り果ててきたのです。
日本の戦後における統合階級たちは、留学の美味しい罠で価値観を染め上げられ、立法の根幹を押さえられ、民主主義、ウーマンリブ、地球温暖化と金貸しにとって都合の良い観念を植え付けられ、日本の古き志を悪しきものとして封じ込められて、好きなようにマインドコントロールされてきたのでした。
しかし、日本人全体は、そんな木に竹を接ぐ観念群には騙されていなかった。潜在思念のレベルでは違和感を持ち続けていた。観念を振りかざすのは決まって、学者・官僚・マスコミたちだった。
これにとうとう反旗を翻したのが去年8月の選挙だったのではないでしょうか。
20090917172058.jpg
写真はMedia Potpourriさんからお借りしました。
励みになりますので、よろしければクリックお願いします→

にほんブログ村 政治ブログへ


日本人は、金貸しべったりに成り下がった自民党に愛想を尽かし、三行半を突きつけたわけです。
そんな大衆の深い部分の意識を掴めずに、KYな「正義の味方・検察」に乗っかるマスコミですが、いよいよヤバイと気づき始めているようです。
るいネット:民主党政権下でのマスコミより

日本のマスコミは、本当におかしいと国民はすでに気づいてしまった。もしかしたら、国民から捨てられつつあるのではないかという恐怖心に、今、大新聞・大テレビの幹部たちは、襲われつつある。 
今日のぼやきより
==================================================================
 しかし、官僚たちと、それから、テレビ5社・新聞5社の、電通(でんつう)の子分の、許すまじき、アメリカの手先どものこれまでの、永年の悪業の数々は、許すべきではない。 田原総一朗(たはらそういちろう) を筆頭にして、本当に、打ち首にすべきである。
 このあとに載せる、獄中の植草一秀氏から、私に昨日の午後、入った連絡で 「 ②酒井法子氏の報道ばかりで、2005年と比べて圧倒的に少ない選挙報道」という指摘がある。
 本当にそうだ。テレビ、新聞が、選挙報道を、ほとんどしない。NHKを含めて、奇妙なほどに選挙報道をしない。 自分たちが、これまで、ずっと、自民党寄り、アメリカの手先ぶり、大企業寄り、残酷な金融資本の太鼓( たいこ)持ちをずっとやってきたからだ。彼らの内心の忸怩(じくじ)は、急激に起こった。「自分たちは、もしかしたら、国民から捨てられつつあるのではないか」という恐怖心に、今、大新聞・大テレビの幹部たちは、襲われつつある。 
 だから、それで急に、「報道の中立、公平」に目覚めて、自分たちが、これまでやってきた、奇怪な偏向報道(アメリカの買弁報道)に、はっと気付いて、それで、「今度の選挙は、極力、報道しない。報道しないことで、自民党を支援する」という態度に出た。 そして、この、卑怯なメディアの態度も、裏目に出つつある。
 国民はすでに気づいてしまった。日本のマスコミ=マスゴミは、本当におかしな、日本国民を洗脳するための道具であり、「日本国民に向けられた刃物」(評論家の森田実氏の言葉)なのだ。低劣で、愚昧極まりない、白痴お笑い番組ばかりを作って、日本国民を愚弄し続けた。 そしてだんだん見向きもされなくなっている。自業自得(じごうじとく)である。
 商業メディアで私企業であることを盾にして、このあとも、彼らは、陰に陽に、民主党政権の粗さがしをして、足をひっぱり、あわよくば、スキャンダル攻撃で、倒閣させようと、目論(もくろ)むだろう。この者たちを早めに摘発して、まずネット言論で、血祭りにあげて、次々と表面化させなければいけない。
 新聞・テレビも態度を急変させつつある。だが、そういう訳にはもうゆかないのだ。これまでと同じような、単純な国民洗脳(扇動、謀略)報道では、もう、民主党新政府を倒すことは出来ない。なぜなら、今度ばかりは、自分たちの暮らしをこんなにひどくした、自民党政治に怒りを覚えている日本国民が、監視しているからだ。 メディア=マスコミは、国民大衆を公然と敵に回すことは出来ない。だから、彼らも、腰砕けになりつつある。
 こんなはずではなかった。と、彼らは、今、慌てふためいている。官僚たちと、メディア(マスコミ)各社の幹部たちは、本当に、「こんなはずではなかった。国民が、こんなに急に、変身(変貌)して、自分たちに立ち向かって来ようとは」と震(ふる)えている。 自分たちによる国民洗脳が、急激に、もう通用しなくなったのだ、と、8月になって、ようやく本気で気づきだしたのである。

7064cf80bbc65398505798625ebc88e5.jpg
写真は日々雑感さんからお借りしました
未だ、官僚たちは次の総選挙でまた自民党が勝つことを期待しているのでしょう。
しかし、昔の社会党よろしく、「反対」だけ、面白くもないヤジを飛ばすだけに成り下がった自民党に勝ち目は有りません。民主党が負けるとすれば、新たな勢力=さらに民意を受けた政党でしょう。
次で、金貸しの手先政党が勝たなければ、もう官僚は民意に沿った勢力の軍門に下るしかありません。そうなれば、彼らはさっさと手のひらを返すでしょう。
マスコミはもう少し抵抗するかも知れません。既に大衆はネットという武器を持っています。ネットによって人々は、マスコミが垂れ流す情報が、「編集」という捏造によって取捨選択され、勝手に「世論」というプロパガンダをまき散らしていたことを知っています。
また、るいネット:”インターネット”の役割の変化より

・・この変化を逆から見ると、「自分が欲しいと思うモノ以外のモノは、受信できない(しない)」傾向が強まっていることを意味しています。
では、大量の情報ではなく、何を求めているのか? 社会的な問題意識を持って、ネットを眺める人の大半は、明快な切り口や視点を求めており、斬新な切り口・視点を提示するサイトはそれほど数は多くないから、いくつかの特定のサイトを定期的に見れればいいと考えているように思います。
ですから、マスメディアの凋落、ミドルメディアの勃興という現象は、マスコミの提示する切り口が古く、逆にネットメディアの提示する切り口の方が斬新で、世界が理解できるということを示しているのだと思います。

・・といった状況は、大衆がそっぽを向き始め、マスコミに存在意義が無くなりつつあることを示しています。
最後に残るのは学者でしょうか。しかし、学者は官僚とマスコミが持ち上げるから影響力があるのであって、彼ら自身に何が出来るわけでもありません。観念が存在意義である学者に観念を捨てることは出来ないでしょう。しかし、そのままでは役立たずのまま年老いるしかないのです。
このように、官僚・学者・マスコミは、変わることが出来なければ未来はありません。
そして、今までの裏切りを考えれば、引用文に有るように打ち首ものです。
変わらない方々は即刻ご退場いただきましょう。これからの日本にとって邪魔なだけです。
以上で今回のシリーズを終わります。
このまま大衆の潜在意識が顕在化してゆくことを進めるべく、みんなで発信をしていきましょう。

List    投稿者 hihi | 2010-03-04 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/03/1563.html/trackback


コメント5件

 村石太マン&孔雀明王 | 2010.10.23 7:28

お金が便利な時代。
みんな どこかで 金縛り
必要なもの 労働と引き換えに。
醜いお金の争いというのもあります
三悪 五悪 他
美しい欲?醜い欲? 
欲と向上心?
神仏とは何か 人の願望から来る生き物か?

 member | 2010.10.31 18:34

村石太マン&孔雀明王さま、コメントありがとうございます。(返信が遅くなり、申し訳ありません)
http://blog.trend-review.net/blog/2010/10/001780.html
でも述べられていますが、キリスト教の神は、自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰の産物です。
それに対して、
http://blog.trend-review.net/blog/2010/10/001783.html
で述べられていますように、日本人・中国人・インド人・イスラム人の精神構造は、共同体質故の秩序収束⇒規範収束であり、イスラム教は唯一神を掲げてはいますが、その実態は生活の隅々にまで及ぶ規範体系です。これは儒教もそうなのですが、果たしてこれを宗教としてキリスト教の神と一緒にすべきなのかは大いに疑問がある所です。

 巨根カプセル | 2010.11.16 16:27

中国の歴史もよく知っているですね。

 三便宝 | 2011.03.31 17:43

中国伝統“験方”の精華を吸収し、多種類天然生薬を組み合わせ、速効、超臨界提取製剤の複合技術を使用し、生薬成分が短期間内で効能放出できる

 newest arrival hermes handbags | 2014.02.03 5:25

hermes birkin not on website 日本を守るのに右も左もない | 10/17なんでや劇場に向けて(1)~儒教・バラモン教・仏教の成立過程

Comment



Comment


*