2012年06月17日

江戸時代の思想21 属国意識の源流~日本の支配階級に刻印された敗北思考(体裁思考)

%E7%99%BD%E6%9D%91%E6%B1%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84.jpg
「白村江の戦い」
画像はこちらからお借りしました。
「西洋の侵略圧力は縄文体質(受け入れ体質)では回避できなかった」では、「18世紀後半からはじまる西洋の侵略圧力は、日本人(縄文人)にとって初めて直面した侵略圧力ではなかっただろうか」と提起されたが、侵略圧力に晒されたのはそれが初めてではない。そのはるか前の7世紀に強国隋・唐の圧力を受けている。
その時の日本の支配者がどう対応したのか?
そこに日本の支配者の属国意識の源流があるはずである。
今回は、そこに遡って追求する。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ


『概説日本思想史』(編集委員代表佐藤弘夫 ミネルヴァ書房刊)「Ⅰ 古代の思想:概説」から要約する。

●冊封体制
冊封体制とは、中国内部の皇帝と貴族や官僚との間に取り結ばれる君臣関係(冊封)を、その外部に拡大して、周辺の諸地域の支配者を皇帝の臣下と位置づけることである。
中国周辺の諸地域の支配者たちは、朝貢して皇帝の臣下となり、その見返りとして、王や公・侯などの爵位や将軍などの官職を授けられ、自らの支配する地域における地位を承認される。諸地域の支配者に与えられる冊書と印綬(ex.志賀島の金印)が、冊封関係にあることを証明した。
冊封体制に入り、朝貢することは、中国の皇帝に従属することに他ならないが、周辺地域の支配者たちにとっては、自分の支配する地域や国における権威や地位が保証される、あるいは近隣地域や他国に対する優越した位置を確保でき、紛争などの場合には中国の皇帝の庇護を仰ぐこともできるという利点がある。

●日本列島における記録や書承の始まり
漢字文化圏の形成の萌芽は前漢の時代とされ、清の時代まで存続した。漢字文化圏の形成の始まりは、冊封体制の形成の始まりに一致しており、その形成は冊封体制の形成と不可分の関係にあった。
しかし、日本列島の場合は、冊封体制への参入の時期と、列島内部において多量の文字史料が残される時期の間には、多大な時間差がある。冊封体制への参入によって、列島全体がただちに漢字文化圏に組み込まれたのではなかった。冊封体制に距離をおいて、中国とは別個の天下を創出した後に、本格的な文字使用が始まったのである。
紀元57年倭奴国王や239年邪馬台国の卑弥呼、5世紀倭の五王の遣使は、倭国の支配者たちが、内政や外交を有利に運ぶ意図の下に行われたのであり、冊封体制への参入を意味するが、倭の五王の最後の武王は、遣使の結果、望むような官職や地位は得られなかった。倭の朝鮮半島との外交や軍事的介入を有利な方向へ導くことは成らなかったのである。
はたして、その後、倭国の支配者からの中国の皇帝への遣使は途絶える。久々に使者が派遣されたのは、7世紀初頭のことである。それが「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」である。中国の皇帝の支配する天下とは別の、もう一つの天下という考え方であり、対等の間柄の外交を求めたと考えられる。
日本列島において文字史料が大量に残存するようになるのは、これより後のことになるのである。
8世紀の『日本書紀』の天下とは、中国の天下を模倣したその小型版であるが、この小天下の中心は日本と称され、その支配者は天皇と称されている。
7~9世紀に至るまで遣隋使や遣唐使が中国に派遣された。中国側はこれを朝貢使と受け止めたが、日本側は、少なくとも日本内部向けには、朝貢使ではなく、遣隋使・遣唐使と称した。日本列島の支配者たちの思惑としては、使節の派遣は冊封体制への参入を意味するものではなく、もう一つの天下の支配者からの使節と位置づけたかったからであろう。
7世紀末に成立する日本の律令国家は、中国の律令を継受して国家を支える法体系としたことからそう呼ばれるが、それはまた、対外的な危機に備えるために急造された軍事国家であったとも言われ、また文書行政を基幹とする文書国家であったとも言われる。日本列島内部における多量の文字史料の残存の始まりは、この文書国家の始まった時点にほぼ一致している。
このように、日本列島内部における広汎な文字使用の開始の時期、すなわち名実ともに漢字文化圏に組み込まれた時期は、冊封体制からの離脱、つまり中国を中心とした天下から離脱して、独自の天下を創出した後のことであった。
5~7世紀に至る約300年の時期は、中国とは異なる独自の天下の考え方が確立する時期であり、また日本という国号の使用、天皇の呼称の使用の開始の時期であり、輸入暦の使用や独自の年号の使用の開始時期でもあったのである。
冊封体制への参入があり、また中国や朝鮮との間の往来があったにも拘わらず、列島内部での文字使用の広汎な開始が非常に遅かったのはなぜか。そしてこの問題とともに、書承に頼らず口頭伝承に頼ることを、それでよしとした考え方の究明は、今後に残された課題である。
そして、9世紀以降、律令国家の朝鮮半島に対する外交上の関心は希薄になってゆく。また遣唐使も834年を最後に廃止される。

しかし、古代日本の支配者たちが、冊封体制からの離脱を志向し、中国との対等関係を目指したというのは事実なのだろうか?
まず、1~3世紀に中国に朝貢していた倭国=日本であるという図式に大きな錯誤がある。
【1】倭国は朝鮮半島にあった部族国家群である。
倭人とは、中国沿岸の江南地方および朝鮮半島全体にいた部族の総称である(その中心は越人)。その一部は北九州にもいたが、あくまで本拠は朝鮮半島である。つまり、中国の史書に出てくる倭(国)は朝鮮半島中部~南部にあったのであり、邪馬台国があったのも朝鮮半島だったのである。
2世紀の倭国大乱も朝鮮半島における小国家同士の戦争であり、5世紀の「倭の五王」も日本の歴史学者は応神・仁徳~雄略天皇としているが、これも朝鮮半島の新羅or伽耶(任那)の勢力だったと考えるべきである。
このように、日本の支配階級の出自は、朝鮮の支配階級である。
「倭=日本であるという定説の嘘」
「古代朝鮮の歴史と移民の流れ(2)~倭人とは華南の越人の事である」
「『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著~③倭はどこにあったか?」
「『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著~④卑弥呼は遼東侯公孫氏の係累」
「『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著~⑤邪馬台国はどこにあったのか」
倭人を支配した朝鮮の支配階級は元々ツングース系の遊牧騎馬部族であるが、彼らには中国に対する属国根性が骨身に染み付いている。それは高句麗・百済・新羅・李氏朝鮮の歴代朝鮮王朝に一貫している、
そう考えれば、朝鮮半島の国家群が抗争しており(2世紀倭国大乱)、それぞれが中国の属国として庇護を求め朝貢するのは当然である。かつ、それは朝鮮半島の出来事なので、日本列島では文書や文字が発見されないのは当然である。
【2】倭国大乱で敗北した亡命部族の連合が大和朝廷である。
この朝鮮半島における戦争「倭国大乱」の敗者が日本に逃げ延びて、3世紀に大和朝廷を建てたのである。
3世紀には後漢が滅亡し中国は分裂時代に入る。それによる中国の支配圧力の低下もあって、4世紀には朝鮮半島では百済・新羅が建国される。ここでも敗北部族が日本に逃げ延びる。
朝鮮出自の支配者たちは属国意識の塊であったが、縄文人たちは信じられないくらい素直で従順であったがために、ほとんど戦争をすることなく、支配体制が受け入れられてきた。世界の常識では当たり前の、力の原理に物を言わせて従わせるということが全く不要であった。「庶民にとってお上のことなど、どうでもよかった」
従って、縄文以来の共同体がそのまま残存しており、そこでは共同体の規範共認によって社会が統合されているので、大衆(縄文人)を支配するための観念はほとんど必要がなかったであろう。これも、日本列島からは文書が発見されない理由である。
【3】大和朝廷は唐に対して無謀な戦争(白村江の戦い)を仕掛けた
日本の支配者(元朝鮮からの亡命部族)は主に百済や伽耶(任那)と連携していたが、6世紀に入ると、新羅によって伽耶(任那)が征服され、その直後に中国を統一した大帝国隋が建国される。
日本の支配者たちの危機意識が高まり、隋に対する朝貢が始まる(遣隋使)。
これは、外圧の上昇によって朝鮮出自の支配者の属国意識に火がついたからだが、ここで注目すべきは、日本の支配者たちが、中国に対しては属国として朝貢しながら、日本国内に向けては、中国と日本は対等であるという体裁をとったことである。実際、「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」という文書を送り、遣隋使や遣唐使をいう呼称を使っている。
現代の日本が米の属国であることは誰の目にも明らかであるにもかかわらず、日本の支配階級・特権階級たちは、あくまで日米は対等であるという体裁を装い続けている姿と重なる。(この日本の支配者たちの体裁思考については、後述する)
7世紀には、中国では隋が滅唐が建国され、唐・新羅の連合軍が百済を滅ぼし、続いて新羅が高句麗を滅ぼし、朝鮮半島を統一する。この過程でも百済の敗者が日本に逃げ延びてくる。亡命者たちの百済再興支援要請に乗せられて日本は唐・新羅の連合軍に対して、戦争を仕掛けるが、惨敗する(663年 白村江の戦い)
そそのかされて無謀な戦争を仕掛けるというのは、明治以降、金貸しに乗せられて無謀な戦争(太平洋戦争や’85年の御巣鷹山事変)を仕掛けた、日本の支配者の姿と重なる。また、無謀な戦いという点では、幕末の尊王攘夷運動も同様である。
「日航事故③ 御巣鷹山事変を引き起こした旧陸軍勢力」
「日航事故⑤ ロスチャイルドに乗せられた明治維新と日露戦争」
「日航事故⑥ ロスチャイルドとロックフェラーに乗せられた太平洋戦争」
【4】何故、日本の支配者たちは無謀な戦いを仕掛けたのか?
唐が主力を高句麗に転じた間隙に、百済の遺臣鬼室福信は日本に使者を派遣し、援軍の派遣と人質として倭にいた百済の王子・餘豊璋の送還を要請し、斉明天皇は詔して救援の決意を使者に伝えた。
ここで、百済の遺臣鬼室福信とその使者は「唐軍は強くない。絶対勝てる」とか「勝った暁には、朝鮮半島の領土の一部を割譲します」とか何とか言って、日本の支配者をそそのかしたに違いない。
中国の支援を取り付けることで自らの権力を維持してきた朝鮮の支配階級には、中国の誰と手を結ぶかという射程の短い、せせこましい発想しかない。そのせせこましい権力闘争に負け日本に逃げ延びてきたのが、日本の支配階級である。そういうレベルの頭しか使ってこなかったからこそ、近代になっても日本の支配階級は金貸しに簡単に乗せられて、無謀な戦争を仕掛けてきたのである。
「支配階級の骨身に染み付いた属国根性」
しかし、宗主国である大帝国唐に無謀な戦争を仕掛けたことは、属国意識だけでは説明できない。唐の力を正確に把握していなかったとしか考えられないのである。
例えば、朝鮮の支配者であれば、宗主国唐に戦争を仕掛けるという無謀なことは決してしなかったであろう。
力の原理に基づく属国意識の塊である朝鮮の支配者であれば、彼我の力関係を正確に掴んでいたはずだからである。それこそが彼らが生き延びるため生命線である。そして、彼ら朝鮮の支配階級はどんな汚い手を使ってでも宮廷闘争に勝つという執念を以て陰謀合戦を繰り返してきた。
それは、せせこましい宮廷闘争であっても戦って勝たなければ私権を確保できない、それどころか殺されるという強力な圧力が働いていたからである。
それに対して日本の支配者たちには、庶民(縄文人)たちの受入体質とお上捨象体質もあって、「勝たなければ殺される」という圧力は希薄である。
正面切って権力闘争するよりも、天皇のお墨付きという体裁を利用することによって、実力闘争を回避しつつ野合しながら自らの権力を維持してきたのが日本の支配階級である。
朝鮮の支配者たちにとっては私権闘争の勝利こそ第一であって体裁など二の次であるが、日本の支配者たちは(どんな汚い手を使ってでも)勝つことよりも、体裁や評価が第一になってゆく。天皇制も支配者たちの体裁思考の産物であろう。
その背後には、共認第一という庶民の縄文体質(→日本人に顕著な判官びいき)があることは間違いない。
(これは、私権圧力が衰弱した現代の私権派が私権闘争よりも体裁が第一になっているのと同じ構造である。)
従って、日本の支配者たちには、戦いに勝つために対象(敵)を直視する思考が欠落している。すなわち、敗北思考が刻印されているのではないか。
だからこそ、百済からの亡命者に懇願されるorそそのかされると(断ると体裁が悪いので)本当に勝てるかどうかという状況判断を捨象し、唐に無謀な戦争を仕掛けたのであろう。
「尊皇攘夷や右翼思想は、敗者の思想ではないか?」で紹介されたように、モンゴルに滅ぼされた南宋の官僚文天祥の「正気の歌」がその後に日本の支配階級に強い影響を与えている。
文天祥の「正気の歌」は滅ぼされた敗者の正当化観念(敗者の美学)であり、このことも日本の支配階級に敗北思考が刻印されていることの傍証であろう。
日本の支配者に刻印された敗北思考(体裁思考)こそ、現代に至る日本の支配階級・特権階級が金貸しの言いなりを続ける根本原因であり、米の属国であるにもかかわらず、「日米は対等である」という体裁を装い続けている理由でないだろうか。
(但し、このことは、支配階級だけではなく、日本の庶民にも当てはまるかもしれない。)

List    投稿者 staff | 2012-06-17 | Posted in 04.日本の政治構造20 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2012/06/2288.html/trackback


コメント20件

 Fake Oakley Radar | 2013.08.27 13:04

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 Replica Oakley Sunglasses | 2013.09.08 6:47

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 ドコモからアイフォン | 2013.09.24 19:05

ニューバランス 576

 KayarpDrila | 2013.10.05 13:46

特定の曜日月末の来場感謝デーや、量が多いので要注意。イベルティーを、.
http://www.yellowvw.com/

 Alackililig | 2013.10.06 21:51

キッズクラブ, スパ, マッサージ,イズもそろっているんですって。失業者を農業分野で吸収しようなんて思惑もあるけど.
http://www.truefina.com/

 PypsussySpoum | 2013.10.09 9:22

『生活の総合芸術としての衣料』のユニクロは誰も期待していないのではないでしょうか。創業メンバーの大河原毅社長肩幅45 身幅55 着丈65 アームホール26 XLサイズ:.
http://www.vintini.com/
リーシング旧日本債券信用銀行(日債銀)の子会社)空港に近い場所ではあるがシャトルバスで行かなくてはならないが。自分の家にやってきてもらうのでは話が違います海外ではバイト.

 kneerrerm | 2013.10.09 11:29

特に予定のない私は、無い場合は早い者勝ちです御殿場は富士山を望める撮影スポットがあることでも知られる。!
http://www.jewsih.com/
Morrison comes in and hits the moonlight drive on Shelley and then Sabin for the double pin.and know that in order to get my body back I need to incorporate more running into my workout routine. grand plans were announced: worldclass university,?

 バーバリーブラックレーベル | 2013.12.02 3:44

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 www.safesafetyglasses.com | 2014.01.18 2:32

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた
http://www.safesafetyglasses.com http://www.safesafetyglasses.com/

 www.instyler.biz | 2014.01.29 23:54

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた
http://www.instyler.biz http://www.instyler.biz/

 saclongchamp.navtone.net | 2014.01.29 23:55

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた
saclongchamp.navtone.net http://saclongchamp.navtone.net/

 http://eslblogcafe.com/skr/jordans/ | 2014.03.11 19:11

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 staped true religion jeans | 2014.03.12 8:17

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 tiffany outlet online | 2014.03.28 10:26

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 barbour outlet uk | 2014.03.28 11:56

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 abercrombie france | 2014.03.28 12:33

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 victorias secret uk | 2014.03.28 16:07

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 victoria's secret uk | 2014.03.28 16:25

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 van for sale | 2014.03.28 19:07

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

 ray ban outlet | 2014.03.29 2:50

日本を守るのに右も左もない | ’12衆院選~’13都議選・参院選の不正集計で、大衆は支配層を見限り、自分たちで考え始めた

Comment



Comment


*