2011年05月05日

集団を超えた社会をどう統合し直すか?(6)~パラダイム転換を認識することで見えてくる可能性~

GWもほぼ終わりですね。
GW中で一番印象に残ったのは、東日本大震災へのボランティアを募ったところ、あっという間に定員が埋まったというニュースでした。自身の休みは棚上げにして、なんとか人のために役に立ちたい・何か手助けできることがあるのではないか?という多くの人の想いが伝わってきます。
【写真:震災復興のためにボランティアをする人々】
%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%85.jpg
シリーズ「集団を超えた社会をどう統合し直すか?」では
集団を超えた社会をどう統合し直すか?(5)~今こそ日本人の共同体精神が発揮される時~
集団を超えた社会をどう統合し直すか?(4)~狂気の科学を捨てて『自然の摂理』の解明を~
集団を超えた社会をどう統合し直すか?(3)~一切の予断を排して人類の全文明を見直す~
集団を超えた社会をどう統合し直すか?(2)~今こそ市場拡大絶対という幻想を捨てる時~
集団を超えた社会をどう統合し直すか?(1)~闘争の場と生殖の場の分断が招いた歪~
を記事にしてきましたが、やはり新しい集団統合を考えていく上で、本源性を残す日本ほど可能性のある国はないと感じています。
ただ、可能性も漠然と感じているだけでは駄目です。(→統合階級の都合の良い仕組みばかりがつくられてしまうから。)僕ら素人も今何が必要なのかをしっかり観念で捉えておく必要があります。
今回の震災以降の人々の誰かの役に立ちたいという本源集団的な想いが生起したのは、およそ1970年のパラダイム転換期に遡ることができます。今回は、このパラダイム転換を実言論を引用して展開していきます。
続きを読む前に是非応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ

ホ.私権闘争の終焉から本源集団の再生へ
だが、’70年、貧困が消滅してゆく(もちろん先進国の話である)につれて、私権の強制圧力が衰弱してゆく。それにつれて、私権は第一義的な価値ではなくなり、人々はこれ以上、私権を獲得するためにあくせく働こうとはしなくなる。こうして労働活力が急速に衰弱してゆき、企業は私権(地位やお金)によって、人々を統合することが出来なくなってきた。企業だけではない。私権の強制圧力が衰弱したことによって、これまで私権の獲得を最大のエネルギー源にしてきた人々の活力が全面的に衰弱し、国家も、企業も、個人も、およそ全ての存在がもはや自らを私権に収束させることによって統合することが出来なくなってきた。実際、受験も就職も結婚も(これらは全て私権の獲得課題であるが)どれもが既に生命力もリアリティーも失っており、ただ制度的強制だけが残った苦役となりつつある。こうして、個人も企業も国家も、全ての存在が目標を失い、フラフラと迷走し始めた。これは3千年に亙って社会を統合してきた私権原理が、終焉の時を迎えたことを意味する。そして私権原理が終焉の時を迎えたということは、失われた本源性が再生されてゆく大きな可能性が開かれたことを意味する。
人類は長い間、私権の強制圧力の中に閉じ込められてきた。本源集団の中で育まれてきたにも拘わらずその本源集団を失った人類は、自分たちの集団(ひいては社会)を自分たちの手で変革し統合してゆくという最も大きな活力源となる場を奪われ、ただ自分の私権の獲得(異性の獲得や、受験や、就職や、地位)に関わることしか考えずに生きてきた。しかも、私権闘争の世界は「自分以外は全て敵」とする世界であり、そこでは人々は心の底に強い警戒心を孕み、互いに本心を隠して生きるしかない。愛情も友情も全てがこの「隙あらば…」の世界では、見せかけだけのものと成ってしまう。要するに、人類の生命源ともいうべき、根源的な親和共認の充足も、仲間共認の充足も、集団を統合する課題共認や規範共認の充足も、全ては私権の強制圧力によって抑圧され、あるいは剥奪されてきた。その私権の強制圧力が衰弱した以上、それによって抑圧され、剥奪されてきた、本源的な共認充足が再生されてゆくのは当然である。事実、貧困が消滅した’70年以降、私権の強制圧力が衰弱してゆく過程は、人々が本源収束を強め、人類本来の本源充足が再生されてゆく過程だったのである。
【パラダイム転換図解】
%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0%E8%BB%A2%E6%8F%9B%E5%9B%B3%E8%A7%A3.jpg
の画像はGRAND THEORY vol.5よりお借りしました。

そもそも人類500万年の歴史の中で、人々が私権の獲得に収束した私権時代は5000年間とたかが0.1%にしか過ぎません。
【人類史年表】
99.9%EF%BC%85.jpg
の画像はGRAND THEORY vol.8よりお借りしました。
したがって、人々がお互いに助け合いながら生きてきた499万年間(人類史の99.9%)こそが人類本来の集団のあり方=本源集団といえます。そして、今日本で起こっているこの誰かのために何とかしたいという想いは、本源集団が再生されるための必要な想いです。
この想いを、みんなが求めている形にしていくためにも、私たちみんなによる事実の追求(etc.パラダイム転換)が必要不可欠ですなぜなら、パラダイム転換という事実を知ることが、新たな可能性の提示する礎となるから。
%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E3%81%A7%E3%81%99.jpg
m116: の画像はGRAND THEORY vol.8よりお借りしました。

List    投稿者 kura | 2011-05-05 | Posted in 05.染脳国家日本1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/05/1969.html/trackback


コメント1件

 hermes bags price | 2014.02.02 1:52

hermes bags online uk 日本を守るのに右も左もない | 共同体企業ネットワーク理論勉強会テキスト(3)~市場の縮小と根源回帰の大潮流~

Comment



Comment


*