2006年11月07日

~赤から緑へ~『ごまかし』の始まりは’70年貧困の消滅

“るいネット”便利データサイトの『事件史探求』で、昭和40年代半ば(1970年前後)の事件を拾ってみると、「S43 日大闘争事件」「S44東大闘争(安田講堂)事件」「S45 よど号ハイジャック事件」「S46 成田空港闘争・強制代執行」「S47 あさま山荘事件」「S47 テルアビブ空港襲撃事件」「S48 日航ジャンボ機ハイジャック事件」など、『新左翼運動』と呼ばれた事件が並んでいます。
%E6%B5%85%E9%96%93%E5%B1%B1%E8%8D%98%E4%BA%8B%E4%BB%B6.jpg
特に↑この浅間山荘事件は、大学全共闘運動を最後に『旧運動が分裂~自滅』していく状況を象徴的に示しています。
 その後も、共産圏など国外に‘脱出’したコアな運動家たちは、それ以降も共産主義運動を続けたようです。が、一方国内に留まった大半の人々は、概ね‘転向’していったようですが、いまどこで何をしているのやら?
 現在、社会に物言う商売をしている人たちは‘それなりの総括’をして転向したのだろうと思いますが、それ以外の大半の人は無自覚のままに、その後の「反戦運動」「消費者運動」「環境運動」など『目先のごまかし運動』に加担してきたのではないでしょうか?
 ~からへ~現代に蔓延る『ごまかし思考』の出発点はこのあたりにあるのでは?
(by nandeyanen)

List    投稿者 nandeyanen | 2006-11-07 | Posted in 05.染脳国家日本6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/67.html/trackback


コメント6件

 シルクロード | 2006.11.18 22:10

国民の求めていることと、安倍首相の説明があまりにもかけ離れているのでしょう。国民は答えあるいは半答えを欲しているのに、安倍首相はごまかしを流し続けているように思います。
おそらく、このアンケートの項目に「違う」とか「おかしい」という項目があったら高い比率を占めていたのでは。
また、新聞社の電話アンケートなどは必ず年代、性別に偏りが生じます。現実はもっと悪い率なのかもしれませんね。

 にっしん | 2006.11.18 22:43

小泉前首相には
どうなる?がないか不鮮明であったが、
(少なくとも、(良かれ悪しかれ)
どうする?=郵政民営化
が明快であり、
「何とかしてくれ!!」
という国民の目先収束先にはなった。
一方、
安倍首相には、
どうなる?(しかしあまりにも抽象的で理想的、観念化した)はあるが、
どうする?
と言うのが不鮮明
目先収束さえも出来ない。
ということではないでしょか?
さらに、
(どうする=)郵政民営化は、国民のためだと思っていたものが、
(どうなる=)アメリカのいいなり、という事実がブログなどを通じ、
ゴマカシが
明らかになりつつある。
(政治家の言うことはあやしい)というのも、後押ししているのでは。

  | 2006.11.18 22:55

安倍の戦略は誤魔化し戦略だから「わかりにくい」のではないでしょうか? 
小泉は戦略的に「分かりやすさ」を選択したが、現在は、小泉の様な短絡路線がとれなくなったのではないか? 
ブログをはじめとする事実情報を得ようとする気運や北朝鮮問題など、目に見える外圧が高まり、社会全体の政治関心が高まった=探索基調が高まった、という安倍を取り巻く外圧状況の変化は見逃せないと思う。

 kazu | 2006.11.18 22:56

このままで大丈夫?日本!と思えるような数々の問題を抱えている現状に対して、一国の首相が何の答えも提示出来ずに、「美しい国」というような漠然とした、のんきなことを言っていていいの?と嘆かわしいです・・・。

 たかな | 2006.11.21 0:25

所信表明の時点で私は「?」という感じでした~
この人はいったい何が言いたいのだろう・・・?って。
同じように思っていた人は多かったのだろうけれど、
なんとなく流されて指示していた層が、
やっぱり時間が経っても何を言ってるかわからん!
となったのが今回の結果でしょうか?
いつも調査には相当の嘘が含まれているので、
実態は相当酷いということなのでしょうね~

 hermes poland | 2014.02.02 22:59

hermes uk shop online 日本を守るのに右も左もない | 安倍首相の言葉に庶民はゴマカシを感じている

Comment



Comment


*