2011年04月03日

集団を超えた社会をどう統合し直すか?(2)~今こそ市場拡大絶対という幻想を捨てる時~

今一番の気がかりといえば、東日本大震災で完全に顕在化した原発の恐ろしさです。
第2次世界大戦での苦い経験から、どこの国よりも原発の恐ろしさは知っているはずのこの日本が今、原子力(放射能)の危険に晒されてしまっている。一体どこをどう間違ってしまったのだろう。
%E4%BD%95%E6%95%85%E4%BB%8A%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB.jpg
現状の恐ろしさが次々とるいネットで明るみになっていますので、是非ご覧ください
どこがまでが危ないか:計算結果②
レントゲンでの被ばくと比べて「十分低い」はデタラメ、内部被ばくの危険を伝えていない。
原子力発電の事実!?(1)
原子力発電の事実!?(2)
3号基のプルトニウムの危険性をドイツのマスコミも報道している。
放射性廃棄物は現在の技術レベルでは「処理」できない
福島第一原発のプルサーマル原子炉の恐怖
現在報道されている放射線物質であるヨウ素、セシウムってどんなもの?
高速増殖炉「もんじゅ」の事故に関する基礎状況把握
では、一体何故こんなことになってしまっているのか?
その根本の原因にはこれまで社会の統合者たち(政・官・財・学者・マスコミ)が己の利益を守らんがために続けたきた、「市場拡大絶対」という幻想からきています。
続きを読む前に是非応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


実言論 ロ.肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止より

そうしている間にも、当の市場自身の崩壊の危機が迫っている。’70年、貧困の消滅によって、人々はこれ以上の物的な充足を得る為にもっと働こうとはしなくなり、物的欠乏が飽和限界に達したことによって、市場は拡大を停止するしかなくなった。にも拘わらず、この社会を差配する統合者(政・官・財および学者・マスコミ)たちは、自分たちの身分を守る為に市場の拡大を続行し、不足する需要を補うべく大量の国債を発行して、七〇〇兆(11年現在では1000兆円を超えようとしている)を超える財政赤字(自治体を含む)を累積させてきた。その結果、増刷された紙幣がダブつき、経済は必然的にバブル化する。既に世界中の経済は、アメリカやヨーロッパだけではなく、ロシア、中国までもがバブル化してしまっている。(注:アメリカの株価は、’75~’82年平均に対して、物価調整値で見ても、6倍以上にバブル化している。)今や市場は、バブル化することによって見かけの成長を維持するしかない袋小路に嵌まり込んでしまったのである。
だが、真っ先に日本が経験した様に、バブルは必ず崩壊する。一国バブルの日本の株価は、5倍で崩壊した。一極集中のアメリカのバブルも、7倍に達するまでに崩壊するだろう。株価の世界同時大暴落から大恐慌への道は、もはや(市場拡大を止めない限り)避けられない所まで来ている。そして、このままでは、大恐慌に襲われた各国政府が、従来以上の天文学的な額の国債を発行することは、目に見えている。その結果、遂に国債の大暴落が始まるだろう。その時、市場は完全に崩壊する。これが、世界の大破局である。
%E7%B5%B1%E5%90%88%E8%80%85%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA.jpg

そして今まさに、国債大暴落の引き金が引かれようとしています。
日本の震災・原発災害で、米国債の暴落の可能性が高まってきた
統合者達が己の利益をむさぼるために「市場拡大絶対」で続けてきたつけが、今回の問題の根本といっても過言ではありません。放射能感染という生死に係る問題が表面したことにより、統合者たちのこれまでの傍若無人な振る舞いが次々と明るみになってきています
軍事機密盾に国民見殺し -第五福竜丸事件と同じ嘘と捏造-①
軍事機密盾に国民見殺し -第五福竜丸事件と同じ嘘と捏造-②
天下りがなぜいけないかは福島の原発の大災害を見ればよく分かる
原子力安全神話はいかにして作られたか/正統性を喪失したエリート支配層
東電のカネに汚染した東大に騙されるな!
原発行政の裏側②~六ヶ所村と官僚の犯罪~
原発行政の裏側⑤~学者集団と梅沢三兄弟の巨大な閨閥-3~
原発行政の裏側⑥~学者集団と梅沢三兄弟の巨大な閨閥-4~
大衆のことなど考えることなく、統合者たちが己の利権を求め続けた結果が今回の大惨事だとしたら、これは震災などではなく、統合者たちによる人災に他なりません。
誰もが「一部の人の利益のための原発など全部なくしたほうがいい」と感じているはずです。
そのために私たちに必要なのは、
「市場拡大絶対という意識を捨て去り、新たな社会⇒市場の仕組みを私たち自身の手・頭で作り上げていくこと」です。これまでの統合者の無能さに多くの人が気づきはじめた今だからこそ、可能です!!

List    投稿者 kura | 2011-04-03 | Posted in 05.染脳国家日本1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/04/1939.html/trackback


コメント1件

 hermes handbags 2013 | 2014.02.01 18:48

hermes kreditversicherung 日本を守るのに右も左もない | 11/27なんでや劇場レポート(3)~共同体とは何か?社員の充足を第一とするのが共同体である~

Comment



Comment


*