2018年07月27日

日本弱体化政策(その3) ~時短で骨抜きにせよ、最後のトドメは大量移民・混血~

日本弱体化政策(その1) ~日本人の共同性・集団性を破壊せよ~
日本弱体化政策(その2) ~観念・制度・・・がんじがらめの日本~

・・・の続きです。

いままで時系列、五段階を振り返ると、
第一段階:明治の村落共同体破壊政策
第二段階:敗戦後の個人主義導入・企業内からの分断
第三段階:恋愛観念の浸透
第四段階:福祉政策・男女同権
第五段階:日本の丸ごと買収、日本企業の外資化

以上が明治初期から2000年代の約150年に渡る日本弱体化の過程。

★では、2010年以降現在、日本に何が仕掛けられているのか?誰が仕掛けているのか?

これまでの大きな流れは、日本人の集団性を解体する過程
村落共同体の解体 →個人主義の導入 →会社共同体の解体 →バラバラの個人に
→その上で染脳(福祉や男女同権) →活力減・人口減、国家に依存させ管理させる
 そのために一貫して、学校やマスコミによる個人主義・恋愛・福祉etc・・・染脳が行われている。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-07-27 | Posted in 05.染脳国家日本No Comments »