2008年09月30日

米金融安定化法案の主要ポイント

%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3.jpg
最大7000億ドル(約75兆円)を投じて金融機関から不良債権を買い取る金融安定化法案が下院で否決されました。
法案否決を受けて、NYダウが過去最大の777$の下げ幅を記録。日経平均も一時500円以上の大幅安となり、世界的な同時株安となりました。
法案は新たな案を出して今後も継続して審議されるとのことですが、今回否決された米金融安定化法案の主要ポイントは以下の通りです。
続きを読む前にクリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ


ロイターより引用

◎不良資産買い取りのための7000億ドルは段階的に投入される。まず2500億ドルが認められ、大統領はさらに1000億ドルを要請できる。残りの3500億ドルについては議会の承認が必要。
◎不良資産買い取りプログラムの支援を受ける企業の株式を米政府が取得し、企業の業績が回復して利益を上げた場合納税者に還元する。
◎新たに設立される議会委員会が監督権限を持ち、財務長官は定期的に議会に報告を行う。
◎不良資産買い取りを受ける企業の経営者の報酬に上限を設け、過剰な報酬や退職の際の「ゴールデンパラシュート」を防止する。
◎政府は、買い取った住宅ローンの差し押さえ手続きを遅らせることができる。
◎不良資産となった証券類を直接買い取る以外に、財務省は、不良資産引き受けの代金をプログラム参加企業が共同で支払う保険制度も存在することを認識する。
◎5年経過して政府が損失を抱えていた場合、財務省は参加企業から料金を徴収して納税者負担を補てんする計画を進める。


(引用終わり)
財務省主導の原案に対して共和党が反対し、支援を利用する金融機関の負担で、資産値下がりに備えた保険制度を導入するなどの案が追加されています。
また焦点となった金融機関からの資産買い取りで肝心な値決めについては、財務省に委ねられることになっていたようです。このあたりが不明確であり、無理やり法案を通そうとしたポールソンやバーナンキに対して反対の声が上がったのかもしれない。

List    投稿者 andy | 2008-09-30 | Posted in 06.経済破局の行方10 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/09/840.html/trackback


コメント10件

 アルルの男・ヒロシ | 2008.12.15 12:36

WSJの記事、読みました。WSJの書き方ですと、凄く分かりにくくなっていましたが、このロイター記事は明解ですね。
米国債暴落への布石でしょう。FRBというのはやはり油断の成らない組織だ。

 ふしぶじゑ日記 | 2008.12.15 15:13

麻生内閣支持率急落の報道の影で。極左もマッツァオな、国がやってる破壊活動の数々。

 12月第1週に相次いで発表された麻生内閣支持率急落の報道の直後に下記のニュース…。個人的には選挙やろうとしない麻生氏に特別な思い入れがあるわけでは無いん…

 本郷猛 | 2008.12.15 20:29

アルルの男・ヒロシさん、コメントありがとうございます。「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」いつも拝読させていただいてます。
「米国債暴落の布石」説ですか。米国債を暴落させて、その代わりにFRB債という仮説でしょうか。その場合はFRB債に信用を付加する仕組みが必要になりますが、どんな仕組みなんでしょうね?

 米流時評 | 2008.12.16 10:19

スクープ!ムンバイ生残り犯人が自白したテロの全貌

  ||| ムンバイテロ犯人の自白調書初公開 |||
AP通信記者がまたもやスクープ! ムンバイテロ生き残り犯人の供述書を初公開
米国時間 2…

 がんばれ城内実(きうちみのる) | 2008.12.16 12:17

「郵政民営化を堅持し推進する集い」

2008年12月09日、自民党本部で開かれた「郵政民営化を堅持し推進する集い」に出席した国会議員名を「時事通信」記事より引用させていただきます。
(★引用…

 ふしぶじゑ日記 | 2008.12.16 12:58

いつもTBありがとうございます。
米国債の動き、興味深いものがありますね。今後もリポートいただけると嬉しいです。
素人の妄想推理からすると、北米統一通貨アメロ立ち上げの伏線なんでしょうか。そうすると担保は北米経済圏の経済成長やカナダを中心とした埋蔵資源ってことになるのでしょうか。
またFRB債がドル建てなのか、他通貨(円、元、ユーロetc?…)で行われるのかで意味合いも変わってきそうですけど…。

 のだおじさん | 2008.12.16 21:37

FRB債を発行する理由があるとすれば、FRBが資金不足に陥っており、従来の資金調達手法では資金調達できなくなったと言うことでは。
FRBが資金を調達する方法は、国に預金してもらう、ドル紙幣を印刷する、保有資産を売却する、といったあたりが考えられます。
国に預金してもらうのは、国が国債を発行しその売却益を預けてもらうと言う形のようですが、国債の発行額にも制限があり、頭打ち。
ドル紙幣を印刷するのも、好きなだけ印刷できるわけではないのでしょう。
保有資産の売却も、保有資産を全て売ってしまえば、それ以上ありません。
とうことで、国債と二重発行ではなく、万策つきたからFRB債発行では。

 本郷猛 | 2008.12.16 21:47

ふしぶじゑ日記さん、ありがとうございます。いつも拝見しております。
北米統一通貨アメロについては、「約1億500万人もの人口を抱える新興市場国メキシコを、北米共通通貨圏に収める」と原田武夫氏が書かれています。http://money.mag2.com/invest/kokusai/2008/12/post_91.html
メキシコを市場化することで延命する目論みかもしれませんね。ありえない話ではありません。これまでもアメリカは移民流入させることで貧困層を人工的に作り出して市場を拡大させてきた経緯がありますから。
今後も米国債ウォッチングを続けます。期待して下さいね。

 ベンくん | 2008.12.16 21:55

FRB債って、どう考えてもごまかしとしか思えません。米国債の信認も怪しくなってきたので、なんだかよく分からないもので急場をしのぼうとでも思ったんじゃないですか?
考えたのはバーナンキですかね。ばらまける金も尽きたってことを云ってるようなもんなんですが、どこまで自信をもってるんですかぁ、この人は?

 Route12 | 2008.12.16 22:26

FRB債の発行を検討しているとは知りませんでした。
ジャパンハンドラーズさんの記事を読むと、米国債は法律では11.3兆ドルまでと定められており、既に10.6兆円の債務を計上しているようです。
これ以上債務を抱えることができないから、FRB債の発行を準備しているのでしょうか?
であれば、目先的としか言いようがありませんが・・・

Comment



Comment


*