2009年08月17日

8月11日 なんでや劇場 レポート1 これからの世界経済はどうなる?~ドル・米債は暴落するのか?~

10%E5%84%84%E3%83%89%E3%83%AB%E6%9C%AD.jpg
画像は10億ドル札。加藤敏明の資料室より。
今回のなんでや劇場のテーマは、 『これからの世界経済はどうなる?』 です。
6月のなんでや劇場から追求を重ねている本テーマも、いよいよ佳境を迎えました。
レポートは以下の小テーマに分けて、3日間に亘って報告します。
1日目: ドル・米債は暴落するのか?
2日目: ドル・米債暴落後の世界経済はどうなる?
3日目: その時、日本はどうなる?
それでは、1日目の今日は  「ドル・米債は暴落するのか?」 をレポートします。
少し長くなりますが、なんでや劇場でも取上げられた前回の復習から報告します。

にほんブログ村 政治ブログへ


1.金貸しの背後にいる闇の勢力(前回の復習)
これまで私たちは、ロックフェラーやロスチャイルドなどの金貸しが世界経済を支配してきたと理解してきました。しかし、邦人が運んだ13兆円事件で10億ドル札の存在が明るみに出るなど、金貸しの背後に巨大な闇の勢力がいることが判ってきました。
彼ら、金貸しの背後にいる勢力(王族や貴族)の出自は、前回のなんでや劇場で解明してきたように、ベネチア発の商人と宗教騎士団(戦争屋)の大きく2つの系統があり、これらの勢力がスイスに集結し、略奪した財宝を保管するためにスイス都市国家を形成しました。
・大航海時代、アメリカ大陸やアジア諸国などで略奪や搾取が繰り広げられた結果、広大な土地を持つ領主が登場しました。これが欧州貴族の起源です。そして、このような欧州貴族が資金運用を任せてきたのが金貸しです。その資産規模は、金貸しの10倍以上とも言われています。欧州貴族たちの領地がヨーロッパ中に数千箇所も存在していることからも桁違いの資産を持っていることが分ります。
重要な事は、ローマ帝国以来、産業革命以前に彼らは世界中の富の大半を手中にしていることです。つまり、ローマ帝国以来蓄えてきた富の方が、近代経済以降のフローとストックで産み出されてきた富よりも遥かに大きいのです。さらに、彼らが既に収奪した土地や金銀財宝は近代経済のフローには計上されていないという、近代経済学の欺瞞性も指摘することができます。
自由経済では市場はやがて縮小する運命にあります。これでは金貸しが困るので無理矢理、市場を拡大させます。国家に膨大な借金させた結果、土地や証券などの投機商品のハイパーインフレが起こります。これがバブルの正体です。つまり、資本主義はバブル化するしかないのです。因みに、バブル化のトップランナーが日本であり、その後、米国、欧州、最近の中国、ロシアにまでバブルが波及しています。
昨年のリーマンショックは世界的なバブルの崩壊でした。このままでは銀行が潰れてしまいます。金貸しに資産運用を任せていた王族や貴族たちは、 『もうこれ以上、金貸しに任せてはおけない』と考えるのは当然です。
2.金貸しの背後にいる勢力はドル・米債暴落の引き金を引くのか?
最近の世界経済の動向を見れば、金貸しに金を貸している連中(=金主:きんしゅ)が『もう金貸しには任せてはおけない』という認識に基づく方針が顕在化していることを示しています。例えば、仏独首脳発の金融規制の動き、ドル基軸通貨体制から新基軸通貨体制への模索、先進国には可能性が無いので途上国に投資(いわゆる多極化の動き)、などです。
とりわけ、金貸しの中心的存在であるFRBの変化は注目に値します。例えば、今後膨大な額の公的資金の注入が必要であるにも係らず、最近のFRBの総資産は(円換算で)200兆円で横ばいです。又、FRBの保有する米国債も30兆円の枠が嵌められています。この変化は、金主(きんしゅ)が『これ以上ドルを印刷しない様にFRBに対して箍(タガ)を嵌めた』と見るべきでしょう。そしてこれは、金貸し(ロスチャイルドやロックフェラー)の敗北を意味します。
・では、金主(きんしゅ)が「もう金貸しに任せておけない」と考えたとして、金貸しを潰す意思があるのかどうか? ロスチャイルドやロックフェラーに任せておけないのなら、最強のヘッジファンドに交代させれば済む話です。恐らく、目先の方針に留まらず、将来を見据えた戦略があるかも知れません。そこで、彼ら金主(きんしゅ)の動機を見ていきましょう。
彼らの最終目標は、世界統一政府の樹立です。そのためには世界の「金融」と「知的所有権」を支配する必要があります。これまでの米国支配から逆転するためにFRBを乗っ取り、金(ゴールド)を取り戻して新基軸通貨を軌道に乗せるための原資にしようと画策するでしょう。一方で、失業率が拡大し世界中の企業が倒産すれば、技術(知的所有権)を支配することができます。
・しかし、世界統一政府の樹立といった観念的な野望の前に、「とにかくこのままでは自分達も潰れてしまう」という、もっと切迫した現実的な課題として手を打ってきているのではないでしょうか。
3.ドル・米債の売り方と買い支え側の攻防の決着は?
現実的な状況判断をするために欠かせないのが中国の動向です。G2に象徴される最近の米中関係の接近は、どう考えても中国の方が優勢です。中国頼みのアメリカは譲歩し続けるしかなくドン詰まり状態です。
しかし、中国にも弱点があります。アメリカが崩壊すれば中国も共倒れするのは必至です。ドル・米債の暴落が避けられないとなれば、ここに欧州貴族たちが付け入る隙が生じます。現に、ベンジャミン・フィルフォード氏によれば、欧州貴族と中国の秘密結社(ハン)が手を組み中国共産党の幹部の一部勢力が、スイスの銀行に秘密口座を設けたという情報があります。これはドル・米債暴落後の国外逃走の準備ではないでしょうか。
・今後の動向を探る上で焦点となるのは「 ドル・米債の売り方と買い支え側は、どちらが勝つのか? 」になるでしょう。
・先ず、買い支える側から見ていきましょう。買い支えるには、財政、国債、株式、ドル買い支え、の4つの資金が必要です。この資金はいずれも新たな資金(企業と家計の総利益)が必要となります。4つの資金の内、ドル買い資金を拠出できるのは中国と日本の貿易黒字国しかありません。
・中国は年間10兆円しか買い支えることができません。日本の内実も企業の総利益16兆円と家計の総利益10兆円を合わせても26兆円。そして毎年、40兆円の赤字国債が必要であり実質マイナスです。このように、ドルを買い支えるには全く足りません。
従って、中央銀行(FRB)が国債を買い支えるしか方法はありません。しかし、本来はハイパーインフレになるのでこの手法は「禁じ手」になっています。政府に任せるとハイパーインフレになる、だから国家とは独立した中央銀行に任せるという理屈が中央銀行の存在基盤でした。ここに至って、自らが「禁じ手」を使わなければならないとすれば中央銀行側も自分達はもう終わっているということを判っている証拠でもあります。
つまり、買い支える側は既に手詰まりの状況です。後は、売り方がいつ仕掛けるのか?その時を待つだけです。売る方から見れば、最も儲かる売り方をします。儲けるためには上げておいて下げる。これが情報戦の常套手段です。つまり、ドル防衛の情報を流す側が実はドル暴落を企む真犯人なのです。
・これまでの話をまとめると、ドル・米債暴落のタイミングと時期は以下のように予測されます。タイミングは、再度、「禁じ手」の話が出た時です。つまり、中央銀行が米国債を買い支えてドルを防衛するようなニュースが報道される時です。その段階で売り手の仕掛けが水面下で開始され、数ヶ月以内にドル売りを一斉に浴びせます。その時期は、早ければ11月、遅くとも1年以内と予想されます。
【結論】 一年以内には、ドル・米債の暴落は必至です。

List    投稿者 hassy | 2009-08-17 | Posted in 06.経済破局の行方13 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/08/1325.html/trackback


コメント13件

 みらい | 2010.01.29 12:22

確かにここ一両日、報道をみかけなくなりましたね。
小沢叩きも大事だけど視聴率第一ということでしょうか。
メディアあっての地検という見方もできるので、良い傾向ですが。

 みらい | 2010.01.29 12:23

確かにここ一両日、あまり報道をみかけなくなりましたね。
小沢叩きも大事だけど視聴率はもっと大事ということでしょうか。
メディアあっての地検という見方もできるので、良い傾向ですが。

 匿名 | 2010.01.29 16:53

川知裕衆院議員の女性秘書に対する事情聴取
とむ丸の夢さんのブログより
人権無視もはなはだしい、ここまでするのかと思います。
http://pokoapokotom.blog79.fc2.com/blog-date-20100128.html

 ガラス瓶に手紙を入れて | 2010.01.29 23:27

いちたろうの 「鳩山由紀夫総理を糾弾」

総理は国民の模範となるような人格者であって欲しい。高潔であるべき総理が以下に述べるような欠陥だらけでは全く情けないし、その資格に欠ける。即刻退陣を求めたい。

 mame | 2010.01.30 0:15

今や、マスコミも視聴者が離れて行っていることに焦りを感じているように思えます。
その中でも、いかに市民の”注目”を集めるかが焦点になっていて、真実を伝える情報源とはもう程遠い姿になってしまいましたね。
その反面、ネット界では無償で事実を提供してくれる人達が増えて来ています。
>既存メディアの消滅も時間の問題なのかもしれません。
は、誰の目にも明らかですね^^;

 june | 2010.01.30 20:23

やはり漫画にすると外国人参政権の怖さがよく分かりますね
拡散希望!!
ゴーマニズム宣言~「外国人参政権」という売国保安を許すな!
http://www.youtube.com/watch?v=RnAWBhDWclU

 一般人 | 2010.01.30 21:15

コメントを入力してください     外国人参政権法案”を通すことが民主党の本当の狙いなのでしょうか? 国民のためと数々の甘い公約を並べ日本国民を欺き、日本を影で支配している朝鮮人達の思惑で動いているのではないのかと・・・・・。小沢一郎がその手下だとすると日本は本当に危ないのでないですか! もうひとつ危惧していることが、ナチスのヒトラーとの類似性です。 ヒトラーは、最初は民主的な通常選挙で選ばれたのです。その支持が当初あまりに大きかったため、憲法を改正させ、そして結果的に独裁を許してしまったのです。それは昔の話かもしれません。でも、歴史は繰り返すという観点から見て、「カリスマ的な指導者が、民主的な選挙で圧倒的な支持を受けて、憲法を改正しようとする」、恐ろしいことです。 日本が戦争する(させられる)ことになれば、戦争に借り出されるのは、自衛隊だけでは済みません。必ず一般市民が徴兵されます。 日本は、戦争をすべきではありません。

 一般人 | 2010.01.30 21:17

コメントを入力してください     外国人参政権法案”を通すことが民主党の本当の狙いなのでしょうか? 国民のためと数々の甘い公約を並べ日本国民を欺き、日本を影で支配している朝鮮人達の思惑で動いているのではないのかと・・・・・。小沢一郎がその手下だとすると日本は本当に危ないのでないですか! もうひとつ危惧していることが、ナチスのヒトラーとの類似性です。 ヒトラーは、最初は民主的な通常選挙で選ばれたのです。その支持が当初あまりに大きかったため、憲法を改正させ、そして結果的に独裁を許してしまったのです。それは昔の話かもしれません。でも、歴史は繰り返すという観点から見て、「カリスマ的な指導者が、民主的な選挙で圧倒的な支持を受けて、憲法を改正しようとする」、恐ろしいことです。 日本が戦争する(させられる)ことになれば、戦争に借り出されるのは、自衛隊だけでは済みません。必ず一般市民が徴兵されます。 日本は、戦争をすべきではありません。

 地方住まいのばあさん | 2010.01.31 0:18

私は、地方住まいのばあさんでござります。私は、ぱそこんとやらいじれませんでごわす。そんで、若いせがれに代筆(代打)してもらっておる次第でござりまする。
マスメディアのみなさま、国民にとって大切な情報は、偏向せずに、ジャーナリズムとしての立場をわきまえられて、真実をきちんと報道してくださいましね。
私のようなばあは、世間のことを知るとき、頼りになるもんは、まんずー、てれび、そして、新聞だけだべでござりまする。そんだべ、くれぐれも決して偏向なんかせーずに、ジャーナリズムとやらとしての立場をまんずわきまえられて、真実をそして国民の生活にたいせつなことをきっちりだべに報道してくださいましね。
ところでだべ、日米の間でとりかわされている「年次改革要望書」ちゅーのは、ネットの世界で話題になっちゅーとせがれが言っちょりまするが、結構国民にとって大切な情報のようでござりまするね。
「年次改革要望書」ちゅーのは、毎年日米の間でとりかわされているのでござりまするか。NHKさま、我々国民は視聴料まで払っておりまするから、「NHK特集」や「クローズアップップ現代」等の報道番組で1回ぐらいは取りあげて報道していただきたいものでござりまする。これまで1回もありませんがなもし・・・・。わたしゃ、せがれから初めて「年次改革要望書」なんちゅーのを聞きましたでござりまする。何のことやらちんぷんかんぷんでございまする。これでも、わたしゃ、朝から晩までNHKのテレビを観ておりまするが、ほんでもって、新聞の方も拡大鏡持参で隅から隅まで読んでおりまするが、ぜんぜん知りませんでごわした。せがれに、ばーちゃん、そんなことも知らんとねー、とばかにされましたでございまする。せがれ曰く、「このことをテレビや新聞がちゃーんと報道していたら、4.5年前に行われた郵政選挙は、違う結果が出ていただろう・・・・。」 わたしはそれをせがれから聞かされましてな、入れ歯が外れそうになるぐらい驚きござりましたでごわす。せがれの言うことがほんになら、ほんに、これは郵便局とも関係あることで、われわれ国民の生活にとってとっても重要な情報だったんだろうと思いましたでごわす。わたしゃ、郵便局のファンでしたもな。あの選挙の結果はほんにショックでごわした。私らの国民生活がグチャグチャになるのではないだろうかと夜も眠れませんでごわした。
まんず、国民生活にとって大切な情報は、しっかりと国民に伝えてくださいますることをよろしくお願いいたしまする。郵便局は地方に住む私のような高齢のばばあにとってはかけがえのないものでごわする。隣組のじいやばあが、また隣組のじいやばあがそのことをNHKテレビや新聞で観たり読んだりしていましたら結果はせがれの言うようにかなり違っていたかなあと今思えてしまいまするでごわすわ・・・。
超エリート集団のすーぱーNHKさまに我々国民は視聴料を払っているのですから・・・、国民の知る権利を少しでも保障してくださいますよう重ね重ねよろしくお願い致しまする。民放は始めからあきまへんでごわするわ。
コメントを入力してください

 鳥は既に歌っている | 2010.02.02 4:38

マスコミが異常だと思う時は「マスコミの報道と後で明らかになった事実を照らし合わせ」てみてはいかがでしょう。
調べるのは時間と手間がかかりますが、自動的に流れてくる情報を受け取るだけでは騙されても文句はいえない気がします。楽すれば何とやらです。テレビの情報だけじゃなく、自分で進んで調べたり、考えたりして、見極めた方がいいと思います。
自分の見解では、小沢さんはむしろマスコミに擁護されてる印象を受けました。失脚しかかってるので、事態が好転すると擁護が強まり、危なくなると極力スルーって感じに報道されてたように思います。
小沢さんは土地転がしでお金を生み出す事と、お山の大将として子分を調教するのには長けていたけど、まつりごとの才はないです。というより権力を使って金作るのに勤しみすぎました。金と票が一番で、他がおろそかになったんです。身分の上下のあるような、例えば戦国時代あたりなら武将になったかもしれませんね。
日本を守りたい「日本人」は外国人参政権に反対してます。
マスコミが民主と組んで通そうとしてるこの法案は危険です。
他国に日本の舵を奪われる可能性が非常に高いです。
真偽はどうぞご自分の眼で確かめて下さい。
そして、無礼を承知で申し上げますなら、
このコメントをみた誰かが韓国在日の方であった時は、
割合裕福な同士・友人の動きを注意深くみておくべきと助言します。
韓国には親○法があります。(日本系韓国人の財産没収できる)
韓国は経済不況が続いてます。(世界経済も落ち目ですので)
で先日米国から「○○に兵を回せ」という命令も受けました。
つまり「人と金」が必要なんです。
だから最近、在日を呼びもどす法律を作ったんです。
この法案が上手くいかなかった時、
上の人間はおそらく自分達だけ他国に逃げます。
下っ端の人間は本国強制送還で金も命も失います。
魔女狩りの時代が来ます。裏切りは多いと想像します。
できればこちらも血を流したくないので、ご自分の足でお帰りになられて欲しいんです。
○○は調べたらすぐ解りますよ。
では、お気をつけて。

 智太郎 | 2010.02.02 20:16

 こんばんは・・昨日まで、せっかく単身赴任で現場監督派遣会社経由で川崎市に行ってたのに・・(>_・・どうぞ!遊びに寄って楽しく見てやって下さい。 ○ 上下方!どちらかの【脳・神経・脊髄】をポチして清き1票を下さい・・_ お願い致します。尚!時あれば・・自分の【学生編】当過去ブログにも、当時の写真・数多くの!面白い・可愛い(猫.犬)・画像・動画もありますので、どうか!楽しんで見てやって下さいませませ。 ・・特に左上にクイックすれば見れる自分の過激な18歳・当ブログ最初の交通事故の第1編を見て頂いたら感謝が絶えません。では、また・・

 hermes handbags belgique | 2014.02.03 9:07

hermes taschen online erfahrung 日本を守るのに右も左もない | 小沢vs検察に見るメディアの本質~メディアは大衆に”判断軸”を植えつけている!

 mbt shoes stores uk | 2014.02.22 15:17

mbt for sale 日本を守るのに右も左もない | 小沢vs検察に見るメディアの本質~メディアは大衆に”判断軸”を植えつけている!

Comment



Comment


*