2009年07月03日

6月28日 なんでや劇場レポート(6)~イルミナティとロスチャイルド・ロックフェラー~

4001.jpg
イルミナティが反省して、人類のために良いことをするわけがない。
彼らは地球温暖化原因CO2派・原子力派。一方、石油派がロックフェラーとロスチャイルド。現状、原子力派の方が優勢。最終的には、ロスチャイルドの支配するFRBを乗っ取ることで、彼らの世界支配の野望が実現する・・・
いつもありがとうございます。クリックお願いします☆

にほんブログ村 政治ブログへ


イルミナティが反省して、人類のために良いことをするわけがない。
彼らは地球温暖化原因CO2派・原子力派。一方、石油派がロックフェラーとロスチャイルド。現状、原子力派の方が優勢。最終的には、ロスチャイルドの支配するFRBを乗っ取ることで、彼らの世界支配の野望が実現する。
イルミナティとロスチャイルド・ロックフェラーの出自の違い。
イルミナティはヨーロッパの貴族。身分の高い超大金持ち。一部は企業経営もしているが、大半は遊んで暮らしている。従ってお金の世界に疎い。それに対して、ロスチャイルド・ロックフェラーはお金の世界を第一次~第二次大戦の過程で握った。お金の世界では、イルミナティに勝ち目はない。
現代人の常識的な意識では、バブルの世界が最先端で、欧州貴族勢力がなんで金に拘るのか理解しがたいが、貴族にとって未だに大切なのは金(財宝)である。この点が、ロスチャイルド・ロックフェラーと決定的に違う。
数千枚以上発行されている100億ドル紙幣はFRB保証付きの紙幣だが、市場では流通しておらず、全く使いようがない。戦後60年に亙って貴族王族の一部は金を返せと言って来たが、FRBがそれに応じることは絶対できない。100億ドル紙幣なら埋蔵するしかないが、100ドル紙幣に換えれば市場に流通し、ドル暴落は避けられないからである。
これは詐欺そのもので、100億ドル紙幣はババ抜きのババであるとも言える。イルミナティにとってはFRBを乗っ取って100億ドル紙幣を担保に・・・
これはFRB・ロスチャイルドにとっては表に出せない話。イルミナティにとっても表に出てほしくない話だが、いずれFRBを乗っ取る上で100億ドル紙幣の存在を世界に知らしめるアドバルーンという意味はある。
なんでイタリアに100億ドル紙幣を動かしたのか?
目的は①デビッド仲介で超大金持ちに割り引いて売る。②日本政府のお墨付きでPB口座をつくり、それを担保に借入。武藤の義弟が実行したことから見て、どこかのPBと予め話がついていた。デビッドも傘下にPBくらいはいくつも持っているはずで、デビッド系のPBならすぐ作れるはず。
ロスチャイルド・ロックフェラーなど金融工学を知り尽くした連中は、逆に、世界はどうなるかといったマクロの世界は無知に近い。逆にイルミナティは経済原理には明るい。’70年代のローマクラブもイルミナティがつくった。彼らは昔から、人口が増加を続けたら地球はどうなる?という問題意識を持っていた。’70年以降ヨーロッパの停滞が続き、先進国の市場拡大はどうなるのか?という問題意識も。
‘86年から市場社会のトップランナー日本でバブルが発生し、崩壊。続いて’90年代からアメリカをはじめ全世界がバブル化。これを見ていたイルミナティは市場を拡大させる原理はバブルしかないことを見抜いた。
彼らは冷静な立場からモノを見ており、ロスチャイルドやデビッド・ロックフェラーが博打に邁進し、金融と石油で悪辣なことをやっているのに対して、地球温暖化の原因はCO2というウソを流した。これも、人口増加で世界経済がどうなるか?という問題意識があったからだと考えられる。
実際、ロスチャイルドもデビッド・ロックフェラーもバブル崩壊で大穴を空けた。CDS爆弾で6000兆円というオーダーである。そこでイルミナティはロスチャイルド・ロックフェラーの金融支配を叩き潰すと決断した。まずはFRBがドルを垂れ流すのを阻止した。

List    投稿者 wacky | 2009-07-03 | Posted in 06.経済破局の行方8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/07/1227.html/trackback


コメント8件

 unimaro | 2009.11.01 21:07

お疲れ様です。
山田氏の件を聞き納得行きました。朝日はいろんな記者がいるようにも思えていたからです。
仰る通りサヨクを装ったアメリカの犬が主流ですね。
同様にNHKにもいろいろいるようです。こちらも朝日と同様にも思えます。ただ、まだラジオは大かた公平であるように思えます。
私は朝6時半ごろから8時頃までNHK第一、夜五時半ごろから7時過ぎまでもNHK第一を興味深く聞いています。
特に朝のアナウンサーは聡明で、「ビジネス展望」のゲストなどほとんどが素晴らしい読みをしています。
朝は途中文化放送も聴きますが、まぁそこそこです。
そのようにラジオはまだましな様子です。
(と言いましても、他は程度が低くて、、)
今のラジオを資本分離できたら、と願ってしまうくらいです。

 !うにまろ!日記 | 2009.11.01 21:08

狂犬を創る論理と大衆社会

まず、いい人の飼い主と忠実で愛想のいい犬(めったに吠えない噛まない)がいたとしよう。
品の良く見える初老の詐欺師が、飼い主に近づく。勿論獲物として。
犬が…

 本郷猛 | 2009.11.01 21:23

unimaro様、いつもコメントありがとうございます。
TV局におけるラジオというところはおそらくは、TV局内での権力闘争に敗れた人々が行かされるのでしょうね。だからこそ真っ当な人がラジオ局にはいるというのはわかります。逆に権力を握った者は完全な戦争屋の手先(戦争屋の手先だからこそ権力を握れたのかもしれません)
そういうマスコミ人たちは「大衆の味方」面をしていますが、その実は「大衆の敵」であることを世論として形成していくこと。それが当面の重要な課題だと考えています。

 よく考えよう | 2009.11.01 23:54

やはり幹事長小沢一郎は重い

先の参議院に続いて今回の衆議院選挙での民主党躍進に果した政治家小沢一郎の働きは大きい。自陣を固め、敵を自ずから崩壊に持っていった姿は流石である。それに引換…

 ななし | 2009.11.05 7:39

コメントを入力してください
日本のマスコミも実は、戦後はずっと米国の傀儡に過ぎなかったんだと思いますね。
高度成長で気付きませんでしたが。
今思えば、既に70年代からその本来の姿を見せるようになりました。
田中角栄叩きがそうですね。
それが露骨になり始めたのがプラザ合意後です。
更に94年に年次改革要望書が出されるようになって更にそれが加速。
そして小泉・竹中後はより傲慢になり、最早どこの国のメディアかわからないようになってしまいました。
大事なのは、その構図に多くの国民が気付く事だと思います。
マスメディアの世論誘導、洗脳とは逆の選択が正しいのだと国民の多くが気付けば良いんですがね。
朝日は変節していませんよ、ニュースステーションやサンプロは初めっから米英=新自由主義の主張を垂れ流しておりました。
彼らが弱者の代弁をしていたのは、朝鮮・韓国系の人が負け組であった時代だけです。
彼らが米国をバックにして孫や宮内、あるいはパチンコ、サラ金
、風俗、IT、金融で勝ち組になった今は強者の代弁をするのみです。
視点を変えれば実に分かりやすい構図だと思います。
構造改革も、税制改革も、様々な規制緩和も国民の為じゃなくてそう言った外国勢力の為だと考えれば実に理にかなってます。
また逆らえば通商問題や為替や歴史問題で日本叩きをするのも目に見えてます。
昨年来からの円高やトヨタのリコール問題叩きはそのほんの手始めだと思いますね。
90年代を思い返せばそうでしたから。
で、その脅しに屈したのが橋本内閣がやった金融ビッグバンでしょう。
橋本総理の米国債を売ってしまいたい衝動に駆られる発言はうっ憤のあまり思わず言ってしまったと解釈しております。

 本郷猛 | 2009.11.07 23:21

ななし様、コメントありがとうございます。
>日本のマスコミも実は、戦後はずっと米国の傀儡に過ぎなかったんだと思いますね。高度成長で気付きませんでしたが。今思えば、既に70年代からその本来の姿を見せるようになりました。
同感です。おそらくは敗戦後のGHQ占領と、マスコミ人たちの米留学による洗脳によって、数十年かけて米→日本のマスコミ支配は完成したものと考えられます。ちょうど’70年代アメリカの凋落が明らかになり、以降アメリカ、とりわけ戦争屋は日本マスコミをフル活用して日本支配に乗り出したのでしょう。

 wacky | 2009.11.17 21:41

>親・戦争屋の大手マスコミの行動パターンを注意深く観察すると、自民党、民主党にかかわらず、戦争屋の気に入らない政治家に嫌がらせしていることがわかります。
上記の文を読んで、一つ疑問が出てきました。
親・戦争屋の大手マスコミが、とにかく気に入らない政治家に嫌がらせをしたのは何で?という点です。
マスコミの基本構造を捉える事で、自民・民主に対象を限らない理由が見えてきました。
マスコミというものは批判が仕事です。つまり批判する事で儲けが生まれる。批判は新聞に載りますが、この新聞の売上数が儲けを規定します。この批判する対象を誰にするか、ですがここで親・戦争屋の判断によって決まるという仕組みです。

 hermes bags pink | 2014.02.03 10:13

hermes website australia 日本を守るのに右も左もない | 日本のマスコミは戦争屋の手先であり、大衆の敵である

Comment



Comment


*