2006年11月30日

知識人やマスコミが庶民の味方というのはウソだった

以下は、るいネットの投稿「高見に立つ、その姿勢に断が下される」からの引用。

>一昔前から現在にかけて、新聞の売り物は中立・不偏不党であった(実際にそうであったかはここでは問わない)。社会に対する監視人=チェックマンとしての自己規定=基本姿勢である。それらによって、社会に対して観察者=傍観者であることがいわば正当化されていた。それどころか、それが一歩高みに身を置いた高尚な姿勢であるかのようにもてはやされていた時代であった。

知識人の評論家的姿勢やマスコミの中立性の根拠になっていたのが、彼らが「庶民の味方、代弁者である」という理屈である。庶民の味方だから、国家権力や私企業から距離を置き迎合しないという理屈である。つまり、彼らは、庶民の味方であることを根拠にして、中立=傍観者であることを正当化し、一方的に庶民の共認を支配する特権的身分を獲得してきたとも言える。
「知識人やマスコミが庶民の味方である」という、その理屈そのものがウソだったのではないだろうか。実際、マスコミや多くの知識人が政府自民党べったりになり、マスコミが広告代理店の言いなりである。そのことに既に多くの庶民は気づきつつあるのではないだろうか。(本郷)

  投稿者 hongou | 2006-11-30 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配2 Comments » 

ホワイトカラー・エグゼンプションの導入が検討されているようですが、、、。

typist%5B1%5D.gif

政府は、一部の事務職に裁量労働制を取り入れて残業代をなくす、ホワイトカラー・エグゼンプションの導入を考えているようです。

労働の効率化・健全化を目的とした導入だということですが、果たしてどれだけの成果が得られるのか、疑問です。
続きを読む前に『ポチッ』とクリックお願いします :D

(さらに…)

  投稿者 yoshi23 | 2006-11-30 | Posted in 10.日本の時事問題5 Comments »