2006年11月21日

「人命は地球よりも重い」?

最近ではさすがの人権派も恥ずかしくて使わない( )ような歯の浮くような言葉ですが、それが首相の口から公然と語られるという“事件”があった。
それは、米ソ冷戦が緊張緩和(デタント)の時代(1969年~1979年)。この時期、反(アンチ)の対象を模索する新左翼勢力のテロ組織である日本赤軍は、世界各地でテロ活動を繰り返していた。
その一つが1977年の「インド・ダッカハイジャック事件」
jal-hijack%5B1%5D.jpg
パリ発東京行きの日航CD8型機が、インドのボンベイ空港離陸直後に日本赤軍によってハイジャックされる。犯人らは乗員・乗客141人を人質に、身代金600万ドル(当時のレートで16億円)と服役中の仲間9人の釈放を要求。
このとき日本政府は要求の受入可否でもめた挙句、福田総理の「人命は地球より重い」との見解から、いわゆる「超法規的措置」として犯人側の要求どおりに釈放犯6人(3人は出国拒否)と身代金を引き渡してしまったのだ。
犯人と真っ向から戦わず、その言い訳として「人命は地球より重い」などという誰も反論できない旧観念を持ち出して逃げをうった福田総理。当時、世界各国から日本政府の弱腰姿勢に対して批判が集中そうだが、それも当然だろう。
その一方で、日本政府から満額回答を得た日本赤軍といえば、この軍資金と有力メンバー奪回によって、その後も国際テロを継続していった(※1986年ジャカルタ事件、三井物産支店長誘拐事件、1987年ローマ事件、1988年ナポリ事件は、同組織との関係が指摘されている事件)。
目の前の現実と戦わない言い訳として旧観念が使われる典型例、をここに見ることができる。
参考:事件史探求(写真も同サイトより引用)
日本赤軍:ウィキペディア

  投稿者 seiichi | 2006-11-21 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配6 Comments » 

新聞社のモラルってここまで、落ちていたのか?

 日経新聞で、「近未来通信のIP電話のオーナー募集」の広告を見たとき、過当競争のIP電話で、そんなに儲かるのかな。そもそも事業として成り立たないのではと思った。しかし、何度も掲載されているのを見てるうちに、日経にこれだけ広告が載るということは事業として成り立っているのかなと思っていた。
 しかし、今日のニュースで事務所閉鎖というのを見て、やはり詐欺まがいだったのだと納得した。
「投資者は3千人、4百億円規模に 近未来通信」リンク
 気になったので、ネットで少し調べてみると、既に、4年以上前から怪しいという声が上がっていたらしい。
 出資者は派手に募集しているけど、肝心のユーザは?とか実態の怪しい会社というのは、言われていたようだ。
  それが、今年になっても、朝日新聞や日経新聞といういわゆる一流紙でも、繰り返し広告を掲載していたのは何だったのだろう。

リンク
今回わかったのは「株式を公開してなければ、経営実態はほとんど明かさなくても良い」らしいこと。
あんなに派手に宣伝してるし、しかも通信事業者なのに経営実態がほとんどわかってないらしいから、それが一番びっくりしたことだった。新聞、TVやゴルフトーナメント運営してる人たちは、もうすこしそのスポンサー会社が怪しくないか調べる必要があるんじゃないかと思う。これじゃ、詐欺の片棒を担がされてると言われても仕方ない。

近未来通信のオーナーたちよ、新聞社も訴えろ
オーナーたちよ、併せて新聞社も訴えるべきだ。>「出資したオーナーの中には、一流紙に広告が載っているから、安心できる会社、と判断した人もいるだろう。
最初はうさんくさいと思ったが、新聞がずっと広告を出しているので、これは確かなのかもしれない」と信じる人もいたことと思います。
かくいう私もそう錯覚したもので・・
新聞社の信頼は今回の事件で著しく低下しましたね。
Commented by tetorayade at 2006-11-18 20:46
> fmat21 さん
広告倫理規定はあるはずです。その中に詐欺まがいの広告は絶対はねられるはずですが、購読収益が落ちる中、新聞社の営業部はそんなことをいってられない、という現実が浮き彫りになってきています
ね。

 そうか新聞社も商売だから、金さえもらえれば、実態など何も分からなくても、じゃんじゃん広告を載せるんだ。特に最近は、購読者が減ってるとから、かなり怪しい会社の広告でも載せてしまう時代なのですね。未だに新聞を信じていたほうが馬鹿だったと言うことですかね。
 
 新聞を見る眼が変わったという方は、クリックをお願いします。

  投稿者 tama | 2006-11-21 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配8 Comments » 

民主党の試金石

アメリカの二大政党といえば、共和党と民主党。
南北戦争で綿花畑の大地主として奴隷解放に反対し、南軍に身を投じたのが共和党の前身、
工業生産を先取りし、より観念的原理的に奴隷解放を捉え、北軍として闘ったのが民主党の前身
と捉えるのは図式的過ぎるにしても、バタ臭いおっさんが共和党、洗練された東部エスタブリッシュが
民主党と捉えるのは、わかりやすすぎか?
続きはこちら

(さらに…)

  投稿者 urara | 2006-11-21 | Posted in 10.日本の時事問題24 Comments » 

Google八分

インターネットの検索エンジンで世界ナンバー1のシェアを誇るのがgoogle。
最近ではGoogle Earthの問題(衛星写真が鮮明すぎる、機密情報の漏洩)、You Tubeの買収などで話題になりました。
インターネット利用者なら誰もが知ってるgoogle。
ところでGoogle八分という言葉を知ってますか?
↓↓↓ワンクリック×2して続きをどうぞ

(さらに…)

  投稿者 yosikazu | 2006-11-21 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性10 Comments »