2010年06月30日

6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(5) 本能的な秩序収束⇒課題収束⇒草の根共認⇒ネット収束

     japan-thumb-390xauto.jpg

日本人は物を考えたことがあるのか?

日本人は物的な工夫思考は得意。身近な集団をどうする?ということも考える。ところが、社会的な思考力は貧弱で、「国家・社会をどうする?」ましてや「世界をどうする?」などはほとんど考えたことがない。

続きに行く前に、応援よろしくお願いします :wink:

(さらに…)

  投稿者 gabor | 2010-06-30 | Posted in 12.現代意識潮流2 Comments » 

6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(4) 力の原理の崩壊→米中欧崩壊で日本人は考え始めるか?

bu_de.jpg
画像はコチラからお借りしました。
歴史をさかのぼって、数千年間の私権時代に新認識が登場した事例は、古代宗教と近代思想だが、近代思想は神が個人に摩り替わっただけであり、その認識構造は古代宗教の焼き直し(架空観念)にすぎない。
従って、古代宗教に焦点を絞る。
ワールドカップ同様に、こちらも応援よろしくお願いします!
いつもありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 hiroaki | 2010-06-30 | Posted in 12.現代意識潮流1 Comment » 

6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている

6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか? に続きます。
          %E4%BA%8C%E5%AE%AE%E5%B0%8A%E5%BE%B3.jpg
近代社会が金貸しによって支配されているという認識など、近代社会の騙しの構造が最近になって次々に表出してきています。こんなことは今までほとんどありませんでした。このようにボロが出はじめたのは、金貸しや特権階級(学者・官僚・マスコミ)がここに到ってかなり追い詰められているということではないでしょうか。
そのことに気がつくということ、そのような認識が登場するということは、この騙しの構造を突破する可能性がどこかに存在するということを意味するのではないでしょうか。
いつもありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 cosmos | 2010-06-30 | Posted in 12.現代意識潮流3 Comments »