2007年11月17日

読売新聞の歴史~正力松太郎という男

goto-newspaper.jpgpt3-02.jpgWATANABE%2520TSUNEOSAN.jpg
左から後藤新平、正力松太郎、渡邉恒雄です。
この人たちが、今ある読売新聞の歴史を作ってきた人たちと言っても過言じゃないでしょう。
読売新聞(渡邉恒雄会長)一連の「大連立報道」は、福田首相側から持ちかけられたことは知りながらも、敢えて小沢代表が持ちかけたと捏造報道をした。渡邉恒雄がその仕掛け人であることは間違いないことがハッキリしてきた今、改めて読売新聞の歴史から押え直していく必要がある。
「読売新聞・歴史検証」より、歴史の流れを抜粋してまとめた。
と、その前にいつものポチッとお願いします。 :D

(さらに…)

  投稿者 gabor | 2007-11-17 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配2 Comments »