2018年05月18日

力の支配の残骸・抜け殻としての制度支配・観念支配


最近思うのは、制度世界・建前世界への違和感が甚だし強くなっていること。

・学校:先生の前にポツネンと座って、一律(日本中!)同じことを朝から晩まで教え込まれる。
 先生の言うことを聞かないと内申点が下げられるのでビクビクしている。
・テレビ:テレビの前にポツネンと座って、一律(日本中!)同じことを朝から晩までタタキ込まれる。ただしここは強制力が働かないので、視聴率は下がっている。
※テレビを見ていると凶悪事件やへんな事件が増えているように錯覚するが実際は急激に減っている。リンク
 
・役所がよけいな仕事をどんどん作り出している・・・かなり辟易する。
 exマイナンバー制度や書類の多さ、そして手続きにいちいち本人証明の要求。
   環境やリサイクルとやることが増えていくが何か良くなっている?
   罰則の強化:車の運転、労働時間・・・
 そんなこんなで役人の仕事量も増えて、税金がかなり高くなっている。
・公務員同様にサラリーマンの建前世界。仕事も時間も割り切り。→社会の活力どんどんDN。
・医療や病院の世界も、どこも同じような健診や治療で医療費が増えているだけ、建前なんだろうな。本当に治そうとしたらもっといろんな追求する。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-05-18 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »