2007年04月10日

中国共産党~私有財産保護をもりこんだ物権法が10月に施行

胡錦涛主席 中国の国旗

 中国は、共産主義でありながら、市場の拡大を行い、ついに、その基盤を揺るがす「個人の私有権」の拡大にも着手しているようです。『短く斬れ 中国の物権法制定・・共産党と体制内改革』より、抜粋。

◆中国、農地私有を実質容認 社会主義の建前崩壊も◆第5回会議に上程、審議を経て採択される見通しの物権法で、農地の土地請負経営権(土地使用権)を物権として流通させられると明記されていたことが産経新聞の入手した最終草案(第7次草案)でわかった。

改革開放路線以降の中国の歩みを俯瞰的に見るならば「統制から私権拡大へ」の流れと言えるでしょう。一党独裁の堅持と私権拡大の流れ。この二つは相矛盾しており、どこかで限界を迎えるでしょう。彼らにとって私権拡大の流れは両刃の剣です。その流れに逆らえば世界の潮流に遅れ、経済的に落後し、しかし、潮流に流されすぎると一党独裁の統制システムを破壊してしまう。共産主義という、政治的・経済的統制主義に依拠した中国共産党の権力基盤はこの私権拡大の潮流に乗ることにより、危機的状態を迎えると思います。

 確かに、その通りですよね。しかし、なぜそのような動きが!?(なぜ、胡錦涛は党内の保守層の猛反発をくらってまでもこれを制定しようとしているのか?)

(さらに…)

  投稿者 toya | 2007-04-10 | Posted in 09.国際政治情勢の分析4 Comments »