2017年12月13日

空洞化し、消滅していく国家

新勢力による金貸し駆逐 ~株式・ドル暴落から金本位制の導入へ~ の続きです
先回、現状~近い将来に起こる新勢力(ロシア・中国)による旧勢力潰しについて書きましたが、今回はその後の近未来、国家が消滅していく・・・という見通しついて。

●戦争がなくなる → 国家が消滅していくのは不可避
戦争は約5500年前のイラン高原で、乾燥化→飢えを契機に始まった。そしてその戦争圧力に対応するため、武力支配国家が形成された。皆殺しの略奪闘争が繰り広げられ、勝者がすべてを所有し、敗者を奴隷として従属させる序列統合国家が成立した。戦争が世界中に広がり、国家同士が領土をせめぎあう社会が成立した。それが20世紀中ごろまで、約5500年間続いた。
国家と市場の退場

国家とは、戦争圧力によって形成された。そして、現代ほぼ戦争がなくなり、今後も封鎖されていくだろう。国家という存在が消滅していくのは必然と言える。

にほんブログ村 政治ブログへ

●豊かさの実現→すでに国家は内部から空洞化している
上記の戦争が発生した契機を見ても、国家は、飢え・貧困⇒私権収束⇒奪い合い⇒戦争⇒国家の武力による統合という構造、大本は飢え・貧困が原動力になっている。
しかし、日本を始めとする先進国で1970年代豊かさが実現。戦争と国家を生み出した根元にあった飢え・貧困が消えた。戦争の原動力であり、国家の原動力でもあるものが既に内部から消えていたのだ。
’70「豊かさの実現」・・・人類は新しいステージに入った!

そんな先端の日本人の、現在の先端意識潮流は、脱強制・脱制度・脱市場である。
脱「強制圧力」の意識潮流

内圧から見ても国家は存在理由を失ったと言えるし、1970年の先進国の豊かさの実現、ついで2000年代の世界的な物的供給過剰状況が、ついに世界的な奪い合い⇒戦争の必要性を消失させたとも言える。
この世界的な状況下、戦争をメシの種とする戦争国家アメリカが、なんとか戦争を起こす為に無理やり作り上げたテロ戦争も、ついにロシアに封印されつつある。

●国家と民族集団との綱引きがはじまる
特に巨大多民族国家(アメリカ、中国、ブラジル・・・ロシアは?)の分裂は必須。すでにアメリカ、中国では、州や自治区の分離独立運動が顕在化している。※欧州奥の院が仕掛けている各地の独立運動の実験もそのような見通しからと思われる。

プーチン、習近平は新勢力(民族派)であるが、金貸し駆逐のために、一旦国家権力(中央集権)を究極までに高めないと勝てない。そのため、国家統合を基盤にするという視野の限界を孕むことになる。民族派が金貸しを駆逐して、戦争をなくし、国家の独立性を高め、豊かさを謳歌すればするほど、より本源に根ざした各地の民族の独立心が高まっていく。

●強制圧力を強め生き残りを図る国家
国家は、民族自立を認め細分化するか、或いは強制圧力を強めて生き残るしか策がない。・・・・その先端例が、真っ先に貧困を克服し豊かさを実現した日本。日本政府・官僚は統制・強制圧力を強めることしか考えていない。彼らが国家という枠内で生き残ることしか考えられないから。(日本の状況については詳しくは次回分析します。)

★すでに追求力・創造競争の時代に入った。国家が強制圧力を強めれば強めるほど、不整合感が増し、脱常識、脱強制、脱制度⇒脱国家の動きが顕在化していく。この数十年で強制圧力を超えた活力が企業集団や民族集団から湧き上がり国家を解体、内部から塗り替えていくだろう。

by Hiroshi

List    投稿者 nihon | 2017-12-13 | Posted in 12.現代意識潮流, 16.国家の支配構造No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2017/12/7315.html/trackback


Comment



Comment


*