2011年07月04日

『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ10 残る観念は、頭で塗り替えたら終い

今こそパラダイム転換が求められる時シリーズも今回で10回目。残すところあとわずかです。
前回の投稿

テレビ離れが進んだとはいえ、元々、モノを考えない日本人は、まだ、マスコミの影響を強く受けています。最後に残された壁は、この手負いの金貸し→マスコミ支配の壁となります。

ということで今回は、残る壁マスコミの共認支配をどうするか?がテーマです。
リンク

既に、最も重要な下部意識は、私権収束から本源収束へと転換した。従って、今後(30年間)は、上部意識=観念に焦点が移る。社会の最先端では、旧来の私権闘争に代わって、観念闘争が、最もホットな場となるだろう。
(中略)
既に述べた様に、旧パラダイムと既成観念は、本源収束の出口を塞ぎ、社会を八方塞がりの状態に陥らせている。もしこのまま、旧パラダイムから脱却できなければ、人類は滅亡する。
(中略)
数億年・数百万年の塗り重ねによって形成された下部意識を、頭で都合良く変えることなど出来ないが、観念は頭で塗り替えたら終いだからである。

確かに残る観念は頭で塗り替えるだけなのですが、現実は未だ多くの人がテレビを中心としたマスコミの影響を強く受けています。
例えば今でも原発が安全だという報道をそのまま信じている人がいますし、少し前のブタインルエンザの時は、実際には効果のない無いのマスクをした人が街中に溢れかえりました。
既にテレビの視聴率は年々さがり、新聞の購読数もジリ貧の状態にありますが、それでも何故人々がこうも簡単にマスコミの共認支配に絡め取られてしまうのでしょうか?
マスコミというのは大きな共認形成機関ですが、そもそも有名である(知名度が高い)こと自体が、皆の評価を得ている事の証と受け止められています。従って知名度のあるマスコミが発信することに対して、普通の人は中身はどうあれ、皆の評価を得ているものという前提で無自覚に捉えてしまうという構造にあるのです。
このように観念を塗り替える前に乗り越えなければならないマスコミ支配の壁がありますが、どうすればこの壁を突破できるか?その可能性を考えてみます。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


前回から続きの可能性・・・・
☆可能性9 時代は既に実現思考の観念パラダイムに転換した!・・・これが実現基盤

しかし我々は、遂に、生存圧力に基づく現実否定→倒錯思考の観念パラダイムを全的に逆転させる新パラダイムを見出した。それは、同類圧力に基づく現実肯定→実現思考の観念パラダイムである。
それは、とことん現実に立脚し、現実を直視し続ける思考パラダイムであり、旧パラダイムの生み出した倒錯観念(古代宗教)や欺瞞観念(近代思想)を全否定して、本源収束を導く全く新たな状況認識(誰もが認めることのできる事実認識の体系)を構築してゆくだろう。

シリーズ6でも述べられてきた現実否定の倒錯思考を超えて、現在は現実直視の実現思考の観念パラダイムに転換したのだという状況認識は重要です。現実を変えるとことが出来、現実を見据える事が可能になったからこそ、現実の役に立たないものを捨てる事が可能になったからです。
これが社会不全の高まりにも係わらず相変わらず答えの出せない(現実の役に立たない)テレビが視聴率を落とし続けてきた根本原因なのでしょう。
この現実直視の実現思考というパラダイム転換が、マスコミの共認支配を突破する実現基盤になると考えられます。
☆可能性10 女原理(女発の充足、安心期待)によって社会は変わる!
テレビの影響をもろに受けているのが、家でテレビを見る時間の長くなりがちなお母さん達ではないでしょうか。しかし原発事故を契機に、子供達をどう守るか?という現実課題に直面し、この層がマスコミ不信からツイッターなどのネットで事実収集と可能性探索を始めています。本能的な危機を受けてこれが基盤となって男達が立ち上がり、考え始めるきっかけになるではないでしょうか。
またマスコミの影響度合いが高いこの層が変わることは、共認形成上も大きな変化をもたらす
でしょう。

そもそも日本人は、強い共同体的基盤ゆえに、何かの不全に対して周りを見回して行動しがちです。従って自分だけ・・・自分のため・・・だけでは行動しにくい、変わりにくいという特徴があります。しかし一方で、今回の福島原発事故を契機としたお母さんたちのように子どもためやみんなという他者ためなら行動できてしまうのです。
現在はマスコミ支配によって形成された支配共認によって集団そのものの行動や思考が制限された状況ですが、マスコミ支配から脱却できさえすれば、日本人の特長ゆえに一気に大転換する可能性を秘めています。
☆可能性11 マスコミの騙し構造をどんどん発信していく。観念的に固定化すれば騙しを見抜く事ができる。

既に多くの人がメディアの報道について、胡散臭さや不十分さを感じていると思います。それでも、現実にマスコミ報道の論調に左右されてしまうのは、マスコミの持つ騙しの構造が明確に固定化されていから
ではないでしょうか?
入り口として、電通を中心としたマスコミの支配構造や、記者クラブ制度による政治官僚とマスコミの結託などの構造を、観念的に固定化できるだけでも、マスコミ報道の裏側をある程度読むことが可能となりそれだけ騙しにも気づくことができます。
このようなだまし構造そものを発信し、広めていくことが騙し支配からの脱却に繋がります。実際ツイッターでもこのような騙し構造発信に対する反響は大きい
です。
これからのテレビを中心としたマスコミの正しい見方は、それを監視する目的で見るというのが正しいのではないでしょうか?
実際ツイッターでも、情報番組の発信内容に対する「それはウソやろ」といったツッコミや裏事情が多く発信されていますが、これはマスコミのうそや誤魔化しを暴くのに大きく役立っていると思います。
☆可能性12 大衆発の社会共認期待を受けた政治家が変化を後押しする!
’10年夏なんで屋劇場ノート8~「特権階級の世界」と「大衆の世界」~2つの世界の断絶と接点は?

おそらく、そのような大衆発の社会共認を受け止める形で、現在の特権階級に止めを刺し、制度の壁を突き崩す役割を担うのは、政治家になるのではないだろうか。

一部ではありますが、反原発、脱原発という庶民の声を受けて具体的に行動し始めた政治家たちが存在します。
河野太郎:自民党代議士 反核燃料リサイクルを公言。過渡的な原発は容認しているが、ブログを通じて原発推進派からは決して発信されない政治家、官僚や電力会社の嘘や誤魔化しを暴きその情報はネット界でも話題になっている。
保坂展人:世田谷区長 元国会議員。脱原発を掲げてこの春当選。勉強会や啓発活動を通じて区民の草の根の広がりで脱原発を志向。リンク
山本太郎:俳優 子供達を守らねばという強い思いから、仕事が干されるのを覚悟で原発問題に声を上げる。所属事務所に迷惑をかけるという理由で事務所を離れる。政界進出が噂される。
☆可能性13 マスコミに変わる認識形成サイト(社会統合サイト)によって最終宣告を下す!

リンク

おそらく、万人(素人)による認識の創出と共認形成の場(=統合サイト)が、いずれ新たな社会統合機構となって、彼らに最終宣告を下すことになるだろう。

現状のネット利用は社会不全による高まりにも係わらず、本当の事を報じないマスコミに対する不信から、ネットを通じて事実収集を行うとともに、状況認識の刷り合わせを行っている状況だと考えられます。特に震災、福島原発事故以降は顕著で、以前にも増して活発なやり取りが行われています。
これらは、おもにツイッターやフェイスブックなどのSNSを通じて行われていますが、これらの共通点は、(いいと思った他者の発信を広める)リツイート機能や「いいねボタン」などの評価ツールによって、発信した情報の広がりが実感でき、みんなの役に立った感、つまり共認充足を高める仕組みがうまくセットされている事だと思います。そして何よりそれらの充足エネルギーを元に、皆が情報伝播の媒体となって実際に有益な情報や認識が広まっていくということでしょう。
前に知名度の高いマスコミはそれだけで、無自覚なプラス評価を前提にしていると書きましたが、ツイッターやフェイスブックなどの評価機能は、それら無条件なマスコミプラス評価を覆す契機にもなっています。
一方で、ツイッターにせよ、フェイスブックにせよ、その場で本格的な問題の構造化を行うにはまだ遠く、実際は潜在思念の交換や情報伝達(拡散)ツールとしての色彩が強いと感じています。
従って当面目指すべきマスコミの共認支配を覆す、社会統合サイトのイメージは、
本格的な理論構造化を目指し、認識の中核となるサイトを運営しつつも
共認充足をエネルギー源とした情報伝達ツール=共認形成ツール(ツイッター、フェイスブックなど)との複層化した構造によって有益な認識が広まり、共認形成が図られていく。その結果、役立たずのマスコミは忘れられていく・・・・とったものでしょうか?

こうした新しい共認形成のなかで、おのずと観念は塗り替えられていくものなのでしょう。
以上の可能性9~12は、以前記事で触れた金貸し支配の手法①~⑥の内
③欺瞞観念の刷り込みを教育とマスコミを利用して行っている。中身は近代思想→個人主義思想
を打ち破っていきます
   
  
 

List    投稿者 kichom | 2011-07-04 | Posted in 12.現代意識潮流1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/07/2018.html/trackback


コメント1件

 青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ | 2012.05.26 22:51

青山繁晴「たかじんNOマネー」 5月26日 スゴイ経営者ナンバー1決定戦・日本の歴史を変えた天才経営者を勝手にランキング!経-1グランプリ You Tube

本日(2012年 5月26日)放送「たかじんNOマネー」の動画を見つけました。
直ぐに削除されますので、お早めにご覧下さい。
下記サイトより転載致しま…

Comment



Comment


*