2016年10月11日

暴走するお上、秩序崩壊と意識潮流・・・突破口は開かれた。

武力や資力が人々を収束させる力を失って行く中で、権力や利権を何とか維持するために暴走する国家・お上。
人々・庶民は、お上が暴走すればするほど、“何かおかしい”、“今後どうなる?”・・・と、不整合感と自給意識を高めている。

★ここでは、人々の意識が、お上の暴走etcでどのように変化していったか追い、今後どう意識が変わっていくのか追求する。

にほんブログ村 政治ブログへ

思い返せば、2009年の民主党政権への期待が、顕在意識レベルで、現社会的枠組への最後の変革期待だった。
その後の原発事故とお上・エリートの詭弁は本能レベルでの危機感を直撃。直感的に、利権集団に過ぎないお上とその手先のエリートの構造を捉えた。
→求めているものとなんか違う、住んでいる世界が違う感覚。なんとも言えない違和感・不整合感の生起。
→民主党も自民党もダメ、自民党はマスコミを総動員したが効果なし、それが2012年以降の不正選挙という禁じ手の動機。
→このお上のなりふり構わない姿勢(権力維持のために“不正選挙でもなんでもやるぞ”という意思・暴走)により、人々の違和感・危機感は心底でさらに増幅。
既存枠組み離脱を本能レベルで決意。
自給志向・勉強離れ(本質は序列社会の終焉)=自分の頭で考える欠乏の生起、意識潮流の大転換

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※底流には1970年ごろの豊かさの実現(貧困の消滅)、その後の本源収束(共認・自然収束)の大きな潮流がある。
1970~1990年代までは、やりがい、自己実現を求めていた時代。お上を信じ、自分も序列上位に行ける可能性を探索。
2000年頃、金融危機。“お金第一の価値観”も消滅→お金に代わる価値、収束先、“自分探し”の模索状態。

【近10年くらいの現象と意識潮流】
・2005年
小泉フィーバー、マスコミへの違和感登場
・2008年
米、リーマンショック、世界的な市場縮小へ
・2009年
自民党政権崩壊、民主党政権成立
・2011.3月
3.11東北大震災、福島原発爆発
・2012.12月
衆院選不正選挙 → 若者の勉強意欲喪失、序列社会崩壊の予感
アベノミクスと日銀による異次元緩和開始
その後、年金資金を投じて株価維持
・2014年
消費税増税など増税ラッシュ
・2015年
マイナンバー導入
各地で教育革命、追求力革命が始まる(公立高校での追求型授業広まる)
・2016.6月以降
英、EU離脱国民投票
ドイツ銀行破たんの可能性、市場秩序が世界的破綻の予感
アメリカ大統領布告「未知の危機」に備えよ!!リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

支配層は、表向き華やかなアベノミクスや五輪誘致でごまかしながら、一方で、一人一人を狙い撃ちしたマイナンバーや増税ラッシュ、なりふり構わない政権運営を続行。その間も、世界的な市場の縮小・崩壊現象は続いている。2016年6月以降はさらに市場崩壊が顕著に。

人々の意識は、脱市場社会に向けてさらに、自給志向を高め、その力となる追求力・先読み力を高める方向に向かっている。
その突破口が2015年あたりから開き始めた(それが教育革命・追求力革命)。この動きは、奇しくもプーチンによる金貸し駆逐の動きとリンクしている。深い部分で可能性を看取、連動していると思われる。・・・この追求力が、現実的な力の基盤を失いつつある支配層を凌駕するのは、もはや時間の問題。

(by Hiroshi)

【関連記事】
自給期待と日本の近未来10 秩序崩壊の危機感⇒追求力の時代へ リンク
脱市場に向けた追求機運 2 市場からの撤収 リンク

 

 

 

List    投稿者 nihon | 2016-10-11 | Posted in 12.現代意識潮流No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2016/10/6115.html/trackback


Comment



Comment


*