2009年12月14日

社会可能性の直感・・・我々は認識を武器として生きてゆけるか!シリーズ-3~新パラダイムの効用2 答えを教え広める動因

こんばんは~
前回は、【現実否定の意識から開放されれば、一気にプラスの活力上昇が見られる】ことをクレームはチャンス!を事例に紹介させていただきました。今日は、その上昇活力は自らの活力に止まらず、周りの人々へと広がってゆく、その必然構造をお伝えします
同じく四方さんのるいネット投稿『新パラダイムの効用2 答えを教え広める動因 』より
四方さんは、まずズバっとこう言い切ります☆

●人々が一番求めており、可能性を感じるのがパラダイム転換の言葉なら、その認識を教え広めることが(=人々の期待に応えることが)最大の活力源=動因になる筈である。

これは実は、現実場面での事例がたーくさんあるんです !!
なんでや露店に立ち寄り、なんで?に答えてもらってスッキリした人は、その答えを周りの同じように悩んだりモヤモヤしている人に、必ず!発信 してくれてるんです♪ そうやって友達の相談に乗って、なんでやさんで教えてもらった答えを話したら、相手がすっごく喜んでくれたんですよー(≧ー≦)♪というのは、本当によく聞く話なんです
%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%84%E9%9C%B2%E5%BA%97.jpg
写真はこちらからいただきました。
喜んでくれたら、嬉しいですよね☆
でもね、相手が喜んでくれて嬉しいのは、共認動物たる人類にとっては、ある意味当たり前です。だったら、悩んでいる友達の話をウンウンってただ聞いてあげるだけでも、相手は喜んでくれそうですよね。
でも、それが最大の活力源になるでしょうか???
うーん、なんか、イマイチそうですよね。
そうなんです!!
ここで大事なのは、教え広めるのがまさに、【答え=パラダイム転換の言葉】だからこそ!という点なんです
続けて、四方さんの投稿を読み進めてみましょう
励みになってます  応援お願いします

にほんブログ村 政治ブログへ

●人々の答え欠乏は、答え=パラダイム転換の言葉が与えられて初めて顕在化する。まずは、それ(答え)に気付くこと。それさえ気付けば(=理解すれば)、後は自分で考えてゆけるし、考えるにつれてより具体的な答え(=個々の構造認識)が欲しくなる。
●つまり、まず最初の言葉(=パラダイム転換の認識)を与えた時から答え欠乏が顕在化し、より具体的な言葉を与える度に答え期待が強くなってゆく。
相手との関わりの中で顕在化し強まってゆくこの顕現期待こそ、実現派の最も大きな活力源となる。

【人々の答え欠乏は、答え=パラダイム転換の言葉が与えられて初めて顕在化する。】
この認識は、とっても大事です
みなさんも経験ないですか
「あなたが求めているのは、こういうことなんだね。」と言われて初めて、そうなんだー♪と気づくこと。なかなか言葉化できなくって、もどかしく思っているときに、スッとそれを言葉にしてくれたときの、そうそうそれー :D !!という感動
そして、それはまさに潜在思念とぴったり合う観念だから、すごく使いやすい☆
私はるいネットで『認識仲間』という認識を与えてもらって、すっごくまさに求めていたのはこれ~ って思っちゃいました
家族でも、先輩後輩でも、上司部下でも、恋人でもない関係だけど、ともに認識を学びあい、社会を一緒に創ってゆく仲間。そんな認識を紐帯とした関係がある
その言葉が与えられて、誰とでも認識仲間になれるんだ!そう気づいたとき、可能性がぱぁ~っ と広がったことを、今でも記憶しています
いままでの、学校が一緒、生まれた地域が一緒etcという友人関係、家族関係をひょいと越えて、社会に向かう広がりがそこにありました。
『認識仲間』という言葉が与えられて初めて、そんな繋がり、関係を築いていきたいという想い(欠乏)が顕在化したんです!!こうやって今ブログ に私が発信しているのも、この認識のおかげです
%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%A9%EF%BD%9E.jpg
なんでやカード

以上のように、まず発信する中身が答えであること。そしてもう一つ大事なのことがあるんです。それは、答えが与えられるのを待っているのは、自分だけでなく、みんなも一緒なんだということです。
『みんな「どうにかしたい」と感じている⇒発信すれば、気付いてもらえる』
>なんで屋さんで学んできた認識が初めて役に立ったと感じた出来事でもあり、「やっぱり、なんで屋さんはすごい!すごく社会の役に立っている!!」と再認識した出来事でもありました。
これからもみんなで勉強して、積極的に発信し、気付き⇒可能性を広げていきましょうね♪

このるいネットに投稿された事例が、まさにその証明です。
答えが与えられ、答え期待が顕在化すれば、それはまさに自分だけでなく周りのみんなも同じなんだと気づける。だったら、その答え期待に応えたい!という思いが生起するのは、必然ですよね。
さらに!!この構造のすごいところは、そういう人が増えれば増えるほど、答えを与えてもらえる人は増えるわけですから、ますます答え期待は高まり、そして、ますます答え期待に応えようとする人も増える♪ってところ。
まさに、充足活力スパイラルなんです♪
%E3%82%84%E3%82%8B%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%B4%A0.jpg
なんでやカードはこちらで☆
どうです?最大の活力源となること、なるほど~と思っていただけたでしょうか。
次回は、またまた観念パラダイムの点検に戻ります。
こうやって、ひとつひとつ、効用=可能性と、点検=矛盾点はないか?論理は整合しているか?を繰り返して、認識は出来上がってゆくのですね。ありがたいです

List    投稿者 mituko | 2009-12-14 | Posted in 12.現代意識潮流3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/12/1478.html/trackback


コメント3件

 正直者 | 2010.07.13 21:36

>、「事実の開示」→「共認」による、「必要か否かの判断軸の土俵」が形成されつつあることではないでしょうか
「事実の開示」これは、共認時代の必須事項と思います。虚偽報告に関して世論の反発は驚くばかりです。今マスコミは「都合の良い事(嘘ではないが事実ではない)」の報道を好き勝手にしていますが、これなども、社会的にたたかれる時が直ぐに来ると思います。正に、市民レベルでは「事実の開示」は、当たり前の事になりつつありますね。
しかし、国際社会をみると、騙し合いのオンパレードでどれが事実か解らない様に成っています。
そこから、騙される方が悪い、自己責任、個人情報保護法等など気になる動きもありますね。

 tyani | 2010.07.15 22:07

>正直者さん
コメントありがとうございます!
おっしゃる通り、現在官房機密費問題で一部マスコミが叩かれていますが、今後さらにマスコミの暴走が続けば、社会的に淘汰されていくでしょう。
しかし、マスコミの背景には国際社会の中で強大な支配力を持った金貸しが存在します。
国際社会での壮大な隠蔽・誤魔化しはすべてこの層の人達によって行われていると言っても過言ではないでしょう。
(詳しくはhttp://www.financial-j.net/blog/をどうぞ)
マスコミが「事実」を報道しないのも、マスコミこそ、この金貸しによって作られ、未だ金貸しの影響を受け続けているからです。
「社会を丸ごと引き受ける」当事者となり、「みんな」で社会をつくっていく為には、まずマスコミに代わる「事実」を元にした新しい共認形成の「場」を「みんな」でつくっていくことが必要です。
その「場」の入り口として今後も様々な事象を追求し、「事実」を伝え、さらに当シリーズにおいては自ら当事者として社会収束している庶民層の事例を引き続きUPしていきたいと想います!!
今後とも、応援よろしくお願いいたします!

 hermes holland | 2014.02.02 13:29

hermes 97076 日本を守るのに右も左もない | 庶民による社会統合気運の高まり その最先端の潮流を探る4 ~庶民の社会に対する当事者意識の萌芽~

Comment



Comment


*