2006年10月06日

勝ち組ほど、阿呆になる時代

>国を動かす仕事、それもかなり上の役職に・・・・
彼ら統合階級は、素人でも分かるバブルを5年にわたって放置し、(銀行トップに至っては土地漁りに狂奔し)、挙句の果てにバブルを崩壊させ、日本経済をどん底に突き落としてしまいました。
しかも、その渦中の株式戦争では日本勢は百戦百敗、巨額の利益を外資に持っていかれてしまいました。政治家も、官僚も、財界トップも、そして学者も、マスコミ人も、無能の極みだったと見るべきでしょう。
さらに、今や国の借金は800兆に達し、環境破壊と精神破壊も進む一方なのに、彼らは未だに何の答えも出せずにいます。無駄メシ食いと言うしかありません。
彼らは、いったいどうなってしまったのでしょうか?
いや、どうしたら、ここまで阿呆になれるのでしょうか?
それは、人類が、これまでに獲得してきた認識群ではどうにもならないような大転換期を迎えたからなのです。
1970年ごろに貧困を克服した先進国は、過去3千年の人類史を覆すほどの大転換期を迎えました。それは一言で言えば、自分第一の社会から、みんなで作ってゆく社会への転換です。
そこでは、自分第一の時代を導いてきた認識群はまったく役に立ちません。みんなの時代を導く新しい認識群(新理論)が必要になります。
しかし、彼ら国を動かす地位にある人たちは、旧認識を売り物にしてその地位を得ています。旧認識を捨てれば、たちまちその地位を失ってしまうので捨てることができません。
例えば、貧困を克服してしまった以上、市場は縮小してゆくしかありませんが、彼らは未だに市場拡大第一という古い観念にしがみついて莫大な財政投資をやり続けてきました。
その結果が、借金800兆であり、止まることを知らない環境破壊であり、精神破壊なのです。
もはや、彼らには国を動かす資格はありません。これからの時代は、旧認識にしがみつく必要のない素人が、みんなで答えを考え、社会を変え、国を動かしてゆく時代です。このブログも、みんなで答えを追求し、社会を変えてゆく場のひとつなのだと、私は思います。
                                                   縄文男児
 

List    投稿者 postgre | 2006-10-06 | Posted in 12.現代意識潮流1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/10/10.html/trackback


コメント1件

 hermes buy | 2014.02.01 15:35

hermes uk airdrie depot 日本を守るのに右も左もない | 『歴史認識』で安倍包囲網狭まるか

Comment



Comment


*