2010年04月04日

私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな発へ)~社会貢献が売れるわけ

%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%EF%BC%92_.jpg
ソーシャル消費の時代 よりお借りしました
今回は2/28(日)のなんでや劇場「私権時代に求められた能力と、共認時代に求められる能力」
(を受け、「るいネット」のお題「私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな初へ)」 より、皆の役に立つ投稿を紹介するシリーズの第4回です。
(第1回は「潮流1:共認原理と私権原理」第2回は「共認力だけが制覇力と統合力を兼ね備えている」第3回は’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束’でした。
今回の第4回は私権原理から共認原理への転換に伴い、自分たちのための『消費』や『仕事』からみんなの役に立つ『消費』や『仕事』へ転換しています。そんな事例を紹介していきます。
◆まずは【消費の転換】です。
モノが売れなくなったと言われて久しいですが、社会貢献志向の消費活動【ソーシャル消費と呼ぶ】に向かう人達が出始めているようです。

るいネット秀作投稿より引用します
『モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている』
%E7%99%BE%E8%B2%A8%E5%BA%97%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%BB%E8%A6%81%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AE%E5%A3%B2%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%81%A8%E6%8E%A8%E7%A7%BB.gif
百貨店・スーパー売上高グラフより借りました  物的市場の冷え込みは確実になってきています。

DIAMOND ONLINEより引用
■【マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ】モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている――。
・もちろん、社会貢献という名の商品があるわけではなくて、さまざまな社会問題の解決につながるモノやサービスが売れたり、NPOやNGOの活動を支援するチャリティ商品が売れているという意味だが、昨年のリーマン・ショック以降の世界同時大不況の中でも、これらの商品は売り上げを伸ばしている。
社会貢献志向の消費行動を『ソーシャル消費』と呼ぶが、この消費トレンドは、若者とアラフォー女性を中心に、30代男性、そしてシニアを巻き込むメガ・トレンドになりつつある。略
・筆者の本業はマーケティングのコンサルティングで、つまり生活者の消費志向を分析するのが仕事なのだが、その経験から言っても、このトレンドは、従来のものとまったく意味合いが違う。
従来の企業活動すなわちマーケティングとは、基本的に“個人の欲望”をいかに刺激するかがテーマだった。美味しいモノが食べたい、いいクルマに乗りたい、大きなテレビが欲しい、カッコいいスーツが着たい――。そういった欲望を刺激し、肥大させ、消費を拡大させる。時代が変わろうが、新しい理論が出てこようが、基本的なベクトルはこれまでかわらなかった。
・しかし、今度の『ソーシャル消費』は違う。個人の欲望より“他人の幸福”のために商品を購入するという、従来のマーケティングの常識からすれば180度真逆の、「コペルニクス的大転換トレンド」なのである。
・このトレンドは、すでに世界規模で起こっている。あの経営学の神様マイケル・ポーターまでが、「社会貢献したほうが企業も儲かりますよ」という内容の論文を書き、2006年のマッキンゼー賞を受賞した【注】。欧米の企業経営者はこの論文に衝撃を受け、こぞってCSRを企業戦略に統合するようになったという。その結果、コンサルティング会社では、CSRコンサルタントの数が足りなくて困っているという話も聞く。
・日本でもここ2~3年、大学生を中心とした20代の若者、そしてアラフォーの女性を中心に、このトレンドが顕在化してきた。そのことを示す、衝撃的な事実がある。

以下続く その前にクリック願います。
 

にほんブログ村 政治ブログへ

■女子大生も草食系男子も『社会貢献』には心が動く?
関西一のお嬢様大学・神戸女学院大学の内田樹教授が、自身のブログにこのようなことを書いている。
・内田ゼミを希望する学生が掲げる研究テーマについて、これまでは「ファッション」「ブランド」「女子アナ」「美食」など、消費行動に関するものが多かったという。しかし、昨年はそのようなテーマはゼロ。それに代わって登場したのは、「ストリートチルドレン」「麻薬」「売春」「人身売買」「児童虐待」「戦争被害」「テロリズム」「少数民族」といった社会的なテーマばかりが並んだというのだ。
・関西を代表するお嬢様女子大生が、マテリアルな消費ではなく、「社会問題」に関心が移っている。この事実を、企業人はどう捉えるべきなのか?
また、こんな事実もある。20年ほど前まで、若い男女が憧れるデートといえば、苗場にスキーにいったり、湘南や須磨海岸をドライブすることだった。そのために若い男は、借金してでもカッコいいクルマを買った。しかしいま、デートの時にドライブしたいという若者は、たったの1.8%しかいない。どおりでクルマも売れないはずである。
・一方で、消費者金融からお金を借りてでも、カンボジアの地雷撤去の現場を見学したり、ピースボートに乗って世界の途上国の人と交流する若者は増えている。クルマは買わない、お酒も飲まない、服も買わない、デートも自宅。とにかくお金を使わないといわれるいまの若者も、社会貢献にはお金を使い始めている。

%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%892.jpg
ピースボードこちらからお借りました
%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%9C%B0%E9%9B%B7%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3.jpg
カンボジア地雷撤去キャンペーンこちらからお借りしました

■消費トレンドのリーダーたちも続々と『ソーシャル消費』へ
 
さらには、女性の消費トレンドも変わった。少なくともこの30年間、日本の消費トレンドをリードしてきたのは現在のアラフォー女性、および40代後半の女性だ。かつての女子大生ブームから80年代後半のバブル経済に至るまで、男たちは彼女たちの歓心を得るために、高級車を買い、高級ブランドの洋服やアクセサリーをプレゼントし、スキー場やゴルフ場や巨大ディスコなどの娯楽を追求しまくった。バブル経済は、男たちの欲望と彼女たちの消費トレンドが加速させたと言っても過言ではないだろう。
・そしてバブル崩壊後も、クルマ、家電、住宅などの主要な消費トレンドは、この世代の女性が決定していた。
そんなアラフォー女性をターゲットにした高級女性誌に登場するロールモデルとは、欧米の小洒落た小物を輸入する会社の経営者とか、自宅を改装して料理教室やフラワーアレンジメントの教室を開くような女性だった。つまり、「自己実現に成功した女性」だったのだ。しかしいまでは、NPOの代表者がロールモデルとして登場するようになった。
『ソーシャル消費』と呼ばれている商品は、さまざまな社会問題の解決につながるモノやサービスが売れたり、NPOやNGOの活動を支援するチャリティ商品などである。このような商品が売れ始めるということは、みんなが求めるものが大きく変化したことを現しています。
自分だけの消費からみんなのために役に立つ消費となっています

◆次に【仕事の転換】です。
高いスキルを“無償で提供”する「プロボノ」な人たち・・・ 自分の仕事を続けながら、社会貢献したい。
NPO等に参加して畑違いの事をするより、自分の持っているスキルを最大限生かして世の中の役に立つ事をしたい。
そんな思いを実現する「プロボノ」という形態が広まりつつあります。

弁護士からコンサル、一流営業マンまで続々参加。高いスキルを“無償で提供”する「プロボノ」な人たち
 時給5万円も取るような高いスキルを持つホンモノのプロが、あなたの会社の仕事を無料で手伝いたいと言ってきたらどうするだろうか? そんなうまい話があるはずがないと警戒するだろうか?
 詐欺でも企んでいるか、さもなくば不況のせいで仕事が無くなって営業を仕掛けてきているのか、いずれにせよろくでもない話に違いないと思うかもしれない。しかも、件のプロは本気であなたの会社のために役立ちたいと思っていて、それで自分のスキルと時間を提供したいと言ってきている。あなたは、ますますあり得ない話だと思うだろう。
しかし、現実にそのような人たちが増えている。「プロボノ」活動をやる人たちである。略
「プロボノ」というのは、弁護士や公認会計士などの有資格者、各種コンサルタントやデザイナーなどの専門家、一流企業のビジネスパーソンなど、さまざまな分野のプロフェッショナルがボランティアとして社会貢献活動を行なうこと。プロフェッショナルのボランティアならプロボラじゃないのか? と思うかもしれないがそうではない。プロボノは何かの略語ではなく、「公共のために」を意味するラテン語なのだそうだ。
弁護士が無料法律相談を行なったり、ウェブデザイナーがNPOのウェブサイトを無料で作ったり、コンサルタントがNGOの事業戦略やブランド戦略を無料で構築する。このような活動がプロボノである。

■仕事をしながら、自分のスキルを社会に役立てたい
このような戦略性はまさにプロの仕事だが、なぜ、高いスキルを持ったプロフェッショナルがサービスグラントに参加するのだろうか? 代表理事の嵯峨生馬氏は言う。略
本当の意味はそこにあるわけではない。自分のビジネススキルや職業経験というのは、自分1人だけの財産ではない。社会共有のものなんです。社会を変えていくための共有財産なんです。プロボノ活動を行なっている人たちは、直感的にそのことに気づいている。もっと多くの人にも気づいて欲しいですね」

この2つの例では『消費』も『仕事』も自分発からみんな発へ転換していることを示しています。特にプロボノの例では、スキルが高い人の方から、仕事の目的が共認充足にまで転換しています。最近の若者からこんな声を聞きました。
・自分だけの『消費』ではばかばかしい。
・社会に貢献するために会社に入ったのに普段の『仕事』ではそれが感じられない。
・もっと自分たちの能力をより広く社会に役立てたい
・よく考えると『仕事』とはは本来社会のためだったはずではないか。
もはや若者においては私権は《否定対象》とまでなっているようです。
『消費』のおいても『仕事』においても共通していえることは、人の役に立つという社会的役割欠乏から共認原理再生という潮流ができつつあるのではないでしょうか。

ただそうはいっても大多数の人たち、特に中高年はまず自分発の意識からなかなか抜けられません。次回はそこをどうするというあたりを扱っていきたいと思います。
~こうした消費や仕事における『自分発からみんな発へ』の転換の背景には、「必要か否かの判断軸」の再生があると思います。~
★参考投稿
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
>『必要かどうか』という真っ当な判断の土俵が出来た以上、「物的商品」も「遊興・芸能」も、「新しい認識」も、全てが同じ土俵上で判断されることになる。この土俵こそ、人々の真っ当な共認が形成してゆく新しい場=演場の基礎構造に他ならない。
だから、『必要か、必要でないか』という認識は、決定的な一つの答えとなる。<
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
>つまり、『必要か否か』という最基底の、それゆえ真っ当でシンプルな『判断の土俵』(=新しい演場の基礎)が出来てくると、国家も市場も全面的にその土俵の上に乗らざるを得なくなり(∵逃げ道はない)、そこでの評価指標=身分やお金は『現実に必要か否か』を表わすモノサシに変質せざるを得なくなる。<

List    投稿者 tennsi21 | 2010-04-04 | Posted in 12.現代意識潮流1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/04/1597.html/trackback


コメント1件

 hermes constance bag | 2014.02.02 5:46

hermes uk aberdeen 日本を守るのに右も左もない | 中東の遊牧部族で女の挑発が強いのは?⇒狩猟→勇士婚→男の性闘争刺激のため

Comment



Comment


*