2008年12月06日

女たちが消費社会から共認社会への転換を始めた

内田樹氏が自身のブログ『内田樹の研究室』の12月6日の記事「窮乏シフト」が非常に興味深い。内田氏が勤務する大学のゼミの面接で50人近くの女子学生と面談されたとのことで、そこから現在の20歳女性の意識潮流を読み取った記事である。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ

現代日本の20歳の女性たちの喫緊の関心事は何か?
彼女たちが注目している問題は二点ある。一つは「東アジア」であり、一つは「窮乏」である。東アジアへの関心の主題として挙げられたものは「ストリートチルドレン」「麻薬」「売春」「人身売買」「児童虐待」「戦争被害」「テロリズム」「少数民族」などなど。これらは、「法治、教育、医療、福祉、総じて人権擁護のインフラが整備されていない社会で人はどう尊厳ある生を生きることができるか?」という問いに言い換えることができる。そう言い換えると、「危機モード、窮乏モードを生きるためにどうすればいいのか?」という彼女たちの関心の射程がある程度見通せる。
若い女性の「窮乏シフト」の徴候は、私が面談した50人弱の中に「消費行動」を研究テーマに挙げた学生が一人もいなかったことからも知られる。これまでは毎年「ブランド」とか「ファッション」とか「アート」とか「美食」とか「女子アナ」とかいう消費生活オリエンテッドな研究テーマを掲げる学生たちが相当数いたのであるが、今年はみごとにゼロである。「人はその消費生活を通じて自己実現する」という80年代から私たちの社会を支配していたイデオロギーは少なくとも20歳の女性たちの間では急速に力を失いつつある。
「お金さえあれば自己実現できる」「自己実現とは要するにお金の使い方のことである」というイデオロギーが優勢でありえるのは、「右肩上がり」幻想が共有されている間だけである。
「お金がないから私は“本来の私”であることができません」というエクスキューズはもちろんまだ私たちの社会のほとんど全域で通用している。その現実認識には「だからお金をもっとください」という遂行的言明が続く。その前段にあるのは、「私たちの不幸のほとんどすべては『金がない』ということに起因しているから、金さえあれば、私たちは幸福になれる」という「金の全能」イデオロギーである。

このイデオロギーにもっとも深く毒されているのはマスメディアである。
メディアはあらゆる機会に(コンテンツを通じて、CMを通じて)視聴者に「もっともっと金を使え」というメッセージを送り届け、その一方で非正規労働者や失職者がどれほど絶望的な状況であるかをうるさくアナウンスして「消費行動が自由にできないと人間はこんなに不幸になるんですよ」と視聴者を脅しつけている。「金の全能」をマスメディアはあるときは「セレブ」の豪奢な生活を紹介することで、あるときは「失職者」の絶望的困窮を紹介することで繰り返し視聴者に刷り込んでいる。そして、メディアの当事者たちは自分たちがそのようなイデオロギー装置の宣布者であることについての「病識」がない。

けれども、若い女性たちはそろそろこのイデオロギーの瀰漫に対しての「嫌厭感」を持ち始めている。だって、そのイデオロギーを受け入れたら、消費生活が不如意である彼女たちは今「たいへん不幸」でなければならないはずだからである(現に手元にお金がないんだから)。
だが、それは彼女たち自身の生活実感とは「違う」。「ストリートチルドレン」より私たちはずっと恵まれた環境にいる。その私たちは彼らに何ができるか。そういうふうに考える人が(続々と)登場してきた。彼女たちは「自分より豊かな人たち」に向かって「あなたの持っているものを私に与えよ」と言うのを止めて、「私より貧しい人たち」に「私は何を与えることができるか」を問う方向にシフトしている。私はこのシフトを健全だと思う。
「自分が所有したいのだけれど所有できていないもの」のリスト作るより、「自分がすでに豊かに所有しているので、他者に分ち与えることのできるもの」のリストを作る方が心身の健康にはずっとよいことである。「不幸のリスト」はいくらでも長いものにできるが、「幸福のリスト」もその気になればずいぶん長いものになる。自分の不幸を数え上げることを止めて、自分に「まだ残っているもの」をチェックする仕事に切り替えるということは、実は「危機対応」である。
若い女性たちが「自分たちには何が欠けているのか」を数え上げることを止めて、「自分たちが豊かにもっているものを誰にどんなかたちで与えることができるのか」を考える方向にシフトしたのは、彼女たちの生物学的本能が「危機」の接近を直感しているからだと私は思う。このシフトは世を覆う「金の全能」イデオロギーの時代の「終わりの始まり」を告げるものだろうと私は思っている。

市場社会の主人公は(若い)女たちであった。金貸しによるお金の供給によって市場が拡大したのは一方の事実だが、その需要源となったのは(主要には若い)女たちの消費活動である。その需要(消費)と供給(お金)を正当化するイデオロギーを振り撒いてきたのがマスコミであるという指摘は全く以って正しい。
女たちが「消費による自己実現」に背を向け「社会をどうする?」に向かい始めた。このことは、金貸し支配⇒マスコミ支配の終焉を決定的なものにする基底的な大転換である。
それを内田樹氏は「女の生物的本能による危機対応」と言う。それは間違いではない。この間の金融破綻が彼女たちの転換の直接の契機になっているのは間違いないからだ。しかしより基底部にあるのは女たちの可能性収束の力であろう。消費による自己実現よりも、社会に必要とされる役割を担う方がはるかに充足する。その充足可能性に導かれた女たちの転換ではないだろうか。市場社会の終焉を直感した女たちが次代の共認社会への可能性を直観し、行動を開始したと見るべきである。
(本郷猛)

List    投稿者 hongou | 2008-12-06 | Posted in 12.現代意識潮流3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/12/954.html/trackback


コメント3件

 yooten | 2009.03.19 19:26

内国為替取引よく分かりました。曖昧な部分がスッキリしました。ありがとうございます。
国と国については、基軸通貨との関係はどうなるのか?興味があります。次回も楽しみにしています。

 ぴんぐ~ | 2009.03.24 23:03

yootenさん、コメントありがとうございます☆
金貸しを規制し、安定した為替システムを実現するには?をこれから追求していく予定なので、ゼヒご期待ください^^

 hermes bags beige | 2014.02.01 23:08

wholesale hermes handbags china 日本を守るのに右も左もない | 『国際金融機関どうなる?』12.為替って何?

Comment



Comment


*