2007年02月07日

安倍内閣バッシングの背後には何があるのだろうか。

 タウンミーティングのやらせ問題から、復党問題、耐震偽装で騒がれているアパホテルの経営者との関係、最近のいわゆる「子供を産む機械」発言など、小泉選挙の時の異様なほどの翼賛報道から、一転して、安倍内閣への批判が続いている。
 

柳沢伯夫厚生労働相の「女性は子供を産む機械」発言は、安倍内閣に取り返しのつかないダメージを与えることになると思う。
 最近、政界の一部からは、安倍首相の「大政奉還」論が出ていると聞く。安倍首相に政権をゆずり渡して引退した小泉前首相に、「私は未熟でした」といって、政権を返還し、再起を期すべしというのである。 立花隆氏より

 特に、「子供を産む機械」発言では、マスコミの論調は、大臣は辞職すべきという論調一色に見える。
 確かに比喩として上手くないとは思うが、私にはそれほどの問題とは思えない。
 『初めから『問題視させるための報道』である臭いがプンプンする』  という意見のほうが納得できる。
最近の報道は、何かおかしいと感じている方は、クリックして続きをお読みください。

(さらに…)

  投稿者 tama | 2007-02-07 | Posted in 10.日本の時事問題8 Comments »