2008年12月25日

『国際金融機関どうなる?』7.国際金融機関は何をやってきたか?(世銀編)~世界銀行は借金地獄への水先案内人~

%E4%B8%96%E9%8A%80%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg
メリークリスマス
クリスマス本番、みなさまいかがお過ごしですか
今日はあさおかGのクリスマス記事第2弾、世銀編です
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第二次世界大戦後の1946年、世界にドルをばら撒くため世界銀行が作られました。『国際金融機関どうなる?』2.国際金融機関設立の目的 ~世界銀行はドルを世界にばら撒く為に作られた~
今回は、世界銀行はこれまで何をしてきたのか?具体的に見ていきたいと思います :roll:
まず、世界銀行とは5つの機関から成っていて、「世界銀行」はその総称として使われています。
国債復興開発銀行(IBRD)リンク
世界銀行グループの中で最も歴史が長く、中所得国および信用力のある貧困国に融資
国際開発協会(IDA)リンク
途上国のなかでも特に貧しい国々を支援するため設立された。無利子で貸出機関は35~40年。
国際金融公社(IFC)リンク
途上国の民間セクターの活動を支援することにより、途上国の経済開発を促進することを目的とする
多数国投資保証機関(MIGA)リンク
投資家が途上国に投資を行う際の非商業リスクを保障することで、途上国に対する外国直接投資を促進。
国際投資紛争センター(ICSID)リンク
国際投資紛争の調停と仲裁を行う場を提供することで、外国投資の促進に貢献。
   
1946年、世界銀行はその業務を開始しますが、リンクの通り、役割をマーシャルプランに取って変わられ、1960年代には設立の目的だったヨーロッパの復興もすっかり終わり、初めの20数年間は思うように融資額が伸びませんでした
ところが、1968年マクナマラが総裁に就任してから、融資額が激増
それまでの22年間で合計708プロジェクトに107億ドルの融資に止まっていたのが、マクナマラが就任してたった5年間でなんと 、760プロジェクトに134億ドルの融資を行い、世界銀行の影響力は絶大なものになっていくのです
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします

(さらに…)

  投稿者 pingu | 2008-12-25 | Posted in 08.近現代史と金貸し4 Comments »