2008年12月31日

社会をどうする?から勉強に向かう時代へ

yukichi%5B1%5D.jpg
 
 (12月22日朝日新聞記事より)
文部科学省は22日、13年度の新入生から実施する高校の学習指導要領の改訂案を発表した。「英語の授業は英語で行うのが基本」と明記し、教える英単語 数も4割増とする。
高校の改訂案では英語で教える標準的な単語数が1300語から1800語に増加。同様に増える中学とあわせて3千語となる。中高で2400語だった前回改訂の前をさらに上回り、「中国や韓国の教育基準並みになる」という。
改訂案は「授業は英語で」を初めてうたった。長年の批判を踏まえ「使える英語」の習得を目指すという。
  
  
学力低下をどうする?に対する文科省の方針がこれである。
そんなことでは改善されない、何のために勉強するのかということが問われている、という切れ味鋭い記事を紹介します。
  
内田樹の研究室 福翁の「はげしい」勉強法 からの引用です。
 
 先ずは応援よろしくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 sinkawa | 2008-12-31 | Posted in 12.現代意識潮流8 Comments »