2010年04月30日

潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束

%E9%87%91%E8%9E%8D%E7%A0%B4%E7%B6%BB.jpg
(画像はコチラからお借りしました。)
前回のエントリーでは、日本の活力と国力の喪失を招いた、特権階級のこの40年間の失政について明らかにした。
すなわち、現在のGDPの中心を占めるのは、公務、教育、医療、遊びなどのサービス産業であるが、これらの増大は国力の増大に繋がらない。にもかかわらず、市場拡大を絶対命題とする特権階級は、老人、学生、主婦、福祉受給者、公務員など「働かない人々」に支援金(国債投入)を続け、むりやり需要を拡大し、900兆もの借金を生み出した。
今求められているのは、労働活力の上昇である。本来は、社会的に必要だがペイしない仕事(例えば農業、介護、新エネルギー開発など)に、売り上げ・成果に応じて支援金を注入すれば社会活力は失われることなく、市場の転換を図れた筈であった。
今回は潮流6を題材に、’90年以降、バブル崩壊後の日本における意識潮流の重要な変化について、詳しく見ていきたい。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 mokki | 2010-04-30 | Posted in 12.現代意識潮流No Comments »