2010年04月04日

2010年代はどういう時代か?第8話 ~企業運営を共認に委ねたほうがうまく行くのは、なんで?~

%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%A4%BE%E5%93%A1.jpg
第8話では、企業運営を「共認原理で委ねたほうがうまく行く」 それはなぜなのか?をお話しします。
いつも応援ありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 toshi | 2010-04-04 | Posted in 未分類 | 1 Comment » 

私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな発へ)~社会貢献が売れるわけ

%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%EF%BC%92_.jpg
ソーシャル消費の時代 よりお借りしました
今回は2/28(日)のなんでや劇場「私権時代に求められた能力と、共認時代に求められる能力」
(を受け、「るいネット」のお題「私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな初へ)」 より、皆の役に立つ投稿を紹介するシリーズの第4回です。
(第1回は「潮流1:共認原理と私権原理」第2回は「共認力だけが制覇力と統合力を兼ね備えている」第3回は’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束’でした。
今回の第4回は私権原理から共認原理への転換に伴い、自分たちのための『消費』や『仕事』からみんなの役に立つ『消費』や『仕事』へ転換しています。そんな事例を紹介していきます。
◆まずは【消費の転換】です。
モノが売れなくなったと言われて久しいですが、社会貢献志向の消費活動【ソーシャル消費と呼ぶ】に向かう人達が出始めているようです。

るいネット秀作投稿より引用します
『モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている』
%E7%99%BE%E8%B2%A8%E5%BA%97%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%BB%E8%A6%81%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AE%E5%A3%B2%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%81%A8%E6%8E%A8%E7%A7%BB.gif
百貨店・スーパー売上高グラフより借りました  物的市場の冷え込みは確実になってきています。

DIAMOND ONLINEより引用
■【マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ】モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている――。
・もちろん、社会貢献という名の商品があるわけではなくて、さまざまな社会問題の解決につながるモノやサービスが売れたり、NPOやNGOの活動を支援するチャリティ商品が売れているという意味だが、昨年のリーマン・ショック以降の世界同時大不況の中でも、これらの商品は売り上げを伸ばしている。
社会貢献志向の消費行動を『ソーシャル消費』と呼ぶが、この消費トレンドは、若者とアラフォー女性を中心に、30代男性、そしてシニアを巻き込むメガ・トレンドになりつつある。略
・筆者の本業はマーケティングのコンサルティングで、つまり生活者の消費志向を分析するのが仕事なのだが、その経験から言っても、このトレンドは、従来のものとまったく意味合いが違う。
従来の企業活動すなわちマーケティングとは、基本的に“個人の欲望”をいかに刺激するかがテーマだった。美味しいモノが食べたい、いいクルマに乗りたい、大きなテレビが欲しい、カッコいいスーツが着たい――。そういった欲望を刺激し、肥大させ、消費を拡大させる。時代が変わろうが、新しい理論が出てこようが、基本的なベクトルはこれまでかわらなかった。
・しかし、今度の『ソーシャル消費』は違う。個人の欲望より“他人の幸福”のために商品を購入するという、従来のマーケティングの常識からすれば180度真逆の、「コペルニクス的大転換トレンド」なのである。
・このトレンドは、すでに世界規模で起こっている。あの経営学の神様マイケル・ポーターまでが、「社会貢献したほうが企業も儲かりますよ」という内容の論文を書き、2006年のマッキンゼー賞を受賞した【注】。欧米の企業経営者はこの論文に衝撃を受け、こぞってCSRを企業戦略に統合するようになったという。その結果、コンサルティング会社では、CSRコンサルタントの数が足りなくて困っているという話も聞く。
・日本でもここ2~3年、大学生を中心とした20代の若者、そしてアラフォーの女性を中心に、このトレンドが顕在化してきた。そのことを示す、衝撃的な事実がある。

以下続く その前にクリック願います。
 

(さらに…)

  投稿者 tennsi21 | 2010-04-04 | Posted in 12.現代意識潮流1 Comment »