2009年07月28日

ヴァイキング

 裏で社会を操っている人たちがいるのではないかと言われることがあります。今回はその可能性のあるヴァイキング=ノルマン人について調べてみました。ノルマン人(Normanean)は、スカンディナヴィアおよびバルト海沿岸に原住した北方系ゲルマン人のことを言います。初期の時点では、「ヴァイキング」と呼ばれていました。有名な話だけでも以下のようなものがあります。
現イギリス王室の開祖となったウィリアム1世は、ノルマン人の支配するノルマンディー地方の君主であるノルマンディー公の系譜の一人として、ロベール1世があり、その庶子として、フランスのファレーズで生まれました。
ノルマン人すなわちヴァイキングの系譜が現イギリス王室であり、今でも裏の社会にヴァイキングの末裔がいるという説があります。
 たとえば地中海に進出したノルマン人たちは、ローマ教皇の唱えた十字軍にも参加し、その中には、1099年にアンティオキア公国を建国した者もいたそうです。
 アイスランドに進出したノルマン人の中には、大西洋を越え、グリーンランド、アメリカ大陸(アメリカ大陸の発見)へ達する者もいたそうです。
 ロシア平原(ガルダリケ)に侵入した一派はヴァリャーグと呼ばれます。彼らはこの地で「ノヴゴロド公国」、「キエフ大公国」を建国しました。さらに黒海に進出し、東ローマ帝国のコンスタンティノポリス侵攻も行いました。ただし彼らは、商業目的も兼ねていました。また、北欧から東ローマへ赴いて傭兵となり、皇帝の親衛隊として活動したノルマン人も多くいました。
 実は、13世紀までには、殆どのノルマン人は消滅し、あるいはそれぞれの国・地域に同化していったようです。
詳しく知りたい方は よろしくお願いいたします。

(さらに…)

  投稿者 norio | 2009-07-28 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造No Comments »