2009年07月27日

日本の諜報活動の歴史

世界の情報戦に日本はどう対抗するか?
『日本の情報戦力の現状・・・かなりお寒い!?』 と
『次代の国際社会では日本人の弱点が強みになり得る!?』
続いて日本の情報戦の歴史について押えておきたいと思います。
■中世;戦国~忍者の時代
・甲賀と伊賀は、鎌倉時代にはその領地の大半が荘園だったため守護や地頭による支配を受けなかったが、戦国時代になり荘園が崩壊すると、地侍が数十の勢力に分かれ群雄割拠した。
各地侍が勢力を保つため情報収集戦とゲリラ戦が日夜行われ、「忍者」が自然発生したのではないかと考えられている。
・戦国時代;情報収集や、敵軍内・国内を撹乱する活動に従事する「間者・素破・乱破・草」などが登場する。大半は専業武士ではなく、戦時以外は市井の人として暮らし、戦時or緊張時になると、対立する勢力の間で情報を操る役割を担ったと思われる。
・江戸期になると、忍者あがりの服部半蔵が幕臣として登用されたり、間宮林蔵のように公儀隠密として歴史に名前を刻む人物も登場するが、主は国内の諜報活動であることに変わりはない。
・近代国家成立以降は、軍隊の中に斥候部隊などとして位置づけられたと思われるが、諜報専業の部隊が創設されるのは日露戦争を待つことになる。
続きも読んでください!その前に⇒

(さらに…)

  投稿者 nandeyanen | 2009-07-27 | Posted in 14.その他2 Comments »