2009年07月13日

日本支配の構造32~岩倉使節団:その概要(ルートと目的)

%E5%B2%A9%E5%80%89%E4%BD%BF%E7%AF%80%E5%9B%A3.jpg
岩倉使節団Wikipediaより。
米欧12ヶ国を632日かけて視察し世界を一周したこの使節団は、結果として、まだ混沌としていた明治初期の日本がいかにして近代化を進め、「明治という国家」をつくっていくかという歴史的課題に、極めて大きな影響を与えました。それはまさに日本近代化の原点となる旅であり、日本の歴史上でも遣唐使に比すべき大きな意味をもつ使節だったと思いますと
米欧亜回覧の会「岩倉使節団」のサイトに記載があります。
◆まずはじめに
・過去から鎖国の江戸時代まで、色濃く残す協働意識=共同体意識をもった日本人が、欧米各国の市場化、工業化、自由化、金融化という私権社会の現実を目の当たりにする旅と考えています。その私権社会=掠奪社会=光と闇をつぶさに視察しており、明治憲法や当時の教育制度、富国強兵、殖産興業などの国家の育成に生かしています。
 この使節団を見ると、近代日本の国家がどのような舵取りをしたかが、理解できると思いますので、これから、いくつかの記事でその具体的な内容を見ていきたいと思います。
・参考までに、あるサイトから借用した当時の年表を添付しておきます。ここには当時彼らの寄港先での概略の出来事と当時の日本の状況が書かれています。【岩倉使節団年表】
この続きは、下記に記載しています。
その前にランキングへのクリックをお願いします。
◆使節団のルート【訪問都市と時期】
・イギリス(英吉利)・フランス(仏蘭西)・ベルギー(白耳義)・オランダ(阿蘭陀)・ドイツ(独逸)・ロシア(露西亜)・デンマーク(丁抹)・スウェーデン(瑞典・オーストリア(墺太利)・イタリア(伊太利亜)・スイス(瑞西)・アメリカ(亜米利加)の12カ国の下記の都市を見聞しています。
米国:サンフランシスコ・ソルトレークシティ・シカゴ・ワシントン・フィラデルフィア・ニューヨーク・ボストン
英国:ロンドン・リバプール・マンチェスター・グラスゴー・エジンバラ・ニューカッスル・シェフィールド・バーミンガム・チェスター
欧州:パリ・ブラッセル・ハーグ・エッセン・ベルリン・サンクトペテルスブルグ・コペンハーゲン・ストックフォルム・ハンブルグ・フランクフルト
ミュンヘン・ローマ・ナポリ・ヴェネチア・ウイーン・ベルン・ルツェルン・ジュネーブ・リヨン・マルセーユ
寄港地:ポートサイド・アデン・ゴール・シンガポール・サイゴン・香港・上海

(さらに…)

  投稿者 tennsi21 | 2009-07-13 | Posted in 04.日本の政治構造9 Comments »