2009年07月16日

情報戦争の覇者タクシス家と、欧州貴族たちの戦乱の時代

%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B9%E5%88%87%E6%89%8B.jpg
ヨーロッパにはタクシス家という「郵便王」がいるらしい。15世紀の神聖ローマ帝国で郵便事業を興し、神聖ローマ皇帝から郵便事業の独占と世襲の権利を与えられ、ベルギー、フランス、ドイツ全域、からイタリアの南端まで、 ヨーロッパの各地を結んだ郵便事業で巨大な富を得たらしい。
彼らの成功の秘訣はE地点への郵便物をA地点→B地点→C地点→D地点→E地点と経由させるという、当時としては画期的なバケツリレー方式を採用したことにあった。そしてタクシス家は、多くの都市に郵便局を建設し、全ヨーロッパに網の目のような郵便ルートを作り出した。
注目すべきは単なる郵便事業だけではなく、同時にタクシス家は生業として諜報活動を行っていたらしい。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2009-07-16 | Posted in 08.近現代史と金貸し5 Comments »