2010年08月08日

民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第六弾):衆議院“北海道~東京都の比例区議員”編

大衆無視の特権階級の暴走が顕になり、2009年、ついに自民党政権は大衆から引きずり降ろされた。
 
そして新たに政権を担うことになった民主党・鳩山政権も、脱官僚、脱米を掲げ、政治主導社会の実現を目指すも旧体制(米、官僚、マスコミ)からの激しい抵抗を受け、短命で失脚してしまう。
替わって誕生した菅政権は、あっと言う間に官僚組織に抱きこまれ、衆院選でのマニュフェストを簡単に覆し、大衆に見放された。結果、参院選は惨敗。
 
そんな中、今後の政界再編のキーマンと目される小沢は、鳩山政権失脚以降、依然として沈黙を続けている。
 
 小沢の沈黙が意味するもの①~人格的欠陥が民主党惨敗を招いた
 小沢の沈黙が意味するもの②~消費税が年金崩壊を招いた
 小沢の沈黙が意味するもの③~小沢氏の政治家としての歴史的使命とは
 
 
今後の政界再編や、脱官僚、脱米の可能性を探るためにも、
 
 民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測:2010参院選候補者編
 民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第二弾):2010参院選“比例区”候補者編
 民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第三弾):参議院“非改選議員”編
 民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第四弾):衆議院“北海道~東京の議員”編
 民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第五弾):衆議院“新潟~沖縄の小選挙区議員”編
 
に引き続きこの小沢を軸として民主党の衆議院議員の誰が小沢系(→脱官僚系)か反小沢系か色分けしていきます。
 
今回は、衆議院“北海道~東京都の比例区議員”です。
 
いつも応援ありがとうございます :-)
 

(さらに…)

  投稿者 nishi | 2010-08-08 | Posted in 未分類 | 6 Comments »