2008年09月18日

リーマン→メリル→AIG~金融破綻の連鎖が意味するものは?

%EF%BC%A1%EF%BC%A9%EF%BC%A7.jpg
9/17、世界最大の保険会社米AIGを救済するため、FRBが最大850億ドル(9兆円)の緊急融資を発表した。AIGの株式の79.9%取得する権利をもFRBは得たとのこと。AIGの経営危機のきっかけは、サブプライム関連商品の元本を保証する金融商品CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の販売事業の破綻。CDSの契約額は元本ベースで4000億ドル(42兆円)にまで膨張したが、資金繰り悪化によりAIGの格付けが下がり、約150億ドルの担保をCDSの取引先に差し入れなければならなくなって窮したらしい。AIGが破綻すれば元本保証を担保するものがいなくなり、この商品の購入者はサブプライム関連商品の損失リスクに直撃される。AIGの破綻から金融破綻が連鎖することになる。これを防ぐためのFRBの緊急融資だろう。
リーマンの破綻、メリルリンチの買収、そしてAIGの救済と、米財務当局とFRBは1日刻みで綱渡りの方針を迫られている。’80年代の日本のバブル崩壊時にもなかった事態である。これが何を意味するのか?
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2008-09-18 | Posted in 06.経済破局の行方10 Comments » 

「米住宅金融支援法」~FRBと財務省が無制限にドルと米国債を発行できる?

アメリカ政府系住宅金融会社(ファニーメイとフレディマック)をアメリカ財務省とFRBは、どのようにして救済しようとしているのか?
どうも、議会の制限なしに、アメリカ財務省とFRBが無制限に米国債とドル紙幣を発行し、ファニーメイ債とフレディマック債と米国債を交換するというものらしい。
『投資小僧の金相場日記~世界恐慌に備えて』から引用。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2008-09-18 | Posted in 06.経済破局の行方2 Comments »