- 日本を守るのに右も左もない - http://blog.nihon-syakai.net/blog -

米金融安定化法案の主要ポイント

Posted By andy On 2008年9月30日 @ 8:40 PM In 06.経済破局の行方 | 10 Comments

%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3.jpg
最大7000億ドル(約75兆円)を投じて金融機関から不良債権を買い取る金融安定化法案が下院で否決されました。
法案否決を受けて、NYダウが過去最大の777$の下げ幅を記録。日経平均も一時500円以上の大幅安となり、世界的な同時株安となりました。
法案は新たな案を出して今後も継続して審議されるとのことですが、今回否決された米金融安定化法案の主要ポイントは以下の通りです。
続きを読む前にクリックお願いします


ロイターより引用 [1]

◎不良資産買い取りのための7000億ドルは段階的に投入される。まず2500億ドルが認められ、大統領はさらに1000億ドルを要請できる。残りの3500億ドルについては議会の承認が必要。
◎不良資産買い取りプログラムの支援を受ける企業の株式を米政府が取得し、企業の業績が回復して利益を上げた場合納税者に還元する。
◎新たに設立される議会委員会が監督権限を持ち、財務長官は定期的に議会に報告を行う。
◎不良資産買い取りを受ける企業の経営者の報酬に上限を設け、過剰な報酬や退職の際の「ゴールデンパラシュート」を防止する。
◎政府は、買い取った住宅ローンの差し押さえ手続きを遅らせることができる。
◎不良資産となった証券類を直接買い取る以外に、財務省は、不良資産引き受けの代金をプログラム参加企業が共同で支払う保険制度も存在することを認識する。
◎5年経過して政府が損失を抱えていた場合、財務省は参加企業から料金を徴収して納税者負担を補てんする計画を進める。


(引用終わり)
財務省主導の原案に対して共和党が反対し、支援を利用する金融機関の負担で、資産値下がりに備えた保険制度を導入するなどの案が追加されています。
また焦点となった金融機関からの資産買い取りで肝心な値決めについては、財務省に委ねられることになっていたようです。このあたりが不明確であり、無理やり法案を通そうとしたポールソンやバーナンキに対して反対の声が上がったのかもしれない。


Article printed from 日本を守るのに右も左もない: http://blog.nihon-syakai.net/blog

URL to article: http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/09/840.html

URLs in this post:

[1] ロイターより引用: http://jp.reuters.com/articlePrint?articleId=JPnTK824586220080928

Copyright © 2014 日本を守るのに右も左もない. All rights reserved.