2009年10月14日

どうなる?ネットの可能性~るいネット・共認革命に学ぶ4「潜在思念は、ネットに収束するか」、5「変革課題VS逃避解脱」

前回の記事では、

 無内容な個的生活の引力を、中身のあるネット生活の引力が超えてゆく。
☆つまり、ネットこそ、人々を社会的に集合させ、課題を生み出し、課題共認・評価共認を形成してゆく課題箱(同類圧力⇒社会共認の生成器)である。

と、人々が中身(課題)を求めて、ネットへ収束していくと予測していますが、今回はその根拠とそのための条件を検証しています。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 tama | 2009-10-14 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性1 Comment »