2008年12月07日

『EUって、どうなっているの?』5~主要通貨為替変動グラフ(長期・短期)~

『EUって、どうなっているの?』4~EU経済基礎データ~
に続き、今回は主要通貨であるユーロ 、ポンド 、円 の対ドル 為替レートグラフを掲載したいと思います
graph_long.gif
graph_short.gif

※元データはこちら→リンク
クリックご協力お願いします

List    投稿者 nishi | 2008-12-07 | Posted in 08.近現代史と金貸し3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/12/955.html/trackback


コメント3件

 米流時評 | 2009.03.22 9:19

その金返せ!AIGの巨額ボーナス回収騒動

   ||| AIGの巨額ボーナス回収騒動 |||
 海外164カ国に支店を持つ巨大金融機関AIG、役員ボーナス問題は氷山の一角?
 オバマ政権…

 のりか | 2009.03.23 10:45

>④アウトライト取引、ましてや⑤オプションになると貿易(モノ)はどうでも良くなっていて、”権利”のやり取りで利ざやをかせぐために行われる金貸しのダマシの手段でしかない!!
確かに!為替市場での取引の大半は、銀行間取引が占めているって聞きました。つまり、実際の貿易などで行われる為替の取引もその中のほんの一部で、ほとんどは金融家たちの権利や紙切れの取引なんですね!
『為替』ってややこしいって思ってたけど、少し仕組みが分かりました♪続きも楽しみにしています(^^)

 ぴんぐ~ | 2009.03.24 22:52

のりかさん、コメントありがとうございます☆
>実際の貿易などで行われる為替の取引もその中のほんの一部で、ほとんどは金融家たちの権利や紙切れの取引なんですね!
そうなんです。今や貿易やサービスの取引より、投機の取引の方が大きくなってるんです!
当然、為替も投機の動きに翻弄されることになるので、これ(金貸し)を規制することが重要になってくるんですね^^

Comment



Comment


*