2009年05月01日

金貸しはどうやってマスコミ・官僚・政治家を支配してきたのか?(るいネット投稿集)

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか

時間がある人もいっぱいいると思うので、るいネット の投稿の中から
最近の政治の流れを掴むのに役に立ちそうな投稿 を抜粋し、
投稿集を作成しました


にほんブログ村 政治ブログへ





最新の情報が集まる↓るいネット↓の投稿集 です
るいネット



左右対立
ロスチャイルドメモ③:ロシア革命とソ連支援
共産主義国は、ロックフェラーによって創り出された
“ロックフェラー”は何を考えているか②:
     “ウーマン・リブ”はロックフェラーとCIAの資金によって捏造された運動



大戦
日露戦争にヤコブ・シフ(その陰にロスチャイルド)有り
ロックフェラーメモ②1919~1944年:
     世界運営に乗り出す、イギリス→アメリカへの覇権交代期

アメリカ・ロックフェラー系が主導した第二次大戦
「第2次世界 大戦後の資本主義国家群と共産主義国家群との冷戦構造も、
     彼ら金融資本の支配戦略のなかで作り出された枠組み」



紛争
第一次湾岸戦争の舞台裏
“ロックフェラー”は何を考えているか①
     :「対テロ戦争というのは詐欺です、茶番なんですよ」

北朝鮮の核実験はアメリカ主導の疑いが濃厚


アメリカ支配
日米安保条約は仮想敵国日本を封じ込める楔
日米安保条約無効確認訴訟:
     岸信介元首相が米CIAに買収されていた事実を知っていますか?

アメリカ・CIAが育てた大物右翼と自民党右派
「拒否できない日本」を読んで
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んで①
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んで②
今のままでは日本がアメリカの植民地となる日は近い!


政治家支配
小泉首相と中曽根元首相に見る奇妙な共通点
アメリカCIAにより仕組まれた「ロッキード事件」
     ~田中角栄の賄賂だけを欧米のマスコミに騒がせるよう工作

“金権汚職”田中角栄失脚の真相とアメリカのひも付き“クリーン”な政治家
旧田中派(経世会)潰しを続ける東京地検特捜部(=CIA日本支部)
小沢一郎公設第一秘書逮捕劇は、あらゆる権力を使った国家犯罪
検察とは時の権力者にとって障害となる人間を捕まえるところである
     ~田中良紹の「国会探検」~

ここがおかしい小沢捜査①
     ~このままでは民主主義ならぬ検主主義になる恐怖(元東京地検特捜部検事・郷原信郎氏)



闇支配
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史
日本の政治家も、絶えず監視され報告されているようだ
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配




るいネットの数ある投稿の中から旬のオススメ投稿が送られてくるメルマガもあります
メルマガ

List    投稿者 mineko | 2009-05-01 | Posted in 08.近現代史と金貸し6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/05/1125.html/trackback


コメント6件

 tama | 2009.08.18 20:15

 谷崎や太宰など、享楽的で退廃的な文学がはやったのは、私権拡大の可能性が開けたという背景が有ったからだったのですね。

 payday loans | 2013.08.21 9:34

私は、給料日ローン3 000 $を探しています。ファクスのない給料日ローンのカナダ信用不良者がどこにあるか知っていますか?

 payday loans | 2013.09.02 22:06

私はバンクーバーの給料日ローンを探しています

 free cna training classes | 2013.11.30 10:02

こんにちは!私の名前はアレサWeinraubだと私は、生理食塩水、アメリカ合衆国出身です。私はCNAプログラムBPTのCtについてウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにマッテキサス州CNAコースについての私のブログからのリンクを配置します。

 purple hermes bags | 2014.02.03 4:09

hermes kreditversicherung 日本を守るのに右も左もない | <大正時代>藩閥政治から民主化運動の背後にあったものは?No4 ~大衆意識が変わっていく過程と大正デモクラシー~

 hermes austria | 2014.02.20 17:19

hermes bags dogon country mali 日本を守るのに右も左もない | <大正時代>藩閥政治から民主化運動の背後にあったものは?No4 ~大衆意識が変わっていく過程と大正デモクラシー~

Comment



Comment


*